───兇國日輪守───
彰衛門「………」 祈りを終えた俺は、ゆっくりと立ち上がった。 そして嗄葉に向き直───あれ? 彰衛門「なんと!?嗄葉がおらん!」 見渡してみるが、部屋の中に嗄葉の姿が見つからんっちゃあ!! どげんなっちょっとよ!? 彰衛門「───ハッ!ははぁ〜〜ん、読めたぞ愛いヤツめぇ〜〜〜っ」 これはアレじゃな? かくれんぼとかゆうヤツじゃな? 彰衛門「仕方ないのう、お子様なんだかるぁ〜ん♪」 アタイは立ち上がり、きょろきょろと辺りを見渡した。 彰衛門「───聞こえる!闇の中に蠢く、何者かの気配が!     身を潜め、息を殺して!ヤツらアタイの命を狙っている!!」 ………………。 彰衛門「返事が無い、ただの屍のようだ……」 この部屋には居ないようだ。 しゃあない、隣の部屋へ行こうか? ───…… 彰衛門「でっでげで〜で〜で〜で〜んで・でっでげでげでげでげで〜ん♪」 アタイは忍び足を駆使しながらヒタヒタと歩いた。 彰衛門「ムウ!しまったわゴメス!     忍び足を使ってても音楽なんぞを口ずさんでたら意味がないわ!!」 これは盲点ナリ!ということで静かにしましょう! 彰衛門「………」 いや、ただこうして歩くだけってのもつまらん。 ここはひとつ─── 彰衛門「───フンッ!!」 バッ───ガッシィッ!! アタイはその場で跳躍し、天井に張り付いたッ!! 彰衛門「これぞ秘技、ゲンバリングボイ……!」 またの名をフルフル。 シコルスキーに勝るとも劣らぬ指力が成功を可能とさせる技よ〜〜〜っ!! さて、これで嗄葉さんには悟られずに動くことが出来ようぞ! 彰衛門「………」 のたのたのたのたのた…… 彰衛門「………」 のたのたのたのたのた…… 彰衛門「いや……こりゃまたなんとも……」 意外に疲れる。 てゆうか当然というべきか。 でも面白いから続けます。 限界が来たら落ちましょう、潔く。 彰衛門「しかしこうへばり付いてると、ぶら下がって胃液を落としたくなりますな」 それぞまさしくフルフルですが。 詳しくはモンスターハンターをどうぞ。 彰衛門「───ム!感じるわ!幼子の気配!」 ……そんなもんを感じられるアタイも相当ヤバイんですがね。 何気にちょっとショックだった。 けどな?そげんこつば気にさすてたらぁ、どうにもなんでねが? んだども、オラさ行動はきっと明日さ繋がるだよ。 彰衛門「……訳が解らん」 自分で言っておいて謎だった。 彰衛門「さて……この部屋からだな」 アタイは天井から側面の壁に張り付き、ゆっくりと障子を開けてゆく。 するとそこには─── 彰衛門「…………?」 巻物やらその他いろいろな書物を読み漁る嗄葉が……おがったとしぇ。 読書の秋ですか? 彰衛門「………」 アタイはゲンバリングボイを駆使しながら、その姿を見守り続けた。 彰衛門「安心せい……じいやは四六時中、いつでも貴様を見守っておるよ……」 ……変態ですな、それは。 気をつけよう。 嗄葉 「…………!!」 彰衛門「む?」 嗄葉は何かに驚いたように、体をビクンと撥ねさせた。 アタイはのたのたと嗄葉の真上までゲンバリングし、その書物を見ようと試みる。 が、遠くて見えん。 彰衛門「フッ……仕方あるまい。ここで再びこの技を使うことになろうとは……」 お覚悟、よろしいな? 彰衛門(ピエロアイ〜〜〜ン!!!) グミミミミ……!! 眼球を伸ばし、その先の書物を見る! おっほっほ、よぉおおお〜〜〜く見えるぜぇええ〜〜っ!! ───『彰衛門はやさしい。彰衛門が居ると、心がとても暖かくなる。     それは鮠鷹さまと一緒に居る時とは別の心地良さがある。     暖かくて、心地良くて、一緒に居ると顔が緩んでしまう。     わたしはきっと、鮠鷹さまが好きなのと同じくらいに彰衛門が好きなんだと』 彰衛門(ギャア!?) こ、これってば……楓の書いたもの!? なんてもんば見とるったい!! しまったのう……記憶は消えても、記録は残るもんなぁ……。 気が向いたら消しておきますか? ……悠介に、消したい文字だけ消せる筆とか創造してもらって。 嗄葉 「…………!」 とか思ってたら、嗄葉がぱたぱたと書物などを片付け、部屋から出ていってしまった。 彰衛門「………いや、まいったねどうも……」 おそらくあれだ。 アタイが本当に夜華さんの知り合いかどうかを調べるのは、楓のことを調べた方が早い。 だって、夜華さんは楓の守衛者だったわけだから。 その楓のことを調べれば、その知り合いの名前くらいは出てくる。 だって……この社で暮らしながらも、楓たちは下の村との交流が少なかったんだから。 彰衛門「石段が長すぎたって所為もあるだろうけど」 書物を見ようと思ったが、それは楓に悪い気がした。 そして、それらもひっくるめてこの社を守ったであろう夜華さんにも。 彰衛門「………」 俺はこの部屋に居るべきじゃないな。 戻ろう。 ───……。 のたのたのたのたのたのた…… 彰衛門「………」 のたのた、のたのた…… 彰衛門「………」 のた……ババッ! 彰衛門「………」 ポタポタ……ジュウウ〜〜…… 彰衛門「ハッ!?」 ふと気づくと、アタイは天井からぶらさがりながら胃液を落としていた。 その胃液が床を溶かしてゆく。 いかん!何気にフルフルになっとるよアタイ!! 彰衛門「てゆうか俺の胃液って何?」 まさか本当に溶けるとは…… 彰衛門「それはそうと、嗄葉さんは何処にいったのかのう」 探しても、おらんたい。 何処に行っとっちょお? ……しかしこの時、アタイの頭に閃くものがあった。 彰衛門「……ああ、あそこかな?」 アタイはのたのたと天井を移動しつつ、その場を目指した。 ……っていっても、途中で降りなきゃならんけど。 ───ザァ…… 彰衛門「グウウ……ムムウ……!!」 心地良い風が大樹の葉を揺らす。 俺はそれを見上げながら伸びをした。 そう、閃く場所といったらこの場所くらいだった。 彰衛門「いやしかし、あまり変わっておらんのぅ」 アタイが消えてから数年は経っておるでしょうに。 ま、大きな樹ってのはそういうもんなのかもね。 さてさて、そげなことよりも嗄葉じゃい。 アタイの予想じゃあ、上の方に居ると思うが…… 彰衛門「だがしかし、あの小さな体で果たして、登れるかどうか……」 小僧にはアタイが木登りのスキルを教えたから大丈夫だったが…… 嗄葉は見るからにヘナチョコ娘だ。 というわけで、下の方を見ましょう。 彰衛門「………」 アタイが大樹の前に立つと、草木が分かれて部屋に入れるようになる。 そしてそこに、嗄葉が居た。 嗄葉 「………」 彰衛門「む?」 しかもじぃ〜〜〜〜っとアタイを見てるし。 嗄葉 「やっぱり、あきえもん……」 彰衛門「なんとな?」 嗄葉 「……ここ、おかあさまとあきえもんだけしかはいれないってかいてあった……」 彰衛門「なんと!!」 しまったハメられた!! だからどうということもありませんが、言い当てられるのは悔しいものなのです。 彰衛門「な、なにを申されるか!じいやはアレですよ!?     『球』を持ってるから入れたのですよ!?」 嗄葉 「……どうして、たまではいれるってしってるの……?」 グムウ!? グ、グウウムムウ……!! 彰衛門「旅の僧に聞いたんじゃ!」 嗄葉 「……………」(じぃ〜〜〜〜) 彰衛門「お?なんだ?ヤんのかコラ」 じっと訝しげに見る嗄葉に対し、アタイはピーカブースタイルで迎えた。 嗄葉 「……たま、みせて」 彰衛門「な、なんと!?アタイのタマタマを!?」 嗄葉 「…………?たま、たま……?」 彰衛門「ギャオォーーーッ!!!!」 ウギャア自己嫌悪!! 子供に何言わせてんだ俺!! 彰衛門「な、なんでもござらん!なんでも!!」 嗄葉 「……たま、みせて……。こはくだまか、ひすいだま……」 彰衛門「グ、グウウ……!!」 そう来たか……! さてどうする……? 当たり前だが、琥珀球も翡翠球も持ってねぇザマスよ……!? 彰衛門「───」 よし作ろう。 そして見せれば納得するじゃろう!! というわけで冥月刀に手を添え───アレェ!? 彰衛門「あ、あら……!?冥月刀が───ない!?」 アレェーーーッ!!? なんで!?どして!? 彰衛門「ゲェーーーッ!!ゲェーーーッ!!!!     も、もしやここに転移する際に冥月刀が触媒となった所為で、     冥月刀は時空の狭間で時の調整をしていて、     我が手元に来ることはないというのかーーーっ!!!     こうなってしまった今、俺にはどうすることもできーーーん!!!!」 嗄葉 「………」 彰衛門「───ハッ!?」 うあ……めっちゃ怪しまれてる……。 彰衛門「しょぉおお〜〜〜がねぇなぁあああ〜〜〜〜っ。     見せてやるよぉおお〜〜〜ナランチャァア〜〜〜〜ッ」 精一杯の虚勢として、まずホルマジオの真似をしてみた。 しかし余計に怪しまれるだけだった。 彰衛門「───見せるぞ。まず目ェ瞑っとき」 嗄葉 「………?」(……こくり) 首を傾げたが、とりあえず頷いてくれた。 物分りの良い子で助かった。 ───では、まいる! 彰衛門「“雷治金”(グローム・パドリング)!!」 アタイはかつて琥珀球と翡翠球を作った時のように、力を解放した。 精製時の言葉がエネルだったのは気にしちゃならない。 やがてその手には球が精製され───ゲゲッ!? 嗄葉 「………」 いつの間にやら、嗄葉がアタイのこと見ておりました。 彰衛門「…………見た?」 嗄葉 「………」(こくり) バッチリ見られてたようです。 彰衛門「キャアァーーッ!!!エッチィーーッ!!」 嗄葉 「……えっち?」 彰衛門「キャア!?な、なんでもござらん!気にしないでトニー!!」 てゆうかしまった! 見られたんじゃアタイの正体バレバレじゃないですか! 嗄葉 「……やっぱり、あきえもん」 彰衛門「グ、グウムッ……!いや、確かにじいやは彰衛門じゃが、     キミの言う彰衛門とは限らんじゃろォ〜〜〜ッ?」 嗄葉 「……じぶんのこと、じいやっていってる」 彰衛門「グムッ!?」 嗄葉 「『ぐうむ』っていってる……」 彰衛門「グウムム!?」 嗄葉 「『たま』をつくれた……」 彰衛門「グ、グムーーーッ!!!」 嗄葉 「このへやにもはいれた……」 彰衛門「グッ……!!気の所為ですじゃ!!」 嗄葉 「……あきえもん」 彰衛門「なんぞね!」 嗄葉 「……おかあさまがすきな、あきえもん」 彰衛門「違うぞね!!じいやは彰衛門にして彰衛門にあらず!」 嗄葉 「………」 きゅむ。 彰衛門「ギャオオォーーーッ!!?」 なんと!嗄葉がアタイの腕にしがみつくように抱きついたッッ!! 彰衛門「なにをなさる!」 嗄葉 「………」(……にっこり) 彰衛門「グ、グムーーーッ!!」 いけません!このままではいけませんよ! アタイにも我慢の限界といふものがありましゃう!! このまゝ流されてしまうといふのは大変に失礼でございまする!! ただちに離れませう! さもなくばかつてのやうに脳内が切れてしまうでせう! そうなつてしまつたら、無意識に嗄葉さんを襲つてしまうかもしれませぬ!! ていふかなんでせうこの思考回路!こりヤアたまらん!! ぬおゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝ!!!! いかん!既に頭がやられているといふことだ!! このままではいかん! 彰衛門「秘技───無関心心理法『イ・ヤン』の章!!」 説明しやう!! 無関心心理法『イ・ヤン』の章といふのは、 なにをやられても『いやん』と思うだけで乗り越えてしまふ秘技である!! 嗄葉 「……あきえもん」 彰衛門「………」 いやん。 嗄葉 「……あきえ、もん?」 彰衛門「………」 いやん。 ───…………といふわけで、現在に至る。 嗄葉 「……あきえもん」 彰衛門「………」 いやん。 嗄葉 「………」 嗄葉が訝しげに見上げてくる。 だがしかし、この不動の精神を動かすわけにはいかない。 ていふか……そんなに何度も『あきゑもん』と呼んでくれるな……。 こちらのイ・ヤンもそう長くは続かないのだ。 嗄葉 「………」 トサッ。 彰衛門「ッゝ!!」 ぐはあゝゝゝゝゝゝゝッ!!!! 嗄葉さんがアタイの股の間に座つて───ギヤアゝゝゝゝゝゝゝゝッ!!!! 普通、初対面の人にさうゆうことしますか!? 楓サン!?アアタ一体なにを書いたのですか!? イ・ヤンが!イ・ヤンが崩れてしまふ!! ───プチッ。 彰衛門「ア」 切れた。 我慢の限界が破壊されてしまつた。 こりヤアやばい。 彰衛門「………」 嗄葉 「?」 嗚呼、アタイの豪腕が嗄葉の小さな体に伸びて……!! さ、させるかぁーーーーっ!!!
欲望 「ふはははは……また抗おうというのか、馬鹿め」 理性 「黙れ!貴様のやうな奴には負けはしない!」 欲望 「負けない?その妙な口調でよく言うものだ」 理性 「くつ……!」 欲望 「『くっ……』とも言えないザコめが!これで終わりだ!」 理性 「ぐ、ぐわあゝゝゝゝゝゝゝっ!!!!!」
だめでした。 理性があつさりと負けてしまいました。 アタイの腕は欲望のままに嗄葉へと伸びた───その時だった! 声  「たわけぇええーーーーーーっ!!!!!」 めごしゃあああああ!!! 彰衛門「ベップマァーーン!!!」 聞こえた声とともに、顔面に凄まじい痛みが走る!! グボッ……という音とともに視界が開けると、血に濡れた靴を履いた悠介が!! 悠介 「お前なっ!勝手に居なくなったと思ったら子供を襲おうとしてたのか!?     そこまで堕ちたかこの変態!!」 彰衛門「………」(ぐっ!) アタイは血を撒き散らしながら、うつ伏せに倒れた。 その際、悠介に向けて親指を立てておいた。 最低男にならずに済みましたし。 悠介 「……変態行為を認めるってか……」 ゲェーーーッ!!? ひでぇ……完全に誤解された……。 誤解をとこうにも意識が薄れ、アタイはそのまま気絶してしまった。 ───……。 彰衛門「う、むむ……」 目を覚ますと、そこは畳の上だった。 彰衛門「む、むおお……」 お決まりの覚醒をして、辺りを見渡した。 するとすぐ傍に居る謎の小僧。 小僧 「……あ、よかった、目が覚めたみたいだ」 彰衛門「………」 ……(タレ)? 彰衛門「お前、(タレ)?」 小僧 「僕は蒼麻風太。あなたは?」 彰衛門「おいどん、弓彰衛門と申す者でござる。以後、よろしゅう」 風太 「はい、よろしゅう」 彰衛門「……」 風太 「………」 なにこの小僧。 さっきからずっとニコニコしてますよ? もしかしてアタイ、どこかヘン? 彰衛門「…………ム、ムム……?」 ところどころを見てみるが、おかしなところは無し。 なんだってんデショ? いいや、こういうのは訊いた方が早い。 彰衛門「あ〜〜ん?なにがおかしいんやワレェ」 風太 「あはは、何も可笑しくなんかないよ」 彰衛門「………」 風太 「…………?」 ……すんげぇニコニコボーイですこの人。 ああまあ、こいつはこういうヤツだって理解しといた方がよさそうだ。 さて、それはそれとして…… 彰衛門「おめェ……アレだ、あるか?名前」 風太 「蒼麻風太」 彰衛門「バカとはなんだコノヤロウ!!」 風太 「あはは、バカじゃないよ。風太だよ」 彰衛門「………」 もう一度名前を訊いたにも関わらず、普通に返す風太。 すげぇ、ここまでサワヤカかよ。 彰衛門「ムー……背格好からして、嗄葉と同い年あたりか?」 風太 「そうだね、うん。確かめたことはないけど、きっとそうだと思うよ」 彰衛門「………」 やりづらい。 なんかよく解らんけどやりづらい。 こやつ、絶対アタイとは逆の属性だ。 そう……『穏やかメン』だ!! そして俺の命を狙いに来たに違いない!!! 彰衛門「フッ……意識がない俺をこげな場所に連れてきて、     どうするつもりだったのかね?     言っとくけど俺ャアあれだぞ?強ェエぞ?」 風太 「へえ……凄いんだね」 彰衛門「オウヨ!すげぇのよ!」 風太 「瓦とか割れるのかな」 彰衛門「瓦!?余裕!!」 風太 「見せてもらってもいいかな」 彰衛門「オウヨ!!オウヨ〜〜ッ!!」 ───…… 彰衛門「瓦割り……考えてみたら初めての体験……」 アタイは積まれた瓦を見て、フンッと鼻で笑った。 彰衛門「こんなせんべい程の土の塊を……何枚割ったところで何の目安にもなるまいが」 瓦に手を乗せる。 指を広げて、本当に乗せるだけ。 彰衛門「───ッ!!」 バガキャァッ!!ゴワシャシャシャーーーッ!!! そのままの状態で力を込め、割るというよりは押し潰す!! その数、40枚。 その全てを砕き、立ち上がった。 彰衛門「……どうよ」 風太 「本当に強いんだね」 彰衛門「………」 ニコニコ顔で言われました。 驚くもなにもありませぬ。 いや、あれで驚いてるってんなら別だけど。 風太 「床を汚しちゃったね、掃除しないと」 彰衛門「……そうね」 理解した。 ちゃんと脳に刻みこんだ。 『蒼麻風太』という小僧は、こういうヤツだと。 ───…………。 彰衛門「んでさ、どういう経緯であの小僧と一緒になったわけよ」 悠介 「うぐ……」 起きてきた彰利は、俺を見つけると開口一番にそう言ってきた。 悠介 「……そこで会っただけだ」 彰衛門「お?ほんとかね?お?」 悠介 「なんなんだよお前は……」 妙にねちっこく絡んでくる。 なにがやりたいのかは……知らん。 彰衛門「では風太!話して聞かせい!」 風太 「うん。この人が団子屋さんに捕まっているところを、僕が立て替えたんだ」 悠介 「ぐは……!」 彰衛門「ブフゥーーーッ!!」 彰利、凄まじい風圧で吹き出した。 彰衛門「むはははは!!天下のダーリンが小僧に立て替えだってブフゥーーッ!!     立て替えってあれだよね!?代金払ってもらったんだよね!?     なに!?やっぱ金が無いことに気づかずに全部食っちゃったわけ!?     そんでもって『美味かった……』とか言って立ち上がったけど、     ものの見事に金が無かったわけ!?ブフゥーーッ!!     だっせぇーーーっ!!ダッサダサだぁーーーッ!!」 悠介 「て、てめ……!!これを機に笑いまくろうってハラか……!!」 彰衛門「だってさぁ!ダーリンともあろうものが金のことに気づかないなんてさぁ!!     よっぽど舞い上がってたんでしょダーリン!     えぇーーーっ!?アタイにゃちゃーんと解るよ!!」 悠介 「ぐ、ぐぐぐっ……!!」 超絶に悔しいが図星だ……!! クハァ殴りてぇ……!!けど図星で殴ると虚しいことこの上なし……!! しかも今回ばっかりは自業自得だ……!! 彰衛門「ウヒャホウヒャホヒャウヒャヒャヒャヒャ!!!!     ブハッ!!ブホハハハハハ!!!ゲフッ!!ゲフフッ!!     ぶはははははは!!はぁーーーっ!!ブハァーーーッ!!     ひひゃはははははは!!ヤブハッ……!!やべっ……!!     ツボ入った……!!ぶはははははは!!ウヒャホウヒャホハハハハハ!!!!」 悠介 「………」 ……この時、俺は心の底から篠瀬に謝った。 一方的に笑いまくって悪かった。 笑われる人の気持ち、今……痛いほどに感じてる……。 彰衛門「ぶはふっ……くははは……!!な、なあ風太……!!     捕まってたダーリンてどうだったの?ねぇ、どうだったの……!?」 風太 「うん。『お金がないのに何爽やかな顔で美味しかったとか言ってるの!』って、     団子屋さんに怒られてたんだ」 彰衛門「ブヒャファーーーーーッ!!!!!」 悠介 「ぐぅうう……!!」 彰衛門「ブヒャッホ!ブフヘハッ!!ゲホッ!ゲホッ!!     ウヒャハハハハ……!!イ、イヤァーーーーッ!!腹痛ェーーーッ!!!」 悠介 「こ、このっ……!いい加減にしろっ!!」 彰衛門「だってだってさブフゥッ!!だぶっ……ぶ───ブハハハハハハ!!!!!     こうまで予想通りだとは思わな───ぁああああひゃひゃははは!!!!」 ぐあああ……!! 誰に笑われるよりムカツク……!! もういい!開き直ろう! 俺だってこいつと同じバカだってことを、こいつに思い出させてやる!! 悠介 「このタゴサクがァーーーッ!!!!!!!」 彰衛門「ブハッ!?ア、アレェーーーーッ!!!?」 ボゴドゴベキボキ!! 彰衛門「ギャアアアーーーーーーッ!!!!!」 ───…………。 突如、なにやらどこか清々しい顔になったダーリンに散々ボコられた。 彰衛門「いてぇよぉお〜〜〜っ!!いてぇよぉお〜〜〜〜っ!!!」 悠介 「お前が笑いすぎるのが悪いッ!!」 彰衛門「お?なんだコラ!アタイが夜華さんからかってた時に散々笑ってたくせに!     自分の正当化かね!?」 悠介 「そうだ!」 彰衛門「ゲゲッ!?」 なんと!ダーリンが認めた!? 彰衛門「……フッ……とうとうてめぇもこっちの仲間入りか」 悠介 「ああすまん、それだけは勘弁してくれ」 彰衛門「うわヒデェ!!」 『こっち』ってのがどういうことかも考えんと断わり入れやがった!! まあいいけど。 彰衛門「しかし……アレじゃね?」 悠介 「んー?」 彰衛門「なにやらヤケに清々しい顔してんじゃん。なにかあった?」 悠介 「……ああ、そのことか。     別にな、なにか特別なことがあったわけじゃないと思う。     ただ昔の自分を思い出したってゆうのかな、そんなところだろ」 彰衛門「ほへー……よう解らんな」 悠介 「そんなもんだ」 ダーリンは笑ってみせ、ダーリンを見上げてる嗄葉と風太に向き直った。 が、何かを言われてこちらを向く。 そしてアタイに近づき、ネックロックをしてくると、静かに喋った。 悠介 「───お前さ、この時代だと『彰衛門』って呼ばれてるんだな……」 彰衛門「んあ?ああ、そっか。ダーリンには言ってなかったねぇ。     そう、アタイは彰衛門。次元の野武士、『弓彰衛門』ぞ!!」 悠介 「……偽名、か。たしかに面白そうだ」 彰衛門「お?乗り気かね?」 悠介 「ま、そんな日もある」 彰衛門「そっかそっか。で……なんと名乗る気かね?」 悠介 「んー……やっぱお前みたいに自分の名前をもじってつけたいよな。     なにがいいだろうか……」 彰衛門「んー……スケロクというのはどうだろうか」 悠介 「却下」 即答ですか……。 彰衛門「じゃ、日毎悠介(ひのごというかい)とか。……キャア斬新!」 悠介 「却下だ」 即答ですね……。 彰衛門「んじゃ……悠之慎なんてどうだ?昔の人っぽくていいと思うが」 悠介 「江戸時代の人っぽいぞ?」 彰衛門「俺なんて彰衛門だ。こういうのはいっそ、バカっぽい方がいいんだよ」 悠介 「……そんなもんかね」 彰衛門「カタッ苦しいこと考えずに居られるんだから、いいんじゃないか?     せっかくの過去の時代なんだし、面白いじゃん」 悠介 「………そうだな」 渋ってたダーリンだったが、やがて笑うと頷いた。 さすがダーリン! ここぞというときは馬鹿に付き合ってくれる! 彰衛門「というわけで、こやつがアタイの親友、『兇國日輪守悠之慎』だ」 悠之慎「ちょっと待てコラァッ!!!」 紹介してやった途端、悠之慎が怒気を孕みまくった声を張り上げた。 彰衛門「ど、どうしたのかね悠之慎!なにか問題でも!?」 悠之慎「ありまくりだっ!!なんなんだよその苗字は!!」 彰衛門「え……?だって苗字あった方がカッコイイじゃん!!」 悠之慎「その苗字のどこがカッコイイんだ!!無駄に長くて邪魔だよ!」 彰衛門「なんで!?すげぇカッコイイじゃん!なに言ってんのアータ!!」 悠之慎「お、お前なぁ……!」 ダーリンの体から力が抜けるのが解った。 彰衛門「え?なに?どしたの?」 悠之慎「ハッキリ言うぞ……カッコイイと思ってるのはお前だけだ」 彰衛門「なんと!?」 馬鹿な!こんなにカッコイイ苗字なのに!? 彰衛門「こ、これ!そこな嗄葉さんと風太さん!貴殿らは如何にお考えか!!     存分に披露されませい!!カッコイイよね!?兇國日輪守!!」 風太 「あはは、すっごく格好悪いよ」 嗄葉 「………」(こくこく) 彰衛門「ゲゲェエエーーーーーッ!!!!!」 そ、そんな……すげぇカッコイイのに……!! い、いや!きっとみんな、突然の紹介だったから驚いてるだけさ!! 馴れればきっと気に入ってくれるさ!! 彰衛門「よいかね!そこなふたり!     誰がなんと言おうが、こやつの名は兇國日輪守悠之慎なのだ!!よいね!?」 悠之慎「あっ!て、てめえっ!!」 風太 「うん、『弓彰衛門(ゆみのあきえもん)』に、『兇國日輪守悠之慎(きょうごくひのわのかみはるのしん)』だね?」 嗄葉 「きょうごくー!」 風太 「きょうごくー!」 悠之慎「こ、こらっ!人を指差して兇國言うな!!俺はそんな名前じゃあっ……!!」 ポムッ。 悠之慎「あぁっ!?」 ダーリンの肩に手を置き、振り向く顔ににっこりと笑みを贈った。 彰衛門「よろしく!兇國!!」 ───当然と言うべきか否か。 この後、ブチ切れた兇國に飽きるまでボコボコにされた。 Next Menu back