───またひとつ、眠りにつく存在へ───
───……。 凍弥 「なんか滅茶苦茶だ。コレ、ほんとに現実か?」 浩介 「現実だが」 浩之 「寝惚けているのか同志」 で。 社長室で一緒になって書類整理する俺。 いろいろな未来を予測するのが人間だろうけど、こんな未来は想像できないと思う。 凍弥 「なんてゆうかなぁ。人生ってのがほんの些細なことで、     あっさりと変わっちまうんだなってのが再確認出来た日だよ、今日は」 浩介 「岩も流れれば石となり砂となる。そういうことだろう」 凍弥 「それは違う。それじゃあ喩えが逆だ」 浩之 「そうだぞブラザー、これはあれだ。     蝶の羽根が起こす風がやがて強い風となる、だ」 凍弥 「そう、それだ」 浩介 「むう……」 口惜しそうにする浩介を余所に、言葉を放ちながらも作業を続ける。 もちろん最初は難しいものだが、要領さえ掴めば以外に楽しかった。 ……さて。 問題はこの『楽しい』がいつまで持つかだ。 書類整理という単純作業だ、いつ飽きが来るか解らない。 凍弥 「浩介、この書類全部に判子押してくれ。     それから浩之、こっちの方は申請したヤツに、     もう少し詳しいこと聞いたほうがいい」 志摩 『了解だ』 それでも、結構上手くいってると思う。 テキパキとは出来てるし、時間の無駄はない。 あれだけあった書類も、大分片付いてきてる。 チット「あらあらまあまあ、なんだか横から見ていますと、     凍弥さまが社長でお坊ちゃま方がお手伝いのようですね」 凍弥 「と───凍弥さまぁっ!?」 浩介 「うむ……実は我もそう思っていたところだ」 浩之 「流石は盟友・凍弥。仕事のこなし方も相当だ」 凍弥 「ちょちょちょっと待て!『さま』付けはやめてくれ!     それに俺は社長なんかじゃないだろっ!そもそも次期社長に失礼じゃないか!」 浩介 「何故だ?我は事実は事実と受け入れるぞ?     我よりも処理が上手いことは確かだし、     盟友が社長になるのなら我は文句はない」 ───む。 今、ムッときましたよ? 凍弥 「いや……それは俺が文句だすぞ。     相手が俺だからって自分の先を人に渡すなよ、怒るぞ?」 浩介 「………」 浩之 「………」 チット「あらあら……」 三人が俺をじっと見る。 その中で浩之が俺に近づいて、肩にポンと手を置いた。 浩之 「……やれやれ、流石だ同志。     ここで先に目が眩んで申し出を受けていたら、我らは貴様に襲いかかっていた」 凍弥 「へ?」 浩介 「同志には同志らしくあって欲しいからな。     結構居たんだ、我らが家族になったからといって、     先ほどの話に乗ろうとする輩が」 チット「だからわたくしたちは、こうして相手を測ることがあるのです。     けれど……それも無粋な物事として終わったようですね」 浩介 「まあ、我は信じていたぞ?     同志が金に目が眩むような男ならば、我らは盟友にはならなかった」 浩之 「いやしかしな、同志は500円に動かされる男だからな」 浩介 「おお、あの『おつかい』の時の話か。     500円が出ると解った途端、買い物に行ったんだったな」 凍弥 「そんなこと覚えてるなよ……」 あの時は……てゆうか今も、懐が寂しいことは確かなんだから……。 凍弥 「……とにかくさ、金で友情は買えないだろ?     俺はお前たち以外に友人が欲しいとは思ってないし、     もし出来たとしても信用出来るか怪しいもんだ。     けど、お前らは違う。俺はお前らを信じるし、裏切ったりしない。     ……お前らが俺を盟友って言ってくれてるのと同じで、俺もそう思ってる」 浩介 「当たり前だ。再確認するまでもない」 浩之 「我らは盟友なのだからな、互いを信じるのは当然だ」 凍弥 「マテ。じゃあなんで試すようなことしたんだコラ」 志摩 『オチットさんの仕業だ』 綺麗に声が重なった。 凍弥 「オチットさん……」 キッと見つめる。 と、そこに居た筈のオチットさんが居なくなっていた。 凍弥 「……何者?」 浩介 「我にも時々どころか常に解らん」 浩之 「謎の多い人だ」 ……結局。 俺と志摩兄弟は溜め息を吐いてから、書類整理に取りかかるのだった。 ───……。 浩介 「うむっ!終わったぁっ!」 書類整理終了。 あ〜、開放感……。 凍弥 「しっかし……お前らタフだなぁ。なんだっけ?     確かさ、カンパニーを継ぐのってガッコ卒業してからだろ?     なんだって今から書類整理なんてすることになってるんだ?」 浩介 「そこはそれ、オチットさんが日々の積み重ねが大事だとか言ってな」 浩之 「言われた日から、軽い書類整理は我らが受け持っていたんだが……」 凍弥 「……カフェインさんが外国に飛んだ時点で、そうも言ってられなくなったと」 浩介 「……そういうことだ。訳の解らん書類がどっさりと来てな。     見れば、外国語のものまであるではないか。     ……まったく、同志が居てくれて助かった」 ……てゆうか、こいつら外国育ちじゃないのか? 浩之 「我らは確かに外国育ちだが、母親が躾に厳しい者だったのでな。     外国語より日本語を覚えてしまった」 凍弥 「いや、ナチュラルに人の心を読むなよ」 浩介 「以心伝心というやつだろう。盟友テレパスだ」 凍弥 「わけわかんねぇよそれ……」 書類を纏めながら呆れる。 いやはや、俺って呆れることが増えたねぇ。 凍弥 「これからどうする?」 浩介 「頭使ったから寝る。覚えたことは寝ることで整理されるのだ。     ヒューマン式のデフラグというやつだ」 浩之 「お休み同志」 バタッ、ぐがーーー…… 凍弥 「はやっ!?」 社長椅子にバッタリと背中を預けたと思ったら、ふたりとももう眠っていた。 ……どんな頭の使い方をすれば、こうもあっさり眠れるんだか。 凍弥 「まあ、早く眠れるのは疲れが蓄積されてる証拠って言うしな。     寝かせておいた方がいいだろ」 俺は椅子から立ちあがると、ぐぅっと伸びをして社長室を出た。 凍弥 「さて……」 どうしたものか。 自分の部屋、どっちだったっけ? 凍弥 「………」 覚悟を決めるしかないようだった。 ───…………。 猫  「ニャー」 カシャッ、キュイーン…… 凍弥 「おろ?」 猫発見。 しかも動く度に機械音が。 ……何者? 凍弥 「あ、あのさー、俺、いきなり道に迷ったんだが……     和室が何処にあるか知らないか?」 猫  「ニャー」 カシャッ、カシャッ。 凍弥 「……なにやら、シャッターを押すような音が聞こえるんですけど」 なんかヘンだよな、この猫。 凍弥 「……?」 猫  「フカーーッ!!」 突如、猫が俺を威嚇した! それとともに猫の目がカメラのズームのように一気にガションと伸びた!! 凍弥 「おわひゃあっ!?おわっ───おぉわぁああああっ!!!!」 叫ぶほど、真剣に驚いた。 思わず尻餅をついて、そのままで後退りしてしまうほどだった。 猫  「ニャー……!」 凍弥 「な、ななな何者!?」 猫  「ニャー、ニャー」 凍弥 「よ、寄るなって……!お前、ニャーとか言ってるけど猫じゃないだろっ!」 猫  「甘いな……」 凍弥 「うおっ!?」 喋った!? ね、ねねねねね猫が喋ったぁっ!!? 猫  「ニャーニャー鳴かねぇ猫だって……いるのさ」 凍弥 「……………」 思考、一旦停止。 猫  「少年……おまえさんまだ……若そうだな?     世の中には…まだまだ解き明かされてない神秘ってのが…あるのさ…」 凍弥 「………」 思考、再活動。 てゆうか……コレ、なに? 猫  「我輩は猫である。まあ、メイ殿以外とは話さない猫ではあるが」 凍弥 「……名前は?」 猫  「“タ0-T260G-(たまる・てぃーふたろくまるじー)”……タマである」 凍弥 「………」 よーするに機械の猫か。 しかしタマとは…… 凍弥 「で、そのタマが俺になんの用だ?」 タマ 「うむ、我輩の体はちと重くてな。     ここからメイ殿の場所まで行くのは骨が折れるのだ」 凍弥 「……それで?」 タマ 「察しの悪いヤツだな。     我輩は、貴様に連れていけと言っているのだよ」 凍弥 「………」 偉そうな猫だ。 それは確実だ。 凍弥 「俺さ、メイさんが何処に居るのか知らないが」 タマ 「心配は要らん。我輩は猫であるが故、この屋敷など庭のようなものだ。     我輩が案内するから歩くのだ」 凍弥 「あー、わかったわかった」 妙な事態だ。 けどまあ、俺が適当に動いたところで自分の部屋には帰れそうになかった。 よって、タマの指導のもと、知ってる人が居る場所を目指すことにした。 それはそれとして、どうしてこの猫、声が『若本則夫』チックなんだ? ……謎だ。 ───…………。 階段を降りていくと、ひんやりとした独特の空気に包まれる。 そこは牢獄とは思えないくらい綺麗な場所だった。 別に屋敷の作りと変わらない。 ただ、鉄格子で囲まれた部屋が幾つかあるだけだ。 凍弥 「あれ……メイさんは?」 タマ 「あっちだ、人の子よ」 凍弥 「……あのさ、その人の子って言い方、やめない?」 タマ 「いやである」 凍弥 「野郎……」 ぼやいたところでなにがあるわけでもなく。 俺はタマが促した場所へと歩を進めた。 ──……。 そしてそこに辿り着く。 大きなカプセルと、それに繋がった様々なコードやチューブの数々。 それはまさに、よく漫画やゲームなどである、 『アンドロイド』をメンテするような場所だった。 凍弥 「うわ……なんだこりゃあ」 タマ 「メイ殿の寝室である。故あって、メイ殿はスリープ状態ではあるが気にするな」 凍弥 「気にするなったって……俺が入っていいような場所なのか?」 タマ 「人物識別の結果、貴様はカンパニーの家族であると確認された。     故に、知る権利も入出許可も全自動に了承されているのである」 凍弥 「……なんか複雑だ」 そう呟きながらも、俺はそのカプセルの中のメイさんを見た。 エプロンドレスに身を包みながら、胸の上で手を組むようにして眠っているメイさんを。 ……その姿が、美しいと思った。 お世辞なんかじゃなくて、この時の俺は本気でそう思った。 もちろん浮気の前兆とかじゃない。 きっと、椛が彼女を見ても、俺と同じことを思うだろう。 それだけ、綺麗に見えた。 タマ 「メイ殿はな、時が来たから眠る準備をしているのだ」 凍弥 「時?眠る準備?なんだよそれ」 タマ 「メイ殿は先々代……つまり、カフェイン殿の祖父が研究、開発した存在である。     当然我輩もである。我輩とメイ殿は同時に作られた存在なのだ」 凍弥 「……なんのために?」 タマ 「祖父殿には昔、可愛い娘とそのペットの猫が居たのだ。     名前はメイ=レラミュート=フォン=レイヴナス。     ペットの名前は当然タマである」 凍弥 「どうして当然なのかは不問にしておくよ」 タマ 「そうしてくれると助かる」 助かるらしい。 タマ 「こんな話をするからには察しがつくとは思うが。     メイと、メイが抱いていたタマは研究結果目当ての、     欲に目が眩んだ研究員に攫われてな。     しかし車での移動中、焦りすぎた研究員の車は事故。     メイとタマは帰らぬ人となったのだ……」 凍弥 「………」 タマ 「それからの祖父殿は、まるで何かに取り憑かれたかのように研究を続けた。     カンパニーは貿易をするその裏で、ひとつの研究をしていたのだ。     それが、人間を模して作るレプリキュート・ヒューマンの研究である。     裏、とは言っても、非合法であるわけではない。     そもそも研究を始めたきっかけはメイとタマの死だったのだから。     最初に行っていた研究は薬の研究だった。     しかし、その趣旨が愛娘の死で変わってしまったのだ」 凍弥 「その研究してた薬ってのは?」 タマ 「増強剤……と言うよりは、人の免疫力を活性化させるものだったのだ。     その実績をひとり占めにしようとした研究員の手によって、     祖父殿は絶望を知ったのである」 凍弥 「……そっか」 メイさんが、祖父殿の娘を模した存在だったとは……。 タマ 「このレプリキュート・ヒューマン・システム……通称R・H・S計画は、     祖父殿の愛が完成させたものだった。     祖父殿は完成した免疫力活性剤をないがしろにしてまで、     そのR・H・S計画を続けた……。その結果、我輩とメイ殿が産まれた」 凍弥 「…………でも、それは」 タマ 「そう、祖父殿も途中から気づいていた。     どれほど似せようと、我輩たちはメイでもタマでもない。     彼女とタマが持っていた記憶など、我輩たちには無かったのだ」 凍弥 「それで、そのことに気づいた祖父殿は……どうしたんだ?」 タマ 「それでも完成させたのである。     祖父殿は我輩たちをメイやタマとしてではなく、     新しい命として迎えてくれたのだ。だが───」 凍弥 「……だが?」 タマ 「我輩たちは精密すぎた。大事に作られすぎたのだ。     研究はほぼ、祖父殿ひとりで行っていた。     そしてその祖父殿が亡くなってしまった今、     我らをメンテナンス出来る者が居ないのだ」 凍弥 「……じゃあ。メイさんは……お前は……?」 タマ 「じき、我輩もメイ殿のように眠りにつくだろう。     そして、永久に眠り続けるのだ。いつか、我らを直せる者が現れるまで」 凍弥 「そんな……」 タマ 「なに、気にするな。我輩たちは生きた。そして眠る。     それは『生命』というものがすることと同じことである。     ならばこそ、我輩たちは『生命』だったのである。     メイ殿も我輩も、それを一番に喜ぶであろう」 タマは、猫のくせに笑ってみせた。 目を細め、口を歪ませて。 タマ 「さあ、貴様も戻るがよい。我輩はここで、メイ殿と眠るとしよう。     もし目覚めた頃、また貴様に会えたら───うむ。話相手くらいにはなろう」 凍弥 「……偉そうに」 タマ 「もっとも……その目覚めまでの間、我輩たちが盗まれなければの話だがな」 凍弥 「───それって。泥棒のことか?」 ふと。 閏璃凍弥の記憶から、葉香さんにやられたスパイのことが思い出された。 タマ 「その通りである。この研究、売れば相当な価値となるだろう。     しかし祖父殿はそれをしなかった。     ……作り物とはいえ、娘を売るようなことをするわけがない」 凍弥 「同感だ」 タマ 「もし盗まれ、解体されてしまったりすれば、祖父殿に合わせる顔がない。     それはメイ殿がどこぞの研究員に陵辱されるのと同じことである」 凍弥 「……そう、だよな。だって自分の記憶も意識もあるんだ。     それは……人と同じってことだ。たとえ作られたものだとしても」 だったら。 そんなことは絶対にさせちゃいけないんじゃないか? タマ 「もし我輩たちが盗まれれば、その研究を追及するために必ず解体をするだろう。     それは避けられぬ事実。だから我輩は眠るのだ。エネルギーを散らさぬために。     もし盗まれた時は、この命に換えても……メイ殿を守るつもりである」 凍弥 「お前……───ははっ……猫のくせに格好つけやがって……」 タマ 「猫のくせには余計である」 そう言って、タマはメイさんの眠っているカプセルを開け、その中に入った。 タマ 「すまんな、そこのスイッチを押して、カプセルを閉じてくれ」 凍弥 「呼吸とか大丈夫なのか?」 タマ 「機械に酸素など不用である」 凍弥 「そっか。それじゃ」 スイッチを押して、開いていたカプセルを閉じる。 そこでふと思い立ち、言ってみた。 凍弥 「なあっ、もし誰かがこの研究のことを理解出来てさっ!     お前とメイさんを治せたら───また、以前のメイさんと話せるのかっ!?     それとも記憶とかリセットされちまってるのかっ!?」 タマ 「それはその直す者の腕によるのである。     妙な場所をいじくれば記憶は消えるのである」 凍弥 「そ、そっか……でも、妙なところをいじくらずに直せたら大丈夫なんだろ!?」 タマ 「その通りである。まあ、そのような輩が居ればだが」 シュゥウウ……ン。 カプセルが完全に閉じる。 すると、もう中からの声は聞こえなかった。 タマもそれを知ってか、メイさんの顔の傍で丸くなり、目を閉じた。 凍弥 「………」 これから。 どんな人がどんな研究の果てを見い出すのかは解らない。 けれど、きっと誰かが直してくれると信じてる。 出来ることなら俺がやってあげたいけど、それを研究するには俺には時間が無さすぎた。 だから。 凍弥 「……メイさん。次、目覚める時まで……おやすみ」 そう言って、俺はその場所を離れた。 ───……んだけど。 凍弥 「結局、道が解らないってことは変わらないんだよな」 まいった。 どうしたもんだろうねぇ。 凍弥 「えーと……オチットさ〜ん?」 し〜〜〜ん…… 凍弥 「………」 どうしたもんだろ。 ほんと、まいったな……。 適当に部屋開けて、また着替え中の女の人の部屋だったら困るし。 てゆうかノックしなきゃだよな、まず。 声  「〜〜〜………………!!」 凍弥 「おろ?」 ふと聞こえた声に耳を貸す。 というより、視線を動かした。 どこだ? 凍弥 「………」 耳を澄ますと聞こえる声。 それは……どこか、記憶を刺激する声だった。 凍弥 「……菜苗さん」 そう、菜苗さんだ。 最初に発見した時も、こうして情けないような声を出してた。 凍弥 「どこだ……?屋根の上……ではないよな」 ふむ。 凍弥 「よっと」 でっかい窓を開け、そこから顔を出して眺めてみる。 が、外よりも中に居る方が声がよく聞こえたりする。 ……中? 凍弥 「菜苗さぁーーーん!!?」 声を張り上げてみる。 すると─── 声  「〜〜〜〜〜っ……!!」 声を返すように聞こえる声。 どうやら、声が届く場所には居るようだ。 凍弥 「……さすがに、無視は出来ないよなぁ」 心の中───というか、閏璃凍弥の魂が少し疼いた。 それはなんてゆうのか、わくわくしてるって感じだ。 『また会える』って期待が胸をくすぐるような感覚だ。 凍弥 「───っし!探すしかないっ!」 俺は心に誘われるように走り出した。 ───で、見つけた。 凍弥 「………」 そこはいつか来た大広間だった。 うん、鑼衛門と戦った場所だ。 で─── 凍弥 「菜苗さーん……?なんだってそんな所に……」 菜苗 「あぁあああ〜〜〜……凍弥ちゃ〜〜ん……!!     たぁすけてくださいぃ〜〜〜……!!」 菜苗さんは、以前タライを落とした場所に吊るされていた。 予想は出来るんだけど…… 凍弥 「えっと。もしかして、     またタライを設置しようとしたら自分が吊るされたって……オチかな?」 菜苗 「はぅう……」 ……言い渋ってる。 あの菜苗さんが……ううむ、よっぽど恥ずかしいってことか。 凍弥 「えーとさ、そんなところに居られると届かないんだけど……」 菜苗 「そんなこと言わないで……たすけてくださいぃ〜〜……」 なんとも情けない声だった。 この声聞くと、どうあっても助けたくなるよなぁ……。 凍弥 「ちょっと待って。助っ人を呼ぶから」 菜苗 「助っ人さん……?」 凍弥 「って言っても、志摩兄弟なんだけどね。     えっと……浩介と浩之、どっちがいい?」 菜苗 「浩之さんを〜」 即答だった。 ……どうやら、恋仲になったというのは本当らしい。 いや、確認できたようで嬉しいや。 凍弥 「では、僭越ながら……ゴホンッ!     あぁーーーーっ!!こんなところにとんこつラーメンがぁーーーっ!!!!」 菜苗 「はぅ……?」 必ず来ると信じて叫んでみた。 ───が、なにも起きなかった。 凍弥 「……おかしいな。絶対来ると思ってたのに」 ズドドドドドドドドドド……!! 凍弥 「……お?」 ズザァッ!!ザザザァーーーッ!! 浩之 「何処ォーーッ!?何処ぞ!?と、とんこつ!我のとんこつラーメンは!?」 凍弥 「……ほんとに来てるし」 少し感心した。 さて、滑り込んできた浩之に事情を説明して、菜苗さんを助けることにしようか。 凍弥 「浩之、あのな」 浩之 「とんこつラーメンは!?」 凍弥 「あのな」 浩之 「どこぞ!?どこだ!!」 凍弥 「浩之、あのな」 浩之 「だっ……騙したのか!?おのれ同志!よくも同志!」 凍弥 「……上、見てみろ」 浩之 「上!?上にとんこつラーメンが!?     はっはっは、人が悪いな同志、     まさか我を驚かせようとしてそこまで手を込ませるとは」 妙な勘違いをしつつも、浩之が上を見上げる。 すると、天井に宙吊りになってる菜苗さん。 浩之 「……とんこつラーメン?」 凍弥 「いや、違うから」 浩之 「解っている。つまり我を助っ人として呼んだわけだな?」 凍弥 「そゆこと。ほら、肩貸すから菜苗さんを救出してくれ」 浩之 「了解だ、同志───と言いたいところだが、縄を切れねば救出出来ぬぞ?」 凍弥 「あ、そっか……ナイフとかないか?」 浩之 「ナイフか。うむ、それなら今、懐にしまってある」 凍弥 「おお、用意がいいんだな。じゃ、始めるか」 頷く浩之を肩車し、菜苗さんの真下に立つ。 浩之 「よっ!ほっ!ふんっ!───と、届かぬわ!!」 ……が、菜苗さんが宙吊りになっている場所は意外に高く、それでも届きはしなかった。 菜苗 「浩之さぁ〜ん……」 浩之 「ぬうう……!ま、待っていろ菜苗!必ず我が助けてみせる!」 菜苗 「はい〜……信じています〜……」 何気にいい場面かもしれない雰囲気を醸し出すふたりを、ひとまず引き離す。 浩之 「ぬおっ!?なにをする同志!」 凍弥 「俺達だけじゃ届かないならどうしようもないだろ?浩介を呼ぼう」 浩之 「ぬう……確かにここにあるものじゃあ踏み台にもならぬな……」 太鼓の上に乗るのもいいが、そこで肩車をするにはバランスが悪すぎる。 どのみち、あと人ひとり分くらいの高さは必要なのだ。 凍弥   「はぁ───あぁーーっ!!こんなところに掻き揚げうどんがぁーーっ!!」 浩介   「というより既に居る」 凍弥&浩之『どぉわぁあああああーーーーーーーーっ!!!!!!!!』 散り散り。 俺と浩之は、突如降臨なさった浩介さんから逃げるように散った。 いや、散るように逃げたのか? どっちでもいい、とにかく逃げた。 凍弥 「い、いつの間に……」 浩介 「なに、ブラザーが駆けてゆくのでな、面白いことがありそうなので走った。     ……というのは冗談で、実は目が醒めたらここに居た」 凍弥 「夢遊病かよ」 浩介 「それも冗談だ。あんまりブラザーがドタバタと喧しく走るものだからな、     修正を加えてやろうと追い掛けてきたまでだ」 浩之 「喧しく走る?馬鹿な。我の疾駆はそれはもう冷静沈着だったが」 凍弥 「いや、それ意味がまるで違うから」 菜苗 「ようするに静かだったと言いたいんですよね〜」 浩之 「そう、その通りだ。さすが、菜苗は我のことを解っているな」 菜苗 「はい〜、てんで静かではありませんでしたけどね〜」 浩之 「………」 浩介 「………」 凍弥 「さすが、菜苗さんは浩之のことを解っているな」 浩之 「く、繰り返すな同志!!」 おお怒った。 何気に恥ずかしかったらしく、顔が真っ赤だ。 凍弥 「怒るなよ、ほんとよく解ってるじゃないか、志摩浩之という人物を」 浩之 「馬鹿にされてるようにしか聞こえぬのだが……」 凍弥 「そりゃそうだ、褒めてないから」 浩之 「お、おのれ同志……!」 浩介 「まあそうカッカするな。     とんこつラーメンに誘われて激走した貴様が悪い」 浩之 「なにを言う、とんこつラーメンがあるといわれて黙っていられるわけがない」 凍弥 「俺は黙れるが」 浩介 「うむ、我もだ」 浩之 「ブラザーは掻き揚げうどんで黙れない存在であろうが」 浩介 「当然だ」 凍弥 「いや……お前もそんな胸張って言うなよ……」 浩介 「馬鹿め、好きなものを好きと言ってなにが悪い」 浩之 「我ら、好きなもののために頑張れる修羅なり。貴様は違うというのか同志!」 凍弥 「……───違わないな。ただ、『好き』の意味が違うかもしれない。     まあそんなことより菜苗さんを助けよう。     ずっと宙吊りにさせたまま話すのは可哀相じゃないか」 浩之 「む、当然だ」 俺の言葉にしっかりと頷き、フムと唱える浩之。 さて……この場合、どうやって助ければいいんだろうか? 頭を捻るように。 しばらく俺と志摩兄弟は思考を回転させることにした。 Next Menu back