───天界道中記───
キヒィンッ!!ズシャア! 彰利 「ヒャッハァッ!来たぜ精霊この野郎!」 遥一郎「───ここが天界か」 精霊の野郎は天界の景色を見て驚いたような声を漏らした。 遥一郎「驚いたな……もっと神聖で綺麗な場所かと思ったが……     あそこの神殿なんて壊れてるじゃないか」 彰利 「……あー……手入れとか大変なんじゃないのかな。ホラ、石造りの神殿だし」 遥一郎「ああ……そっか。それもそうだな……」 彰利 「そうそう。アハハハハ……」 ……アタイがブチ壊した神殿だ、なんて言えるわけがねぇや……。 天界人「む!キサマ!あの時の魔人!」 遥一郎「魔人?」 彰利 「ゲゲッ!?こりゃいかん!とんずらぁーーーっ!!」 天界人「あ!こら待て!!」 彰利 「精霊!キサマも逃げろ!」 遥一郎「へっ!?あ、おいっ!!」 まったくアンタとは付き合ってられませんわ! 天界人「待てコラァーーッ!!」 彰利 「ゲェエーーーッ!!なんでアタイを追ってくるのよバカーーん!!」 何故か真っ直ぐにアタイ目掛けて走ってくる天界人に、 理不尽な気持ちを抱きつつ、アタイは懸命にに走ったのでした。 ───……フム。 彰利 「クォックォックォッ……どうやら蒔いたようじゃね」 遥一郎「はぁ……いきなりこれじゃあ先が思いやられるな」 彰利 「なにっ!?貴様、付いてきたのかね!?」 遥一郎「いきなり逃げられれば追いたくなるのが人ってもんだ」 チィ、アンタ精霊でしょうが。 まあ今はそげなツッコミは置いておくとして、と。 彰利 「よし精霊この野郎、ここからは別行動だ。     貴様はそっちで妖しいヤツを探してくれ。     アタイはこっち側で妖しいヤツを探すけぇのぅ」 遥一郎「別に構わないぞ。こっちだな?」 彰利 「ウム。そんじゃあそっち側は任せたぜ?     あ、それと。レイルって野郎が現れたら屠るのですよ」 遥一郎「あいつは『一応』知り合いなんだが」 彰利 「そんなことは知らん。     ようは犯人を捕まえてウィルスの素を手に入れりゃあいいんじゃろ?     だったら見つけた人なぞ片っ端から屠ってくれるわ!!」 遥一郎「そう簡単にいけば苦労はしないぞ。     俺が人として生きてた時から今まで、犯人は掴まってないんだ」 彰利 「アタイにドントウォーリー!!見事見つけてきてやらぁな!     ───見つからなかったら天界丸ごと破壊して……クォックォックォッ」 遥一郎「やめんかっ!」 彰利 「まぁよ!まぁあああああよ!!黙って待ってらっしゃい!     アタイが無差別殴り込みでウィルスの素も犯人も手に入れてやらぁな!     レイルとかはアタイに協力はしねぇだろうから頼りにならんだろうし、     屠っちまってもオールオーケー!ね?これでおーけーね?」 遥一郎「滅茶苦茶不安なんだが」 彰利 「そげなことはねぇ!見よ!     この頼り甲斐ある腹筋!大胸筋!羽ばたく上腕二頭筋!!フンハァッ!」 ビシビシバシビシィッ!! 遥一郎「……お前さ、何がやりたいんだ?」 彰利 「死を贈るヤツを滅ぼしたいだけさ。悲しみなんてものを破壊してやる。     俺はなによりも運命って言葉が嫌いでね。     それを信じるヤツも、それに囚われて前に進めないヤツも嫌いだ。     だったらどうするか───簡単よ……!     その大元である運命を破壊すりゃあいいのよ……!     さーあレッツ・デスティニーブレイカーッ!     天界の空気よ!アタイに愛をと勇気と希望を与えておくれーっ!!」 ズドドドドドド……!! 遥一郎「……元気なヤツだな。不器用だけど、純粋だ……」 誰へとなく呟いて、俺は息を吐いた。 ……こんなことはもう終わらせなきゃならない。 誰の手でもいい、こんな悲しい夢は終わらせるべきなんだ。 遥一郎「……任せる相手があの男ってゆうのは不安が残るけどなぁ」 苦笑をこぼして、あの男とは反対方向へと歩く。 目に見える景色は穏やかで、 ここにサクラが住んでいたのかと思うと、純粋だったあの笑顔も頷ける気がした。 ……もっとも、性格の方はレイルの所為で妙なものだったが。 ああ、そうだなぁ……どっかで会ったら殴るくらいしてもバチはあたるまい……。 はてさて、精霊メンとの別れを果たしたアタイは彷徨っていた。 ここは誰かに民家を訊ねた方がいいわよね? ということで視線の先にうろうろする人物発見!! さっそく訊ねるのだ俺様! 彰利 「これ!そこの者!」 天界人「うん?───き、貴様!」 彰利 「ゲェーーッ!!」 キャア!さっきの天界人だっ───ブンッ! 彰利 「ウヒョオッ!」 おのれこの無礼者め!問答無用でアタイを殴ろうとしおったわ! 彰利 「おやめなさい!」 天界人「なにっ!?」 彰利 「ふぁ〜ったくカスが……いいかね、アタイはだね、     天界人の中に居ると言われているウィルス野郎を探しに来たのだよ」 天界人「ウィルス……?貴様、何故そのことを……」 彰利 「アタイの知人の知人がそのウィルスに感染したのだよ。     だからウィルスを探しに来たのだ!それくらい悟れボケ!」 天界人「ボッ……!?貴様!」 彰利 「黙らっしゃぁな!そんで!?心当たりくらい調べられてねぇのか!?」 ガォオとステキな剣幕で咆哮してみた。 が、男は驚くだけで話そうとはしなかった。 彰利 「クォックォックォッ……天界人ってのはみんなそうだ……!     とことん秘密主義な輩ばかりぞ……!     たった今、独断と偏見と実力行使でそう決めた……!」 天界人「な、なに!?」 彰利 「まず手始めに貴様を屠ってくれるわーーっ!!」 天界人「や、やめ───」 彰利 「オプティックブラストーッ!!」 ドチュウウウウ!! ドカアアアアアン!! 天界人「ぎゃああーーっ!!」 目からビームを発射して、男を成敗した。 もちろん殺してませんよ? 彰利 「……ムウ!名案を思いついたぞ!」 アタイは気絶している天界人の服を脱がし、装着した。 SO、過去に飛んだ時の応用ナリ!! 彰利 「キャア似合わねぇ!!もっといい服ないのかねまったく!」 ……ムウ、しかし贅沢は言ってられねぇザマスね。 彰利 「クォクォクォーーーッ!!さあウィルスメンよ!今日が貴様の命日ぞ!!」 ひとまずは薬剤チックな場所を探してみましょう! 適当にうろつけば見つかるデショ!!さあ!レッツゴー!! ───……駆け出してから1分後、道に迷ったことに気づいた。 彰利 「グウウ……ムムウ……!」 考えてみりゃあ天界の道なんぞ知らんぞアタイは。 どこに行きゃあいいんだ? 彰利 「ムー……お?」 道行く小娘発見! 彰利 「これ!そこの者!」 小娘 「え……?わたしですか?」 彰利 「他に誰が居るというのかねこのカスが!」 小娘 「……っ!ご、ごめ……なさい……!」 彰利 「キャーッ!?」 しもうたわ!ついクセで怒鳴ってしもうた! みるみるうちに小娘のつぶらな瞳に涙が溜まっていきおる! 彰利 「泣くでない!アタイは正義の味方だ!」 小娘 「正義の……?」 彰利 「そうだ」 小娘 「………」 彰利 「なんじゃねその疑わしそうな目は……」 小娘 「ご、ごめんなさい……」 今思いっきり疑いの眼差しを贈られましたよ? 彰利 「ところで訊ねたいんじゃが。     エッグにウィルスを仕込んでるたわけ者がどこに居るか知らぬか?」 小娘 「ウィルス……天界の偉い人が探してるってゆう、あの……?     もしかして、あなたは偉い人なんですか?」 彰利 「そう、偉ぇのよ俺は」 小娘 「………」 彰利 「だからなにかね!その胡散臭そうなものを見る目は!」 小娘 「あ、いえ……」 むう……まあいいコテ。 彰利 「小娘よ、天大神とやらが居る場所を言いなさい」 小娘 「え……?偉い人なら知ってるんじゃ……」 彰利 「知らん」 小娘 「………」 彰利 「知らんものを知らんと言ってなにが悪いのかね!!     それともなにかね!?キミは私を見下しているのかね!?」 小娘 「そ、そんなことは……あの、ここを真っ直ぐ行くと見えてくる大神殿の中です」 彰利 「そうか!ナイスな情報じゃ小娘!ではさらばじゃーーっ!!」 小娘 「あ!待ってください!」 がしぃっ! 彰利 「ややっ!?ゲ、ゲェエエエーーーッ!!!!」 ずがしゃしゃしゃしゃあああああっ!!! 彰利 「ギャオォオオオーーーッ!!」 小娘に足を掴まれ、バランスを崩したアタイは豪快に地面を滑った。 彰利 「な、なにをなさるの!?アタイのフェイスに傷がつくじゃない!」 小娘 「ご、ごめんなさいっ!でも───無傷ですよ?」 彰利 「フフフ、アタイのフェイスはエーテルコーティングが成されているからな。     ちょっとやそっとのダメージじゃあ傷つかねぇのよ」 小娘 「……バケモノ?」 彰利 「吊るすぞこの野郎」 小娘 「ひゃっ……ごめんなさい!」 彰利 「グウウー……」 なんとも失礼なやっちゃ。 アタイじゃなかったら確実に毒霧吐かれてましたよ? 彰利 「……小娘、貴様今、そんなことをするのはアタイだけだと思っただろ」 小娘 「え……?な、なにがですか……?」 彰利 「……そうよね、心が読めるわけないものね。ホッホッホ、早合点早合点」 小娘 「…………?」 さぁて、とにかくこの小娘には欠点の追求をせねばな。 指摘してやらんと気づかんだろう。 ……てゆうかアタイを引き止めた理由も訊かねば。 彰利 「小娘、貴様は謝りすぎだ。そげなことでは立派なおなごになれんぞ」 小娘 「う……」 彰利 「ウダラ落ち込んでる暇があったら用件言え小娘」 小娘 「え?えっと……」 彰利 「そうか!用件は無いか!ではさらばじゃああーーーっ!!」 小娘 「ま、待ってください!」 がしぃっ! 彰利 「ややっ!?キャーッ!!!」 ゴガシャシャシャアアアーーーーッ!!! 彰利 「ギャアアヤヤァーーーッ!!!」 再びのフェイススライディング!こりゃたまらん! 彰利 「小娘サンよ!貴様アタイに恨みでもあるのかね!?」 小娘 「いえっ!あのっ!そ、そんなことは!」 彰利 「それではなにかね!?なにをしたいのかね!!ハッキリ言いたまえ!」 小娘 「あ、あの……」 彰利 「なにかね!」 小娘 「その……わ、わたしの知り合いが怪我をしていて……。     だ、だからお願いです!あなたが偉い人なら、傷を癒してあげてください!」 彰利 「なんと!そういうことは早く言いたまえ!でもさ、貴様は魔法使えんの?」 小娘 「……わたし達は属に言う『おちこぼれ』というもので……。     だから、重症とかを負うと治すことが出来ないんです……。     偉い人は仕事で忙しくて、     おちこぼれのわたしたちを癒してくれるレインさまも、     今は忙しいみたいで……」 彰利 「ふむ……貴様はレインとかゆうヤツのところに行った帰りなのかね?」 小娘 「はい……でも忙しいみたいで……」 彰利 「グムウ……」 なんて世知辛い世界なのか。 ここはホントに天界なのか? 彰利 「こんな小娘が人に頼らなければ生きられない世界……。     そんな世の中を作ったヤツがワシは許せん……」 アタイはスゥウ……と涙を流した。 小娘 「……泣いてくれるんですか……?わたしたちのために……」 彰利 「うむ、うむ……アタイは貴様らのような小娘の味方じゃぞ……。     人の傷より忙しさを大事にする場所なぞ間違っておるわ……」 SO、この時アタイは誓った。 こんな状況を作ったヤツが居るなら、アタイが許さねぇと! 彰利 「して……小娘。こんなことになった原因はなんなのかね?」 小娘 「あ、はい……以前、大きな戦いがあったらしいんです。     それによって衛兵の大半が怪我を負って、     神殿や教会といったさまざまな建物が壊れて……。     いろいろな人がその修理に回っているんです」 彰利 「なんと……!それは許せませんな!……して!?その破壊魔の特徴とかは!?」 小娘 「地界の服を着て、空を飛び、妙な力を持った男だったとか……。     ノルンさまを倒した上に、レイルさまやレインさままで倒したバケモノで……」 彰利 「…………アレ?」 なんか犯人さんに言いようのない親近感を覚えてますよアタイ。 いや、そもそも空飛びつつ地界の服着て妙な力を使うヤツっていったら……ゲゲッ! 彰利 「………」 ……犯人が見つかっちゃいました。 てゆうかアタイです。 彰利 「……………」 小娘 「ど、どうしたんですか……?すごい汗です……」 彰利 「ハヒョゥッ!?あ、いやっ!なんでもござらんよ!?ええ!」 小娘 「?」 彰利 「グ、グウウ……!!」 なんてこと!なんてことでしょう!!アタイが小娘を苦しめていただなんて! こんなことが許されていいのか!?───よしOK!俺が許す!ゆえに最強! 彰利 「小娘……ちょっと失礼しますじゃ」 小娘 「え?あ……」 アタイは小娘を優しく抱き締めてやり、月生力を流し込んだ。 小娘 「あれ……?腕の痛みが消えて……」 彰利 「言ったでしょう。アタイは偉いのよ?傷くらいなら治せます。     ということで、傷を負ってる人々のところへ連れていきなさい。     アタイが治してしんぜよう」 小娘 「ほんとっ!?ほんとにっ!?」 彰利 「アタイはホッパは吹くがウソはつかん」 小娘 「ホッパ……?」 彰利 「ホッホッホ、なんでもござらんよ。さあ行きませう」 小娘 「うんっ!」 小娘は出会った時から比べれば遥かに純粋な笑みをアタイにくれた。 ……ウムウム、やはり子供は無邪気に笑っていませんとな。 彰利 「………」 もしこれがアタイの所為ならば、ちゃんと治せるところは治してやらんと。 彰利 「小娘や」 小娘 「なんですか?」 彰利 「あれに見える壊れた建物はなにかね?」 小娘 「あ……あはは、あれがわたしの家です」 彰利 「小娘の?」 小娘 「正確には『わたしたちの』ですけど。     ……わたし、親が居ないからあそこで暮らしているんです」 彰利 「親が?何故かね。天界ってのはそうそう争いが起こる場所には思えんのだが」 少なくとも怪我を負った時とかは魔法でなんとか出来そうだし、 人が死ぬ確立が地界よりよっぽど少ない筈だ。 ───って、もしやアタイが暴れた所為とか!? 小娘 「病気だったらしいです。あの、えっと」 彰利 「む?アタイの名前か?」 小娘 「はい。あ、申し遅れました。     わたしはミスト=ミンシア=トールドといいます。ミントと呼んでください」 彰利 「ミントか。アタイは……     アンゴルモア=キマイラブレイン=トクホンチールなり。     アキトと呼んでくれ」 ミント「アキトさまですね?」 アキト「アキトでいいザマス。さまって呼ばれるのは苦手だからの」 ミント「それじゃあ……アキトさんでどうですか?」 アキト「まかりならん!」 ミント「うー……」 ミントさんは小さな体を縮こまらせて悩み出す。 なにを考えておいでなんでしょうねぇ。 ミント「やっぱり『さま』がいいです。わたしの怪我を治してくれました」 アキト「ぬう……融通の効かんやっちゃな。まあいいデショ、それで?」 ミント「え?あ……親のことでしたよね。両親は病気だったんです。     アキトさまが言ってたウィルスの感染によっての……」 アキト「なんと……!すると……治らなかったんじゃね?」 ミント「はい……しばらくすると両親は消えて、覚えているのもわたしひとりでした」 アキト「グウウ……」 ウィルスメンの野郎、なんてことを……!! 断固許せん!絶対殴る! アキト「それで……あの壊れた家に住んでおるのじゃね?     『わたしたち』と言ったが、親が居ない子がまだ居るってことじゃな?」 ミント「はい……」 アキト「そうか……よし。じいやがあの家を治してしんぜよう」 ミント「え───?そ、そんなことが出来るんですか?」 アキト「うむうむ、じいやは魔法使いじゃからの。お茶の子さいさいじゃぞ。     見ておれ?ンンンンンンーーー……ハァアアーーーーッ!!!」 アタイは隠し持っていた冥月刀に手を添え、月癒力を発動させた。 さあ再生せよ汝!貴様の姿はそのようなものではなかろうよ!! ミント「あ……家が……」 アタイとミントが見守る中、神殿の瓦礫のような建物はどんどんと再生してゆく。 やがてその瓦礫は立派な建物になり、周りには樹木が生い茂っていた。 月然力のサービスです。 ミント「わあ……!すごいっ!すごいです!」 アキト「ほっほっほ、これは純真なミントへの、じいやからのプレゼントですじゃ」 ミントの頭をやさしく撫でてやり、アタイはそう言った。 ミントはミントで撫でられるのが嬉しいのか、くすぐったそうにして微笑んでいた。 ミント「あれ……?でもアキトさま、家以外も変わっちゃってますよ……?」 アキト「ウム。建物が壊れたことで皆様が忙しいなら、全部治せばいいことですじゃ。     つまり、じいやが治したのはこの天界そのものですじゃ」 ミント「わあ……すごいです……。アキトさまは本当にすごいお方なんですねっ!」 アキト「『お方』なんて言い方はやめてくだされ。     じいやは普通のじいやですじゃ。解りますな?」 ミント「でもすごいですっ!」 ムウ……キラキラな瞳でめっちゃ見られてる。 まるでヒーローを見る子供だ。 アキト「すごくなんかないんじゃよ?ミントも頑張ればきっと使えるようになるわい」 ミント「ほんとうですかっ?」 アキト「ああ、ほんとじゃとも」 ミント「あ、じゃ、じゃあ教えてくださいアキトさまっ!」 グイッ! アキト「おわっと!ほっほっほ、これこれ、そんなに急ぐと転んでしまいますじゃ」 ミント「早く早くっ!家の中も見てみたいんです!」 アキト「ほっほっほ、こ、これこれ、危ないと……おわっととと……!これこれ」 ミント「ほらほらっ!」 アキト「ほっほっほ───ほぅわぁあああああああああっ!!!!!!!!」 ドゴゴシャアアア!!!!! ミント「わっ!?アキトさま!?」 引っ張られすぎたアタイは、見事に顔面スライディングを。 ……この娘ッコ、アタイに恨みでもあるんですかね。 アキト「いでででで……!」 ミント「ご、ごめんなさいアキトさま……」 アキト「はっはっは、いやいや、お気になさるな。     それにしても突然こんなに元気になって。ミントは元気な子じゃなぁ……」 ミント「元気な子ー♪」 アキト「ほっほっほ」 100%な笑顔に引かれ、アタイは先ほどまで廃墟に近かった建物へ入ることとなった。 そこにはふたりの子供が居た。 ……そっか、孤児院みたいな場所だったんだな。 小僧 「あっ!ミント!見てくれよこれ!傷がいきなり治ったんだ!」 ミント「ほんとっ!?」 小僧 「ほらっ!飛び跳ねても大丈夫だ!」 ミント「わぁ、よかったぁ〜」 入るなり小僧が迎えた。 家の中にはミントと小僧と小娘とアタイ。 嗚呼、まるで男手ひとつで3人兄弟を育ててる漢みたい♪ アキト「今帰ったぞー。元気にしてたか小僧、小娘」 小僧 「……なにこいつ」 アキト「貴様こそなんだ」 小僧 「俺はカイル。お前は?」 アキト「じいやはアキトじゃ。お前は?」 小娘 「え……?あ、あ、あの、あの……うぅう……」 なんと!小娘ったらアタイが声をかけた途端に泣きおったぞ!? カイル「あー、ダメダメ。そいつ泣いてばっかであまり話そうとしないんだよ。     でさ、アキト。ここになにしに来たんだ?」 ミント「怪我を治しに来てくれたの。     この建物もカイルの傷も、アキトさまが治したんだよ」 カイル「え〜……?ウソだろ?」 ミント「うそじゃないよっ」 カイル「じゃあ証拠見せろよ証拠〜」 ミント「う、うう……」 ムウ、この小僧はいじめっ子タイプか。 とりあえずこういうガキって殴りたくなりません? カイル「ほらみろ〜!できないんじゃないか!」 ミント「出来るよっ!ね?アキトさま」 アキト「ウィ?……ウィウィ、出来ますぞ。     じいやに任せなさい。軽いものなら治せますじゃ」 カイル「へー……じゃあ」 ぼかっ! 小娘 「いたっ……!う、うぁあああん……!!」 アキト「ややっ!?小僧、貴様なんてことを!」 カイル「ほら、こいつ治してみてよ」 ミント「カイルくん!乱暴はやめてよ!」 カイル「なんだよ、治せるんだろ?だったらいいじゃん」 なんという小僧じゃ! アタイはこういう、悪戯におなごを傷つける者が大嫌いなんじゃ! ───だが、今はそれより小娘を治してやらねば! 小娘 「うっ……うぐっ……うぁあああん……!!」 アキト「おうおう、よしよし……じいやが来たからにはもう安心じゃよ……。     さ、殴られた場所を見せてごらんなさい」 小娘 「……っ!」 アキト「ウィ?」 小娘は近づかれるのを嫌がるようにアタイから距離をとった。 ミント「アキトさま……リーフちゃんは男の人に近づかれるのが嫌いみたいで……」 アキト「なんと……そうなのかね?」 カイル「……ん?さあ」 アキト「む……」 小僧、なにか知ってやがるな? おそらくこうじゃろう。 孤児生活が続く中、小僧は苛立っていた。 だが当り散らす場所もなく、小僧はこの小娘に暴力を……! アキト「よし許せん殴らせろ」 カイル「えっ!?な、なんだよ!」 アキト「小娘が男が苦手なのはズバリ!貴様が原因じゃな!?」 カイル「な、なんで解って───あ!」 ミント「え……?そうなのカイルくん……」 アキト「それみたことか!貴様はよく解らん苛立ちを小娘にぶつけ、     自分だけがその苛立ちから逃げていたのだ!」 カイル「う、うう……」 アキト「裁きを申し渡す!その方、無実の小娘をイジめ、     恐怖心を植え付けたことにより、ナックルの刑に処す!歯ァ食い縛れ!」 カイル「な、なんだよ!お前には関係ないだろっ!?」 反省の色ナシ!てゆうかもう殴る! アキト「ポセイドンウェーイ!!」 ボゴッッシャアアァアアン!!!! カイル「ふぎぃっ!!!」 アタイのポセイドンウェーブをくらった小僧が壁に叩きつけられる。 アキト「痛いか!?えぇ!?痛いかね!!     だがなー!心の痛みってのはそれ以上に痛いものなんだ!     今からそれを思い知らせてくれるわ!     心の痛みを知らぬものめ……!奥義!ヴォイドエクストリーーーム!!!」 アタイは小僧の立つ位置に地精-崩-を発生させて、小僧を吹き飛ばした。 なにやら叫んでたが無視だ。 アキト「さ、小娘。小僧は成敗しましたぞ」 小娘 「いやっ……いやぁ……!ぶたないで……!」 アキト「む……」 こりゃ重症だ……。 おのれ小僧め、なんてことをしやがるか……! アキト「小娘や……よぅくお聞き……。じいやが小娘の味方になってやる。     世界中の誰もが敵に回っても、じいやだけは小娘の味方じゃ……。     じゃから、怖がることなどないのじゃよ……」 そう言って、震える小娘を抱き締めながら月生力を流す。 小娘 「……!!」 だがそれでも怖いのか、小娘は必死にアタイから逃げようとする。 アキト「大丈夫じゃ……じいやは味方、味方じゃよ……」 震える小娘の頭を撫でて、今度は月清力を流した。 少しでも心が落ち着けばと思っての行動だ。 小娘 「………」 むう、小娘の表情がやわらかいものになりましたぞ。 これで安心!ひと安心!ガシィッ!! アキト「なにぃ!?」 なんとしたことか!突如、小娘がアタイの腕に抱きついてきおったわ!! アキト「な、なにかね!?」 小娘 「〜〜〜っ……!!」 グムムウ……!? この小娘、なにやら顔を赤らめてアタイの腕に顔をうずめておりますぞ? ハッ!も、もしやアタイの体に入り込もうとしているミュータントなのか!? アキト「よし、オプティックブラストを撃ってみてくれ」 小娘 「……?」 首を傾げられました。 そりゃそうでしょうなあ……でもカワイイのでOK。 アキト「小娘、もう大丈夫かね?」 小娘 「………」(こくこく) アキト「左様か。ならば自己紹介ぞ。     じいやはアンゴルモア=キマイラブレイン=トクホンチールぞ。     アキトでいいザマス」 小娘 「あ、きと……?」 アキト「うむス」 小娘 「あきと……あきと」 きゅむ。 アキト「ややっ!?抱き付くんじゃなくて自己紹介ネ!アーユーOK?」 小娘 「…………リ……ルゥ……イリア……フィル……シウス……リイフ」 アキト「リイフ?ああ、だからミントがリーフと呼んどったんか」 ミント「はい。リイフちゃんはリーフちゃんです。     解り辛かったかもしれませんからわたしが言いますね?     リーフちゃんの名前はリルゥ=イリア=フィルシウス。     みっつの頭をとってリイフ。つまりリーフちゃんです」 アキト「そうかそうか……説明されてもさっぱりだったがOKだ」 ミント「あう……」 アキト「さて……リーフの痛みも回復させたし、じいやはそろそろ行きますじゃ」 ミント&リーフ『!!』 ががしぃっ!! アキト「ややっ!?」 ミント「魔法教えてくれるんじゃなかったんですかっ!?」 リーフ「…………!!」(ふるふるふる!!) アキト「いや……照れるな。そんなに見つめられると」 ミント「アキトさま!」 リーフ「……!!」 アキト「な、なんじゃね?」 ミント「わたしに魔法を教えてください!」 リーフ「……!」(ふるふるふる!!) アキト「あー……ミントさんの言わんとしていることは解った。     だが……リーフさん?キミはアタイに何を訴えようとしているのかね?」 リーフ「………」 むう、黙ってしまった。 リーフ「………」 アキト「む?」 微かだけど口が動いておるわ。 アキト「なんじゃね?」 アタイはリーフさんの言葉を聞き取るためにズズイと耳を寄せた。 すると リーフ「!」 マチュリ。 アキト「キャーッ!?」 突然、頬にかつてない感触が迸った。 え……なんザンス?いま……え?あ、あれ……? ミント「わ……リーフちゃんたら大胆……!キスした……!」 アキト「な、なんと!キスとな!?」 リーフ「…………!」 リーフさんは顔を真っ赤にして、ミントさんをぽかぽかと叩き始めた。 ミント「あははははっ、リーフちゃんがやったことを言っただけだよ〜!」 リーフ「だめ……っ!だめ……っ!」 ぽかぽかぽか…… アキト「……平和よのぅ……」 アタイは項垂れるしかなかった。 もう部屋の隅でぐったりと動かない小僧なんぞは無視でしたし。 Next Menu back