───夜華さん再び───
凍弥 「はぁっ……はぁっ……」 屍の山で息を整えた。 屍といってもただ倒れてるだけですが。 浩介 「ご、ごはっ……!馬鹿な……!     たった一日のうちにこれだけのパワーアップをするとは……!」 浩之 「この我らのバックステップが通用せんとは……不覚……!」 死線を駆け抜けた隆正と、剣聖と呼ばれた鮠鷹の全てが宿ってますから。 凍弥 「あまりからかわないでくれ、疲れる……」 志摩 『オーライ盟友……』 ごしゃっ。 親指を立てた志摩兄弟が力尽きた───その時。 佐古田「うひゃ、なにッス?この状況」 佐古田が帰ってきた。 凍弥 「……戻ってこなくてもよかったのに」 佐古田「オッス、ムナミー。霧波川凍弥のために今回は奮闘したッス。     ホレ、メルティア=ルウェインフォードさんッス」 メル 「あの……どうして上級生の教室に……?」 佐古田「気にするなッス。じゃないと生贄になった風間に申し訳が立たないッス」 言われてみれば、風間の姿が無かった。 佐古田「星4つ以下の馬鹿を献上して、     ランク上の人物を召喚するのはデュエリストとして当然ッス」 凍弥 「いきなりなにを言い出してんのさ」 佐古田「なんでもないッス。ようするに捨て駒をオトリにして教師をおびき寄せて、     その隙にメルっちょを強奪したってことッス」 凍弥 「風間ぁ……」 なんだか申し訳なかった。 こいつに連れていかれたのがそもそもの不幸だろう。 佐古田「で、ズバリ訊くッス。メルっちょはムナミー……霧波川凍弥が好きッス?」 メル 「えっ!?あ、あの……」 佐古田「ヨシ、脈アリッス」 凍弥 「口篭もっただけだろうが!お前絶対悪い方に持っていこうとしてるだろ!」 佐古田「激当たり前ッス!平平凡凡に生きててどこに刺激があるッス!?     無いなら作るしかないッス!!これで激最強ッス!!」 凍弥 「あっさり認めるなよ悲しくなるだろ少しは否定しろバカ!!」 佐古田「おー!?一息で随分言ってくれるッス!そっちがその気なら───!!」 ───よし、佐古田が乗ってきた! これでうやむやなうちに逃走を 佐古田「……メルっちょの気持ちを意地でも聞くッス」 凍弥 「ぐおっ!?」 しまった!読んでやがった! 佐古田「フフフフフ……!     ムナミーごときの話術に翻弄される佐古田好恵さまじゃねぇッス」 凍弥 「ごときってなんだよ……」 佐古田「で?どうなんス?好きッス?それとも愛してるッス?もしかしてラヴッス?」 凍弥 「全部そっち系なのかよ!」 佐古田「あーもう外野は黙ってるッス。鬱陶しいッス」 凍弥 「…………なぁ朧月?俺っていつから外野になったんだ?」 椛  「……疑問です」 俺が溜め息を吐いている中でも、佐古田の尋問は続いた。 そんな折─── 椛  「あの、凍弥先輩」 凍弥 「うん?どした?」 椛  「その……いい加減に『朧月』はやめてください。     わたしは名前で呼ばれたいです」 凍弥 「んー……だからさ、苗字が嫌いなのは解ってるけど」 椛  「そうじゃありませんっ!」 ズバァンッ!! 凍弥 「おわっ!?」 朧月が苛々したように両手で机を叩いた。 そして俺の顔に自分の顔をズズイっと寄せて言う。 椛  「わたしは、凍弥先輩に、名前で、呼ばれたいんですっ!     苗字が嫌いなんてことはもう無いから大丈夫です!文句ありませんよね!?」 凍弥 「えーと……朧月?最後にそこはかとなく脅迫の色が混じってるぞ?」 椛  「凍弥先輩が名前で呼んでくれないからですっ!」 凍弥 「あ、やー……いきなり言われても」 椛  「言わなきゃ気づいてくれないじゃないですか!」 凍弥 「俺、エスパーじゃないから。とりあえず落ち着こう。な?」 椛  「だめです!ここで引いたら絶対はぐらかされます!」 凍弥 「その前に俺が拷問に遭うと思うけど」 椛  「!!」(ギンッ!) 凍弥 「……ナンデモアリマセン、ゴメンナサイ」 うう、怖いよママン。 佐古田「情報は物理力ーッ!」 と、いいところで佐古田側の話が終わったようだ。 なんの話をしてたのかは忘れたが、助かった。 佐古田「やっぱりメルっちょはムナミーのことが好きだったッスー!」 モシャアッ!! 凍弥 「ヒィ!?」 目の前の朧月から殺意……てゆうか嫉妬のオーラが! そして実感する。 俺は全然助かってねぇと。 メル 「あ、いやぁっ!言わないって言ったのに!」 佐古田「知ったこっちゃないッス!     刺激のためなら下級生すら突き落とすのが佐古田好恵ッス!」 メル 「ひ、ひどい……!」 ヒドイ。 確かにひどい。 ───あ。 浅美 『ちょっとあなた!メルちゃん泣いちゃったじゃないですか!     ひどすぎます!謝ってください!!』 メルの横で怒る浅美を発見。 しかし佐古田には霊の声は届いていないようだ。 浅美 『う、うーうー……!!凍弥さん!この人殴っちゃってください!』 凍弥 「俺、女には手をあげない主義で」 浅美 『その女の子にポセイドンウェーブしたのは誰ですか!?』 凍弥 「なにぃ!?お前、何故それを!」 浅美 『この人がひとりごとで言ってたのを聞きました』 凍弥 「………」 おのれ佐古田。 なんか筋違いの恨みごとのような気もしないでもないが、恨んでおこう。 椛  「夜華───……浅美ちゃん」 浅美 『あ、椛ちゃんも言ってやってよ!この人キライ!』 椛  「………」 浅美 『椛ちゃん?』 朧月は浅美に手を掲げ、目を閉じた。 そして─── 浅美 『あうっ!?い、痛……!頭がっ……!』 浅美は頭を抱えて苦しみだした。 凍弥 「お、おい朧月!?なにを───」 椛  「静かに……」 真剣な表情で何かを唱えている朧月。 なにをするつもりかは解らないけど、苦しめたくてやってるわけじゃないことは解った。 ───やがて浅美の様子が落ち着いてきた頃。 浅美 『………』 椛  「───夜華?」 夜華?『……か、楓……さま!?楓さまですね!?』 椛  「記憶だけですけどね」 夜華?『か、楓さまぁっ!!』 がばぁっ!! 突如、浅美は涙を浮かべながら朧月に抱きついた。 夜華?『楓さま……楓さまぁ……!わ、わたしは……わたしは……!』 椛  「……ごめんなさい。     わたしの勝手で夜華には辛い思いをさせてしまいました……。     わたし、どうしても謝りたくて……」 夜華?『いいんです……またこうして会えたなら……!』 椛  「夜華……」 浅美と朧月は抱き締め合い、涙を流した。 ……どうやら、今の浅美は間違い無く篠瀬らしい。 で、朧月の肩越しの篠瀬と目が合った途端。 夜華 『き、貴様鮠鷹!!』 凍弥 「へ?」 篠瀬が怒号を撒き散らしながら目を見開いた。 夜華 『貴様が!貴様が死ななければ楓さまがあのようなことをすることは!!     貴様斬る!!斬───あれ?     か、刀が───それにどうしたことだ?この小さな体は……』 ……いきなり泣いたり謝ったり怒ったり慌てたり、忙しいヤツだ。 記憶の中にある篠瀬のまんまだな。 凍弥 「篠瀬、だよな?」 夜華 『貴様鮠鷹!これはどういうことだ!?説明しろ!     なんだこの体は!なんだこの服は!どうしてわたしは浮いている!?』 凍弥 「あー……えっと」 夜華 『はっ……あ、あいつの仕業だな!?     どこだ彰衛門!!貴様の仕業だということは解っているぞ!!』 凍弥 「……気持ちは解る」 見れば、朧月もクスクスと笑っている。 あの時のことを思い出しているんだろう。 佐古田「……人をほっぽっといて、さっきからなにやってるッス?」 凍弥 「気にするな」 佐古田「?」 佐古田は首を傾げた。 そしてなにかを訊こうとした時、朧月が放った見えない力により気絶。 容赦無い。 ……ちなみに言えば、メルティアまでもがその余波に巻き込まれて気絶。 ごめん、巻き込んでしまって。 夜華 『くそ……!ここはどこなのだ!?手の込んだことばかりしおって……!!』 じゃかじゃ、じゃーんじゃーんじゃじゃーん♪ 夜華 『!?』 謎の音楽が鳴り響いた。 やがて─── 声  「フハハハハ……!とんだ濡れ衣だが面白いからその通りだと言っておこう……!     よくぞ気がつきましたな夜華さん!」 どっからか聞こえる彰利の声。 夜華 『このようなことをするのは貴様以外には考えられんわ!     出て来い!斬ってくれる!』 声  「だめじゃ」 夜華 『なに!?』 声  「なぜアタイがわざわざ貴様なんぞの言うことに従わなければならんのかね?     そこでせいぜい悔しがっておるがよいわ!うわぁっはっはっは!!」 夜華 『ご、ごががが……!!おのれぇえええっ!!!どこだ!出て来い貴様!!』 声  「進歩してませんなぁ夜華さん!ふははははは!!カスめ!カスめ!!」 夜華 『うがぁあああっ!!!』 ああ、浅美の姿で怒り狂ってると怖いな。 てゆうか彰衛門、帰ったんじゃなかったの? 声  「これだから生きるのはやめられんわい!また夜華さんに会えるとは!」 夜華 『なっ……ど、どういう意味だ!』 声  「またからかえて面白いって言ったんじゃよ」 夜華 『なっ───むがぁあああああっ!!』 声  「ほぉっほっほ!!悔しかったら見つけてみい!カスめ!カスめ!」 ……ひでぇ。 椛  「クスッ……ふふふ……っ」 凍弥 「朧月?」 椛  「あ、ごめんなさい、おかしかったから」 凍弥 「それにしても……篠瀬ってあんなヤツだったか?     俺が知る限りじゃあ冷静沈着なヤツだったんだが」 椛  「もともと感情表現が苦手な人だったの。     でも彰衛門……おとうさんと知り合ってからは、     あんなに素直に感情を出すようになって」 凍弥 「へえ……」 椛  「知ってました?夜華っておとうさんのことが好きだったんですよ?」 凍弥 「ええっ!?」 マジですか!? 彰衛門を!? 椛  「初めての気持ちに戸惑ってたみたいですけど、     おとうさんの前では本当に元気でした。     おとうさんが社に来てからは、どこか嬉しそうにしてましたし。     決定的に変わったのが……     うん、おとうさんが夜華を庇って腕を折った頃からでしょうか」 凍弥 「そんなことがあったのか」 椛  「夜華は純真でしたし、武士である自分に誇りを持ってましたから。     それでもやっぱり女の子です。     男の人に庇ってもらったのが嬉しかったんじゃないでしょうか」 凍弥 「……よく解らん」 椛  「それでもいいです。けど、わたしが危ない時は庇ってくださいね、凍弥先輩」 ……ふむ。 凍弥 「……家系の開祖さまが危ない時なんてあるのか?」 椛  「………」 凍弥 「あ」 朧月がしゃがみこんで『の』の字を書き始めた。 椛  「……夢のないこと言わないでください……」 凍弥 「ご、ごめん」 謝るしかありませんでした。 夜華 『ここかっ!?ここかぁあっ!!ああくそっ!何故ものを掴めんのだ!!     おのれ彰衛門!貴様なにをしたぁああああああっ!!!』 声  「ふははははは!『秘孔、ゴースト・タカの幻』を突いたのだ!     貴様は時が経てば経つほど背が縮み、モノに触れられなくなるのだ!     ちなみに浮いてるのはオマケです」 すごいデマカセだ。 夜華 『こ、このっ……!ではここはどこだ!』 声  「いやどすなぁ、前に教えたアタイの故郷よ?ちょっと違うけど」 夜華 『貴様の故郷……!?』 声  「ちなみにこの場所は夜華さんが婚儀の儀式の時に立っていた場所じゃよ?」 夜華 『な、ななななんだと!?ここが!?』 声  「ウヒョヒョヒョヒョ!!ブフッ!ぐわははははははは!!!     これだから夜華さんてステキよ!素直でからかい甲斐があるんだもの!」 ああ、彰衛門のやつ心底楽しんでるなぁ。 あいつもあいつで、篠瀬のことが気に入ってたのかもしれない。 椛  「……そっか、体が無いと不便だよね」 朧月は突然、子供のような口調……楓巫女の素の口調になり、手を掲げた。 すると霊体の篠瀬に異変が起き───実体となり、あの頃の『篠瀬』の姿になった。 しっかりと刀もある。 夜華 「こ、これは……?そうか!彰衛門の仕掛けの効果がなくなったんだな!?」 声  「アイヤーッ!?椛さん!そりゃあんまりじゃ」 夜華 「ふはははは!なにをごちゃごちゃと!     お前がそこに居ることは解っているのだ、くらえ!」 ざごんっ!! 声  「ギャアーーーッ!!!」 浅美……いや、篠瀬が掃除用具入れに刀を突き刺した。 その途端、声が聞こえなくなった。 夜華 「……彰衛門?」 異様な静けさの中、篠瀬が首を傾げて呼びかける。 が、返事はない。 代わりに掃除用具入れの下の隙間からドロドロと赤い汁が流れてきた。 夜華 「う、うわっ!?うわぁーーっ!!」 篠瀬は心底驚いていた。 椛  「おとうさんっ!?」 それは朧月も同じようで、慌てて掃除用具入れに駆け寄った。 椛  「夜華、早く開けて!傷を癒すから!」 夜華 「は、はいっ!」 じゅごんっ!という音とともに刀が抜かれる。 そしてヘコんだ掃除用具入れを開け放ち─── 夜華 「あ、彰衛門!?」 椛  「おとうさ───あれ?」 その中を覗いたが、なにも無かった。 ダラララララララララララ………………!!! 凍弥 「な、なんだこの音は!」 音の発生元を探し、そして教卓側を見ると───ジャジャンッ!! 彰利 「マジックショー!!」 教卓の上で妙なポーズをとっている彰利。 すげぇ、篠瀬だけじゃなくて、開祖である楓まで騙すとは……! とか思うのも束の間、 生徒衆『ウォオオオオオオオッ!!!』 いつの間にか起きていた生徒達がハワァアーッと歓声をあげた。 彰利 「ありがとう!いやーありがとう!!」 彰衛門はそいつらと握手を交わして笑っていた。 ……なにをしたいのかがまるっきり謎だった。 とか思うことすら束の間、 次の瞬間には教卓から引き摺り下ろされてストンピングをされていた。 ……ますます謎だった。 凍弥 「………」 そして今、俺はピクピクと痙攣している彰衛門を見下ろしている。 夜華 「なんと……それではここは彰衛門の時代……つまり、未来の世界なのですか?」 椛  「そうです」 夜華 「信じられませんが……事実なのですね?」 椛  「わたしたちは神の子の力で転生したけど、     夜華はどうやら輪廻転生をしたみたいです」 夜華 「輪廻転生ですか。ではこの体は来世の体だったわけですか」 椛  「そう。それと───」 朧月が浩介と浩之を見下ろす。 そうだ。 こいつらも、そして間吹も転生していた。 それは神の子の力の影響だったのだろうか。 どちらにしろ俺は火道兄弟と間吹に謝らなければならない。 私利私欲のために死闘へ誘い、しかも死なせてしまったのだ。 そう思うと申し訳無くて─── 椛  「……安心してください凍弥先輩。3人とも恨んでなんか居ませんよ。     むしろ盟友のために力を使い果たせたのかと悔やんでるくらいです」 凍弥 「朧月……」 俺は気絶している志摩兄弟を見下ろした。 そして─── 凍弥 「……すまなかった。そして、ありがとう」 そう言って、頭を下げた。 夜華 「しかし楓さま。この体はわたしの来世なのですよね?     それならばこうまでわたしの意識があって平気なのでしょうか」 椛  「大丈夫ですよ。次第に浅美ちゃんの意識も戻っていって、一緒になりますから」 夜華 「そ、そうですか。安心しました───あ」 椛  「夜華?」 夜華 「た、確かに覚えの無い記憶が頭の中から浮かび上がってきました!     これがそうなのですね?」 椛  「ええ、そう。それで、どんな景色が見えるの?」 夜華 「はい、えーと……男が眠っていますね。     何処だかは解りませんが、誰かの部屋のようです」 椛  「部屋……」 夜華 「眠っている男の顔が近づいていきます。って、ちょっ、えぇっ!?」 椛  「夜華?」 夜華 「あ、うわっ!ええっ!?」 椛  「どうしたの?夜華」 夜華 「こ、この娘───あ、わたしの来世ですが、     どうやら既に接吻をしたことがあるようで───!」 椛  「浅美ちゃんが?」 夜華 「……ちょ、ちょっと待ってください……顔がおぼろげで───ぐああっ!?」 篠瀬が汗をだらだらとかいてゆく。 その量たるや、滝のようだ。 椛  「夜華?どうしたの?」 夜華 「あ、ああああああ……あの……楓さま」 椛  「なに?」 夜華 「怒らないで聞いてください……」 椛  「だから、なに?」 夜華 「この浅美という娘……眠っている鮠鷹に接吻をしたようでして……」 椛  「!!」 ガッシャアアアアアアアアアンッ!!!!! 凍弥 「ひぇええぃっ!?」 窓ガラスが割れた。 それには生徒たちもしこたま驚いた。 てゆうか浅美が!?俺に!?いつ!? 椛  「とーやせんぱい……!!」 イ、イヤァアアッ!!殺気が溢れすぎてて景色がぐにゃぐにゃだよママン!! 椛  「わたし……初めてだったのに……!!」 凍弥 「ノー!ノォオオオオッ!!     それ俺の意思じゃない!奪われたのは俺の所為じゃないでしょ!?」 椛  「わかってますよ……あとで夜華にもたっぷりとお仕置きしますから……」 夜華 「ええっ!?か、かかか楓さまっ!?接吻をしたのはわたしではなく」 椛  「!!」(クワッ!!) 夜華 「ひぃいっ!し、失礼しました!!」 『接吻』という言葉に異様なくらいの反応を示す朧月。 そして俺は今、自分が復路のネズミであることを実感した。 凍弥 「そ、そんなこと言わずになんとかしてくれ篠瀬!このままでは俺が殺される!」 夜華 「黙れ!もとはと言えば貴様が隙だらけなのが悪いのだ!!死んで償え!」 椛  「凍弥先輩に『死ね』だなんて言わないで!!」 夜華 「ひぃっ!し、失礼しました楓さま!!」 とか言いながら、朧月は殺気を撒き散らしながら俺の傍に歩み寄った。 朧月!?行動と言動が不一致ですよ!? 椛  「……ショックです……まさか浅美ちゃんとキスしてただなんて……」 凍弥 「違う!俺全然覚えがないし!」 椛  「記憶はウソをつきませんよ……。     誤りはあるかもしれませんが、それは細部についてです。     『キスをした』だなんて大きなことで記憶が間違うわけがないじゃないですか」 凍弥 「でも知らない!ホントに知らないんだって!     俺にとっては朧月が初めての相手だったんだよ!」 椛  「そんな言い訳、聞きたくないです」 ジリ……。 朧月が一歩詰める。 俺も一歩下がろうとしたが、既にあとがなかった。 凍弥 「言い訳とかじゃなくて───!!」 椛  「……許してほしいですか?」 凍弥 「許すとかじゃないだろ!?俺は覚えがないって」 椛  「わたし、本気で怒ってるんですよ?」 凍弥 「う───」 目は逸らさずに話していたが、その瞳に涙が滲んでいることに初めて気づいた。 椛  「わたし、先輩のこと好きです」 凍弥 「う、うん……俺だって好きだ」 椛  「なるべく一緒に居たいです」 凍弥 「俺もそうだよ……」 椛  「……名前で呼ばれたいです」 凍弥 「………」 椛  「どーしてそこで目を逸らすんですかーっ!!」 凍弥 「いきなり名前がどうのって言われたって頷けるかーっ!!」 椛  「どうしてですかどうしてですか!!     楓巫女の時も楓の時も飛鳥の時も名前で呼んでくれたじゃないですか!!」 凍弥 「そ、そんなこと言われたって」 椛  「じゃあどうして浅美ちゃんだけ呼び捨てで呼んでたんですか!?」 凍弥 「それは苗字知らなくて」 椛  「そんなこと関係ありません!     『ちゃん』とか『さん』とか付ければよかったじゃないですか!     ズルイですズルイです浅美ちゃんだけ!!」 凍弥 「……え?」 あー……これってもしかして…… 凍弥 「あの……朧月?もしかして浅美に嫉妬してる?」 椛  「なっ」 ボムンッ!と、また朧月の顔が真っ赤になる。 そして涙をポロポロとこぼしながら 椛  「ち、ちがっ……わた、わたし……ちがっ……!」 おろおろとして、よく解らない言葉を放った。 ……どうやらビンゴらしい。 凍弥 「そっか、ヤキモチ妬いてくれたんだ」 椛  「違います!そんなのじゃありません!」 凍弥 「もしかしてメルティアの時もそうだったのか?」 椛  「〜〜〜っ……!!」 ますます顔を赤くする朧月。 ……やばい、カワイイ。 しかも嬉しい。 俺は衝動を押さえきれず、恥ずかしさのあまりに泣き出した朧月を抱き締めた。 凍弥 「……ごめん、意地悪言ったな」 椛  「っ……っく……うっく……」 凍弥 「でも、本当に信じてほしい。俺はキミが好きなんだ」 椛  「うぐっ……うー……うー……」 凍弥 「だから、えっと……その」 照れくさくて顔が赤くなる。 雰囲気があっても言い辛いものは言い辛いものだと確信した。 生徒1「どしたーっ!?本日3度目の告白はどうしたーっ!」 生徒2「早くも逃げ腰かーっ!?」 生徒3「チーキーン!チーキーン!!」 チャキンッ! 生徒衆『うっ……!』 浅美 「……貴様ら、しばし黙っていろ」 篠瀬が刀を抜くと、生徒たちは黙った。 俺はその隙に心を落ち着かせて─── 凍弥 「その、こ、今度こそ……幸せにするから……。     泣かないでくれ───……『椛』」 椛  「!」 俺はここで初めて彼女の名前を口にした。 その途端顔が熱くなって───うわっ!恥ずかしいっ! 朧月……じゃなくて、椛と目ぇ合わせてられねぇ! 椛  「と、凍弥せんぱ……うくっ……う、うわぁあああああん!!!」 凍弥 「へっ!?あ、いや、椛!?どうして泣───」 浅美 「鮠鷹ぁあああっ!!貴ッ様楓さまを泣かせたなぁあああああっ!!!!???」 凍弥 「アイヤーッ!?ちょっと待て!     てゆうか……アレーッ!?アレレーッ!?どうしてこうなるのーッ!?」 俺は慌てて逃げようとゴリッ! 彰利 「キャーッ!?」 うおおっ!?倒れてた彰衛門の指を踏んでしまザシュゥッ!! 彰利 「ウギャアアーーーッ!!!」 夜華 「あ」 凍弥 「あ」 椛  「?」 小指を踏まれた痛みでガバァと起き上がった彼は、見事に篠瀬に斬られた。 凍弥 「そんな……身を呈して椛を守ってくれるなんて……!」 その場凌ぎ発動。 こうすることで篠瀬が落ち着いてくれるかと思っての作戦です。 しかし─── 夜華 「彰衛門!?彰衛門!!バカな……!なんということを……!」 彰利 「いきなり斬りつけといて馬鹿とはなんだコノヤロウ!!     俺じゃなかったら死んでるぞ!?」 夜華 「それは貴様が人間を超越してることを認めたと同義が?     それとも普通にバケモノなのか?」 彰利 「後者だ」 威張って言うことじゃないと思う。 夜華 「しかし……身を呈して楓さまを守った貴様の勇気、見直したぞ」 彰利 「うむ。アタイも貴様の殺意の波動を感じ、ステキに見下げたぞ」 夜華 「よし斬らせろ」 彰利 「いきなり斬殺予告!?」 夜華 「黙れ!貴様、人が折角誉めてやれば!」 彰利 「自分が斬ったこと正当化して誉められても痛ぇもんは痛ぇのよ!     てゆうかなに!?キミ斬り足りないの!?過去、あんなに斬ったじゃない!」 夜華 「うるさいうるさい!!あの時理由も話さずに消えおって!!     事切れていた楓さまを見て、わたしがどれだけ泣いたと思っている!!     わたしひとりで社を守るのにどれだけ……!!」 彰利 「知らん!」 うわっ!泣いてる人に対してなんと率直な!! 夜華 「き、ききき貴様!!」 彰利 「それなら言いますが!     消える瞬間に夜華さんに敵視されたアタイの気持ちがお解りか!?」 夜華 「あ、あれは……!あの時はどうしてか貴様が誰だか解らず、     もしや貴様が楓さまを、と……!」 彰利 「なにかね!?     キミは私のことを自分の娘を殺すようなヤツだと思っていたのかね!!」 夜華 「そうではない!そうではないのだ!     貴様が楓さまをどれだけ大切にしているかくらい解りきっていた!!     だが倒れて動かぬ楓さまを見た時、頭の中が真っ白になって───!」 彰利 「うそおっしゃい!!」 夜華 「し、信じてくれ!!     ムシのいい話かもしれんが、わたしは本当に貴様が解らなかったのだ!」 彰利 「あ〜ん?それじゃあ何故今は解るのかね?」 夜華 「そ、それは……」 篠瀬が口篭もる。 彰衛門、完全にからかいモードだ。 彰利 「ほれごらんなさい!!やっぱり貴様は心の中でアタイを疑っていたのよ!!     アタイがよそ者だったからでしょ!?     そーなんでしょ!?えぇーっ!?あたしにゃちゃーんと解るよ!!」 夜華 「…………っ」 椛  「あ、あー……えと……」 椛が会話に割って入ろうとするが、彰衛門の怒涛の連言に口を挟むことが出来ない。 椛  「あの、おとうさん。夜華はおとうさんを」 彰利 「アタイ、杯を交わした時に貴様は友だと思ってたのに!!     ひどいわーっ!アタイを騙したのねーっ!?」 夜華 「騙してなどいない!わたしは貴様が───」 椛  「っ!」 篠瀬が何かを言おうとした途端、椛の肩がビクリと動く。 彰利 「なにかね!」 夜華 「わ、わわわわたしは……き、貴様が……!」 彰利 「なにかね!ハッキリ言いたまえ!」 夜華 「だ、だから!」 彰利 「だからなにかね!!キミの言うことはさっぱり解らんよ!!     キミはなにかね!?ワタシをからかっているのかね!?」 夜華 「からかってなどいない!!わ、わたしは貴様のことを───!」 椛  「だ、だめぇっ!!」 がばっ! 彰利 「ややっ!?なにをなさる!」 夜華 「か、楓さま……?」 椛  「……お、おとうさんを……とらないで……!」 彰利 「ほえ?」 夜華 「か、楓さま……!?そ、それは……」 椛  「やっ!とらないで!」 夜華 「そんな!わ、わたしの気持ちはどうすれば───」 椛  「う、うー、うー……!」 椛は彰衛門に抱きつき、篠瀬を睨んでいた。 たったひとりの親を守るように。 ……開祖の心は複雑らしい。 さっき、自分の娘のことのように嬉しそうに、 『おとうさんのことが好きだったんですよ』とか言ってたのに。 俺……隆正にとっては、彰衛門は兄みたいな存在だったんだけどね。 そう、性質の悪い兄。 夜華 「楓さま───今はひとりの女性として言わせていただきます。     わたしは彰衛門のことが───!」 椛  「夜華!!それ以上は言わないで!」 ふたりの間に険悪な空間が広がってゆく。 そんな折─── 彰利 「やめて!アタイのために争わないで!!」 夜華 「………」 椛  「………」 凍弥 「………」 俺はゆ〜っくりと動き出した篠瀬と椛を見て、胸の前で十字を切った。 彰利 「いや〜、モテる男は辛ェね?」 凍弥 「……あのさ。     もうちょっと状況を見てから言ったほうが受け入れられたと思うぞ」 彰利 「え?なにそれ」 ぱぐしゃあっ!! 彰利 「ギャア!?」 凄まじい速さで篠瀬に無言で殴られる彰衛門。 彰利 「なにをなさる!」 夜華 「う、うううううるさい!貴様人の気持ちも知らずに!!」 彰利 「事実、知らないんだからしょうがないでしょ!?     アタイはエスパーじゃねぇのよ!?」 夜華 「〜〜〜〜っ……!!な、なら言ってやる!!一度しか言わないからよく聞け!」 彰利 「だめじゃ!」 夜華 「ご、ごがぁあああああっ!!!!」 ボグシャア!! 彰利 「ギャア!」 夜華 「聞け!聞かねば斬る!」 彰利 「いきなり脅迫!?」 彰衛門の喉に刀を突き付けながら無茶を言う篠瀬。 およそ告白のシーンとは思えない状況だ。 椛  「だ、だめ!」 夜華 「楓さま!邪魔をしないでください!どうしようもないのです!心が苦しくて!」 椛  「それでもダメ!!」 篠瀬と椛が言い合いを始める。 喧嘩をするようなふたりじゃなかったのに。 彰利 「おやめなさい!」 夜華 「っ……!あ、彰衛門……?」 椛  「おとうさん……」 彰利 「ふぁ〜ったくカスどもが……。仲良かったふたりが何故争いなどするのです」 夜華 「誰がカスだ!」 椛  「おとうさん!わたしカスじゃないよ!」 ふたりが喧嘩を止め、彰衛門に突っ掛かる。 だが 彰利 「おやめなさい!」 夜華 「ぐっ……!」 椛  「おとうさん……!」 彰利 「ふぁ〜ったくカスど」 夜華 「カスではない!」 椛  「カスじゃないよ!」 ……彰衛門は懲りることを知らなかった。 彰利 「おやめなさ」 ボギャア! 彰利 「ダニーッ!?」 夜華 「貴様真面目に話す気があるのか!?」 彰利 「そ、それが実は……とても言いにくいことなんですが……」 夜華 「なんだ!」 彰利 「真面目に話す気などありませんですじゃ!」(キッパリ) 夜華 「おのれぇえええええっ!!!!」 殴られてもなお、からかいに没頭する彼は……うん、なんだか勇者だった。 既に会話に置いてけぼりをくらった俺は傍観するしかなかった─── Next Menu back