*ストーリー的な何か

 親には愛されなかったけれど妹を大事にし、友人も大切に思っていた少年。
 高校17の歳、友人でもあり好きな相手であった同級生に告白するも、ある事情のためにフラれ、その上クリスマスの夜、妹のためにプレゼントを用意したところで、トラックに轢かれて死んでしまう。

 そんな少年に神様……ではなく、天秤の悪魔を名乗るロリ……もとい、おねーさんから声がかかり、「キミ、哀れだから別の世界で生きてみ?」といった軽い感じで別世界へ。
 病というものを嫌った彼は、癒しの能力とお金を貰って、静かだけど普通な生活を求めた……筈だったのだが。

 *脳内に現れた消化しきれないモヤモヤを文章に起こして発散させるための小説です。どうぞお気になさらず。


第一話【大声で“奴隷を買う”なんて、アータ……】 第二話【癒しを願った人が強いわけないじゃない】 第三話【18歳の誕生日、コボルトなライバルと】 第四話【敵を仲間に出来るシステムは素晴らしい】 第五話【自然の精霊は暴力的】 第六話【お互いお金には苦労しますね】 第七話【タイトル回収。奴隷とともに生きなさい】 第八話【能力は使ってこそ。そりゃそうです】 第九話【戦いに慣れましょうぜ。ちくちくと】 第十話【応用は発想次第。殺さず活かそう】 第十一話【順調に行っている時ほど世界って残酷だよね】 第十二話【大事の前の小事より後の小事の方が気力を使うよね】 第十三話【精霊は二人居るから気をつけようね】 第十四話【五臓六腑が美味しいとあの娘ははっぴぃらしい】 第十五話【好物を食べると元気が出ますね】 第十六話【仲間は多くても六人あたりが丁度いい】 第十七話【筋トレを三日でやめた? 三日からが本番さ!】 第十八話【傷ついても超がつくほど回復できる筋肉のような関係】 第十九話【才能の文字を忘れて好きなものを楽しむのは最高】 第二十話【目標を固めても世の中思い通りにはいかないよね】 第二十一話【なんで新たにPTを結成すると一歩目でトラブルが発生するんだろ】 第二十二話【守れる人にはなっても、守りすぎる人にはなっちゃダメ】 第二十三話【水っぽくてしっとりしててつやっぽくて】 第二十四話【18歳のジョージ】 第二十五話【依存から始まる何かがあってもいいじゃない】 Menu