───変愛(へんあい)───
悠介 「ひ、日余だぁっ!?」 彰利 「ギャア馬鹿!声でけぇって!」 悠介 「お前、さっき俺をシールドに使うほど避けてたじゃねぇか!」 彰利 「照れ隠しだ。     俺は自分の恥ずかしさを発見されるくらいなら喜んで人を盾にするぞ」 悠介 「威張って言えることか!」 彰利 「言うね、俺は、絶対」 悠介 「ああハイハイ、そこで倒置法が来ることくらい読めてたよ。     で?もう日余に告白して玉砕したから盾に使ったのか?」 彰利 「お前の中で俺はもう玉砕してるんかい!」 悠介 「……違うのかっ!?馬鹿な!」 彰利 「馬鹿な、ってなんだよ!ひでぇやダーリン!」 悠介 「冗談だ、10分の1くらいは」 彰利 「うわぁ真実が含まれすぎてる!」 悠介 「それで?告白する気は?」 彰利 「う、むう……いまさらなんだよなぁ。自分の気持ちに気付くのが遅すぎた」 悠介 「いまさら?付き合ってたことでもあるのか?」 彰利 「んー……あるっちゅうたら……まあ、あるに部類するんやろなぁ」 どうして口調が変わるんだ? 真面目に話す気はあるのだろうかこの馬鹿は。 彰利 「まあその話は置いといて。告白するってのもまた別問題なんだよな」 悠介 「お前なら軽く出来ると思うんだが」 彰利 「俺だって人の子ぞ?こういう時はハラハラもんだぞ」 悠介 「そうなのか?知らなかった」 彰利 「珍獣みたいに見られてたんだな、俺って。まあいいや、その通りだ」 納得するんかい……。 彰利 「そこでさ、日々常々に女をハベらしてる悠介に指南をしてもらおうと」 ボグシャア! 彰利 「デッファアッ!」 悠介 「他に言うことは……?」 彰利 「い、いや……言い方がマズかった……女ったらしの手練手管の悠」 ドバァン! 彰利 「ランブラァッ!」 悠介 「言っておくけどな、俺はそんな風に思ったことなんてないんだよ。     だから残念ながらお前の言う『恋』だの『愛』だのは理解出来ないね」 彰利 「な、なにぃ……別の次元において、あげにルナっちといい雰囲気だったのに」 悠介 「───そうなのか?」 彰利 「うむ、ちょっくら覗いたらそうだった。だからてっきりこの時代でもそうかと」 悠介 「いや、残念ながらそういうことはないな」 彰利 「……ふむ、だとするとゼノ戦の時にルナっちの接吻を阻止したのが利いたのか」 悠介 「うん?なんか言ったか?」 彰利 「いやいやなんでもねぇ。人生ってのはおもろいのう」 悠介 「?」 彰利 「……ふう、ちょっとは落ち着いたな。よし、メシでも食いにいきますか」 悠介 「よし来た、何処で食う?」 彰利 「学食か外か悠介の家か俺の部屋か。むう、悩みが尽きねぇのぅ」 悠介 「学食でいいんじゃないか?パン買って食うって方法もあるけど」 彰利 「んー……昼になってからもう時間が結構過ぎてるな。     この時間じゃあツナ焼きそばパンは無理だ。せいぜいうぐいすパンくらいだな」 悠介 「ここに届けられるうぐいすパン、不味いんだよな」 彰利 「そうそう。ありゃダメだよ。どうにも美味と不味の落差が激しすぎる」 悠介 「ということは、だ」 彰利 「うむ、学食に決定!うっしゃあうどん食うぞうどん!     ここのかき揚げうどんは格別じゃからのう!」 悠介 「金は?」 彰利 「おう!実は今月もうピンチなんだ!立て替えてくれ!」 悠介 「威張って言うな!……まあいいけどな、いい話聞いたし」 彰利 「うっしゃあそうと決まれば善は急げだ!強ッ襲ッ!!学生食堂!」 高らかに叫びつつ、何故か千鳥足で走り出す彰利。 ……な〜んか、無理にハジケてるように見えるんだよなぁ。 彰利 「食券、オッケイ。右良し左良し。うっしゃあ突貫ーッ!」 学食に来た俺達はさっそく食券を買った。 なんだかんだで俺も久々に食うことになるかき揚げうどんに心ウキウキだ。 彰利は相変わらずで、意味不明に左右確認をしたのちに走った。 こんなところで車に轢かれるわけでもないのにドグシャアッ! 彰利 「ぐわぁーっ!!」 あ、轢かれた。 牧田 「やべぇよ!もう授業始まるぞ!」 賀川 「言ってる場合か!走れよ!」 中村 「おい!さっき誰か突き飛ばさなかったか!?」 賀川 「言ってる場合じゃねぇって!次の時間、鶴本だろ!?またイヤミ言われるぞ!」 どどどどど……。 …………。 走る男供は去り、やがてそこに残ったのは無残に倒れた彰利だけでした。 めでたしめでたし……。 彰利 「めでたくねィェーッ!!     ああくそ!なんてこった!俺の食券が踏まれてグシャグシャだ!」 悠介 「コレ、ちゃんと作ってくれるのか?」 彰利 「こりゃ無理。絶対無理。金田がやった方法と同じ感じだ。造形が一緒すぎる」 悠介 「金田?っていうと……ああ!あの偽食券事件か!」 彰利 「そ。購入した食券をコピーして作った偽事件のアレよ。     当日しか有効期限のないものをコピーしたんだ、当然そのまま出せばバレる。     ところが金田は日付の部分を丁寧に変えて、バレないように踏んでから出した。     踏まれたからって言えばそこまで怪しまない上に、     忙しい学食のオバサンとしてはじっくり見る余裕もない。     金田の発想も良かったと思うよ。     1日の日付を4日に変えたり、部分的に削って数字を書いてコピーしたりして。     あれじゃあじっくり見ない限りはバレはしない」 悠介 「あれは恐れ入ったよな。     あそこで金に目がくらまなけりゃずっと食っていけたのに」 彰利 「偽食券売買事件だろ?あれはヤバイだろ。あんなことすりゃ噂は流れるよ」 悠介 「結局バレて停学くらって学食侵入禁止の烙印まで押されたしな」 彰利 「あらいざらいの尋問に渋々と事の荒様を話ちまたからなぁ。     こういう食券出すと作ってくれねぇぞ?」 悠介 「だろうな。ホレ、これやる」 彰利 「え?いいの?」 悠介 「まあアレだ。なんだかんだ言っても友人の吉報を聞くのは悪くない。     それの祝いみたいなもんだよ。……成功するかは別として」 彰利 「うわヒデェ!一言多いよチミィ!でもサンキュウ!ありがたく頂く!」 彰利は俺から券を受け取ると、嬉しそうに駆けていった。 まったく呑気なものだ。 でもまあ、悪くない。 悠介 「さてと、かき揚げうどんを───」 『売り切れ』 悠介 「───…………」 彰利 「オヴァチャーン!これ作っておくれー!オヴァ」 ドボォッ! 彰利 「ゴメェス!」 バッ。 彰利 「ややっ!?俺の食券が!」 悠介 「これを食らえ。うどんは俺が頂く」 彰利 「コレ?ああ、まあおごってくれるんだから贅沢は言わんが。     なんの食券だ?えー……カオヤイ・ソンチャム!?」 悠介 「トムヤムクンだ」 彰利 「あらホント。ってどうして学食にトムヤムクンがあるんだよ!」 悠介 「あったんだから仕方ないだろ」 彰利 「ぬう……ていうかもっと普通の買わなかったの?なんでトムヤムクンなの?」 悠介 「おごりってのはモノを選べるから面白いんじゃないか」 彰利 「……悠介、それって罰ゲーム的……」 悠介 「そう言うな。メニューにあるってことは食えるってことだ。     そう不味くはないだろ、食ってみてくれ。     不味かったら追加で好きなもの注文しろ」 彰利 「おお太っ腹。お言葉に甘えましょう。って訳でおばちゃん、トムさんね」 調理人「ああ、彰利かい。あいよ、待っといで」 彰利 「望むところだ」 調理人「相変わらずヘンな子だねぇ」 彰利 「任せてくれ」 調理人「悠介はどうすんだい?」 悠介 「俺はかき揚げうどん。ほい、食券。あ、それとさ。     これさっき馬鹿供に踏まれたんだけど、使えるかな」 調理人「ああ、大丈夫だよ。見てたからね」 彰利 「うわ、そうなん?」 調理人「こっちも作るのかい?」 悠介 「ああ、よろしく」 調理人「あいよ、すぐ出来るからね」 彰利 「ほい。そんじゃ悠介、どこ座る?全席どこでもオッケーぞ?」 悠介 「そうだな……ん?いや、誰か居るみたいだぞ?」 彰利 「オウ?って、マジだ。女だな───ってギャア!こゆっ……日余じゃん!」 悠介 「ギャア、ってどした?」 彰利 「いや、心の準備が」 悠介 「よし、相席しよう。それがいい」 彰利 「イヤァ待って!こんなに席が空いてんのに相席なんて失礼でしょ!?」 悠介 「失礼なもんか。俺は日々、人との付き合いを重んじてだな」 彰利 「うわぁ!日々常に人を避けている人が言う言葉じゃねぇ!     面白がってるだろ!お前絶対面白がってるだろ!」 悠介 「日余〜、一緒に食わないか〜?今なら漏れなく馬鹿者を同席させるが」 彰利 「顔がニヤケてるぞ悠介!お、俺の目を見ろ!」 悠介 「オッケーだってさ。ほれ座ろう」 彰利 「ゲゲェーッ!」 キン肉マンのキャラのように叫ぶ彰利をよそに、俺はさっさと席に着いた。 彰利 「ゲッ!コ、コレ悠介!そこは俺が座りたかった───」 悠介 「早いモン勝ちだ。日余の横が空いてるだろ?」 彰利 「こ、こんガキャ……!人が驚いてる内に計を成しおって……!」 粉雪 「ふたりとも随分と遅い食事なんだ」 悠介 「遅いって言っても、学食は大体この時間だよ。     どうせ授業にも出ないから時間なんていつでもいいんだけどね」 粉雪 「そうなんだ……」 悠介 「そういう日余は?」 粉雪 「うん、ちょっと気分が滅入ってて。サボっちゃった」 悠介 「ほほう」 彰利 「まあ義務教育抜けたらもう学力十分だろ、のんびり食おう」 悠介 「ミズノおばちゃんも人が良いから材料が切れてない限りは作ってくれるし」 彰利 「そうそう。おばちゃんは学食界の鏡ぞ。     それを金田の野郎、騙すようなことしやがって」 悠介 「結局、情報掴んで撲滅したのってお前だもんな」 彰利 「あら、バレてたん?」 悠介 「ミズノおばちゃんから聞いた。     ほら、一度サービスしてもらったことあっただろ?あの時」 彰利 「あー、そういやミズノスペシャルご馳走してもらったっけ。     あれがまた、どえらいくらい美味いのなんのって」 粉雪 「ミズノスペシャル?」 悠介 「この学校に通う者でも限られた人しか食せないミズノおばちゃんのお持て成し。     食せない、ってのは変か。食したことがないって言った方がいい」 粉雪 「へぇ……」 彰利 「もうアレ食ったら自分の料理が霞むぜ?敵わねぇのよ、マジで」 粉雪 「晦くんも食べたの?」 悠介 「……完敗だった。あれより美味いものなんて食ったことがないし作れない」 粉雪 「うわぁ……」 彰利 「ミズノおばちゃんてば最強よ。俺が認める」 悠介 「お前が認めたところでどうにもならんがな」 彰利 「て、てめぇ人が心美しく語ってるのにそりゃヒドイじゃない!」 ミズノ「はいよ、お待ち」 悠介 「あっ……おばちゃん、言ってくれたら取りに行ったのに……」 ミズノ「いいんだよ、こういうことまでやってこそ、女冥利に尽きるってもんさ。     ……おや、アンタ彰利の知り合いだったのかい?」 粉雪 「あ、はい、一応」 ミズノ「そうかいそうかい、この子達が他の生徒と居るなんて珍しいからね。     アンタ、名前は?」 粉雪 「日余粉雪っていいます」 ミズノ「粉雪ちゃんね。よし憶えた。     粉雪ちゃん?これからもこの子達と仲良くしてやっておくれね」 彰利 「ちょ、ちょっとミズノおばちゃん……」 ミズノ「あたしが言うのもなんだけどこの子達は良い子だよ。     周りがとやかく言うのがおかしなくらいさ。     そりゃあいろいろと問題はあっただろうさ。     けどね、徒党組んでアレコレ言う割に実行力の無い馬鹿どもに比べれば、     この子達はあたしの子供のようなもんだよ、カワイくって仕方ない」 悠介 「お、おばちゃん……」 ミズノ「なに照れてんだい、しゃんとしな。あたしゃ嘘は言わないよ」 彰利 「───ありがと、おばちゃん」 ミズノ「聞けばふたりとも親が居ないらしいじゃないか。     そんな子なら問題のひとつやふたつ起こさなくちゃ男じゃないんだよ。     あたしゃむしろ、こう手のかかりそうな子の方が好きだよ」 わしゃわしゃっ! 彰利 「わぷっ!ちょ、ちょっとおばちゃ」 ミズノ「おかあちゃんて呼んでいいって言ってんのにちっとも聞きゃしないんだよ、     まったく困った子達でねぇ、あはははははっ!」 粉雪 「───」 ミズノ「じゃ、ゆっくりしていっとくれよ。どうせ授業には出ないんだろう?」 彰利 「さすがおばちゃん、解ってらっしゃる」 ミズノ「義務教育卒業した時点でとやかく言ったりするもんかい。     人様に迷惑かけない程度に好きにやればいいんだよ。     あたしだったらそう育てるね。捻じ曲がったらその時は叩き直してやるわ」 悠介 「ははっ、おばちゃんらしいな」 ミズノ「甘く見るんじゃないよ、どれだけお前達の面倒見てると思ってんだい」 悠介 「違いないな」 彰利 「いつまでも健康でいてくれな。卒業しても食いにくるからさ」 ミズノ「やだねぇ気が早いんだから。卒業っていったってまだまだ先じゃないか」 彰利 「まあまあ、言いたいことは言わせてよおばちゃん」 ミズノ「はいはい、冷める前に食っちまいなさいよ。     冷めた料理食わせるほど、馬鹿な商売してないんだからね」 彰利 「ほい、いただきます」 ずず……ずるずる。 彰利 「おほー!やっぱおばちゃんのうどんはツユが違うね!」 悠介 「ああ、こりゃ市販じゃあ出せない味だ」 粉雪 「へぇ……」 彰利 「お、そうだそうだ、トムヤムクン食ってみるか」 悠介 「よしいけ」 彰利 「『よしきた』じゃないの!?」 悠介 「ミズノおばちゃんのメシが不味いわけがないが、念には念を、だな」 彰利 「くっ、言ってくれるぜ」 なにがだ。 彰利 「でもまあ不味いわけがない。どれ……」 しゃくっ。 彰利 「……お?なんだ、辛いモノかと思ってたらそうでもないんだな……。     しかも結構イケる。美味いじゃん」 悠介 「へえ、辛いものじゃないのか?俺もてっきり……」 しゃくっ。 悠介 「……ほんとだ、辛いどころかさっぱりしてる方だ。へぇ〜、やるもんだな」 しゃくしゃくしゃく。 彰利 「ああこらっ!これは俺が押し付けられた料理だろうが!     お前はうどんだけすすってろよ!」 悠介 「黙れスダコ!金払ったのは俺だろうが!」 すぱんっ! 悠介&彰利「いだっ!」 ミズノ「小さいことで喧嘩してんじゃないよ。     少し多めに作ったから好きなだけ食ってきなさい」 彰利 「おお!話が解る!さすがミズノおばちゃん!」 悠介 「ごちになります!食うぞ彰利!」 彰利 「おうよ!」 しゃくしゃく!ずるっ!ずずずずっ! ミズノ「………」 粉雪 「……?」 ミズノ「おかしな子達だろう?普段自分を隠してるくせに、     こういう時になったらなったでまるっきり子供なんだよ。     こんなふたりを見るのは初めてなんじゃないかい?」 粉雪 「そう、ですね。少なくとも晦くんはこんな風に勢いに乗る人じゃないです」 ミズノ「だろうね。なんだかんだ言って、親が居ない子ってのは寂しがり屋なもんだよ」 粉雪 「………」 ミズノ「ほら粉雪ちゃん、アンタも食いな。この勢いじゃあ10分ももたないよ」 粉雪 「は、はいっ」 しゃくっ。 粉雪 「わ、美味しい!」 ミズノ「当たり前だよ。あたしがふたりのために気合入れて作った料理なんだ。     不味いなんて言ったら放り出してるさ。     どんどんおあがり、まだまだあるよ」 粉雪 「はいっ」 がつがつがつがつがつがつがつがつ! 粉雪 「うわ早ッ!」 彰利 「こゆっ!水ッ!」 ずいっ! 粉雪 「えっ!?そ、そんなの自分で」 悠介 「ひあっ!水ッ!」 粉雪 「え、えぇ〜……?の、残しといてよ?わたしのも……」 とたとた……。 カシュー……コポコポ……。 粉雪 「ば、ばかだぁ……。なにやってんだろわたし……」 とたとた……。 がつがつがつがつがつがつがつ! 粉雪 「はい、おみ」 がっ! ごっふごっふごっふごっふ!だんっ! 彰利 「ぶはぁっ!」 悠介 「くあはっ!こたえられん!」 がつがつがつがつがつがつ! 粉雪 「ちょ、ちょっとわたしのも残しておいてって」 悠介&彰利「なにっ!!?」 粉雪 「な、なんでもありません……」 彰利 「おばちゃーん!皿空いたよー!次つぎー!」 ミズノ「はいよ、催促はいいからよく噛んでお食べよ」 悠介 「噛んでる噛んでる!丸呑みなんてもったいないこと出来ないよ!」 彰利 「おばちゃん次ー!」 ミズノ「はいはい」 コトッ。 ミズノ「はいよ、ほらほら粉雪ちゃんも食べなさいな。     あと一皿分くらいしかないから、次で最後になるよ」 粉雪 「だ、大丈夫ですよきっと。うどんもあるし、そこまで食べられないでしょ」 ミズノ「なに言ってんだい、この子達はいつもこの倍以上は平気で食べるよ」 粉雪 「なっ───」 彰利 「あら次で最後なん?どうする悠介」 悠介 「追加だ……追加しかねぇ!おばちゃん!日替わり定食追加!」 ミズノ「あいよ!任せときな!」 悠介 「食うぞ彰利!」 彰利 「うっしゃあどんとこいやぁ!金貸してくれ悠介!食券買ってくる!」 ミズノ「かまやしないよ!好きなだけ食ってきな!」 悠介 「えぇっ!?いいの!?」 彰利 「うわぁおばちゃん最高!じゃんじゃん持ってきてー!」 粉雪 「…………」 彰利 「ホレ食えこ───日余!食わなきゃ一生モンの後悔だぞ!」 粉雪 「う、うん───」 しゃくしゃく。 粉雪 「わぁ、やっぱり美味しい。すっきりした味なのにどこか濃厚でちょっぴり辛い」 彰利 「感想ばっか述べてたら無くなるぞ!食え!感想なんぞは食後で十分じゃい!」 粉雪 「う、うんっ!」 しゃくしゃくしゃくっ。 がつがつがつ! 悠介 「あ」 彰利 「ん?」 悠介 「そうそう、そうだよ。あのさー日余、彰利のヤツが話があるって」 彰利 「キャーッ!?」 がぼっ! 悠介 「ウゴッ!?」 彰利 「ウゴ・ルーガ」 悠介 「───」 しゃくしゃくしゃくっ!もふもふっ!ごくんっ! 悠介 「なにすんじゃい!熱いだろうが!」 彰利 「おぬしこそ何ぬかしとんじゃい!」 悠介 「別に俺はお前の成功を祈ってだな」 彰利 「だったら目ぇ見て話せ」 悠介 「……だってさぁ、こんな面白い話を先延ばしする手はないだろ?」 彰利 「やっぱッ……面白がってたのかこの野郎ッ……!」 悠介 「まあまあ、そう血管ムキムキにせんと。落ち着いてみろ」 彰利 「だったら茶化すなよ!」 悠介 「バカヤロォ!友人の恋路ほど面白いものなんてあるかよ!     死ぬまで続くなら死ぬまで茶化してやるわ!」 粉雪 「恋……路……?」 彰利 「ゲェッ!ちゃっかり語ってやがった!」 粉雪 「え……なに?好きな人居るの……?」 彰利 「え!?あ、や、俺はだなっ!」 悠介 「いやーこいつがねー」 ぐしぃっ! 悠介 「おうぅっ!」 彰利 「な、なんでもないぞ!なんでもない!」 悠介 「ってぇな!なにしやがる!つま先には神経が集中してるから痛いんだぞ!?」 彰利 「うっせぇたわけ!人事だと思ってお楽しみになってんじゃねィェーッ!」 悠介 「やるかコラーッ!」 彰利 「おう!やったろうじゃねぇの!」 ミズノ「はいよ、お待ち」 悠介&彰利「待ってました!」 粉雪 「……え?」 悠介 「うっしゃあ食うぞーっ!って……えぇっ!?」 彰利 「もう死ぬほど───ギャア!」 粉雪 「…………」 ミズノ「ほら、やっぱり子供だろう?ケンカしててもご飯が出来ればすぐに忘れる。     単純なんだよこの子達は。まあそこがカワイイんだけどね」 彰利 「こっ、これ……これはぁあああああっ!!」 悠介 「す、すげぇ!まさかまた拝めるとは……!」 粉雪 「?」 ミズノ「ほら、お食べよ粉雪ちゃん。     これが我が家に伝わる至宝の味、ミズノスペシャルだよ」 粉雪 「え?こ、これが!?だってこれ、朝食とかによくでる日本食じゃ……」 彰利 「チッ……これだからトーシロは……」 ゴリャアッ! 彰利 「うぎゃあっ!」 悠介 「食べてみれば解る。俺達が普段、どんなものを食べてたのかが」 彰利 「ううう、なにも足を磨り潰すが如く踏まんでも……」 粉雪 「………」 ミズノ「まず味噌汁を少しすすって舌に塩分を馴染ませる。     次にご飯を軽く噛んでから漬物、焼き魚の順に食べとくれ。     あとは好きな順に食べてかまわないよ」 彰利 「い、いただきまぁす!」 ぱくっ。 彰利 「───くっはぁあっ!やっぱ美味ぇ!おばちゃん最強!」 ぼかっ! 彰利 「いたいっ!」 ミズノ「先に味噌汁って言ったろう!まったくこの子は!」 彰利 「ゲェーッ!しまった!」 悠介 「ふん、馬鹿めが」 彰利 「やかましい!今日の悠介、口悪いぞ!」 粉雪 「先にお味噌汁……次にご飯、漬物、焼き魚───……ぁ……?」 彰利 「お、なったなった」 悠介 「この瞬間がたまらなく幸せなんだよなぁ」 彰利 「お次は?」 悠介 「もちろん涙!」 粉雪 「……あ」 彰利 「ビンゴッ!」 悠介 「やっぱ出るよな涙!美味いんだこれが!」 ミズノ「出る、ってことは……そうなのかい。     粉雪ちゃん、あんた、ご両親が居ないね?」 悠介 「あ───そっか、そうだった」 彰利 「うわ、そうだった」 粉雪 「……懐かしいです、単純に言って。     これほど思い出が溢れる料理なんてありません。     とても作れないし、食べたこともない。……言ってた意味が解りました」 悠介 「そうなんだよ、食べたことない筈の味なのに懐かしいんだよ。     矛盾点なんだけど幸せでしょうがない」 彰利 「俺もこれ食って涙出たときにおばちゃんに両親が居ないね?って言われた時、     ほんとに心底驚いたからなぁ。おばちゃんスゴイよ」 ミズノ「毎日毎日外国が開発した料理ばっかり食べてても、     日本人に生まれたからには血が憶えてるものさ。     あたしはその血に訴えかけただけだよ。いわゆるお袋の味ってやつだね。     これで泣ける子は今まで親の味を知らなかったってことさ」 粉雪 「───」 彰利 「考えてみりゃさ、晦神社ってある意味孤児院だよな」 悠介 「言うな……」 彰利 「俺らと関係の深いヤツらってみんな親居ないし」 悠介 「姉さんは微妙だな。確かに居ないけど、最近だし」 彰利 「母親と一心同体な厄介モノも居るしなぁ、はっはっは」 悠介 「おばちゃん、ご飯おかわり」 ミズノ「はいよ。彰利は?」 彰利 「ちょい待って」 がばがばがば。 椀のご飯を一気に掻っ込む彰利。 彰利 「ウィ」 ミズノ「粉雪ちゃんは───まあ、さすがにまだだね。どんどんおあがり。     あたしゃ美食家なんぞに出す綺麗な食べ物なんて出しちゃいないんだ。     がぶがぶ食いな。行儀なんてどうだっていいよ」 粉雪 「は、はぁ……」 もっちゃもっちゃ……。 彰利 「こわっぱめが……」 彰利が独特な咀嚼を披露し、柳生十兵衛の真似をした。 俺は俺で、自分でセルフウォーターを持ってきて一息つく。 日余は状況についてこれていないようだった。 まあ当然か。 彰利 「FUUUM、今日はいい日だ」 悠介 「なら勢いで言ってみたらどうだ?巧くいくかもしれんぞ」 彰利 「ありえねぇ」 悠介 「そうか?第三者から見て、結構イケそうなんだけどなぁ」 彰利 「無理無理絶対無理。このマイハートは墓まで持っていくと決めたのだ」 悠介 「ほほう?それじゃあなにか?     お前は豆村のために自分の気持ちを墓まで持っていくと?」 彰利 「豆……って馬鹿ッ!そ、そんなんじゃねぇっすよ俺っちは!」 悠介 「はっはっは、照れるな照れるな。どーせお前に恋愛など無縁だ。     そしたら頼みの綱は豆族の繁栄しかないわけだろ?」 彰利 「悠介サン!キミ今どえらいこと言ってるって気付いてる!?」 悠介 「なにがだ?」 彰利 「いや、気付きようがないか。忘れてくれ」 粉雪 「豆?」 悠介 「いや聞いてくれよ日余、こいつってば」 ぐしぃっ! 悠介 「ぐおぉっ!」 彰利 「なんでもない。気にするな」 悠介 「足踏むな!」 彰利 「人の悩みに憑け込むな!」 粉雪  <……なんだろう、嫌なホドにハイだ……。立場が逆になってる……> 悠介 「おや、元気ないようで。なにかありましたかね?」 粉雪 「……ここに来るといつもこうなの?」 悠介 「ん?ああ、そういうことか。はっはっは、多分にそう思うぞ俺は」 粉雪 「………はぁ」 ミズノ「はいよ、おかわり」 コトッ。 彰利&悠介「待ってました!」 がつがつがつがつ! 粉雪 「………」 ミズノ「おやおや、ついていけないようだね」 粉雪 「雰囲気っていうか場の流れが読めないです……」 ミズノ「その内に慣れるよ。ああ、彰利、悠介、料理はそれで最後だから。     ありがたく食べなさいよ」 彰利 「モッヘン!(訳:オッケン!)」 悠介 「ヴエッファーッ!(訳:イエッサー!)」 ミズノ「やれやれ……」 粉雪 「───……なにやってんだろわたし……」 彰利 「メシ食ってんのよ!」 悠介 「美味いもの食ってる時にブルーはいかんなぁ!食え!いいから食え!」 粉雪 「晦くん、キャラ変わってる」 悠介 「ふはははは!俺は常時こんな男だー!はぁはははははっ!」 粉雪  <ダメだ……壊れてる……。     本質がコレだとしたら、彰利と気が合うのも頷けるわ……>   注:気が合ってるかどうかは微妙の極みです。 彰利 「うっし、ごっそさん!」 悠介 「ごちそうさん!」 だだんっ! 粉雪 「早ッ!?」 彰利 「あ〜、食した食した〜んぁ」 悠介 「ああ、俺は幸せです」 粉雪 「もっと味わって食べればよかったのに」 彰利 「たわけ、熱い内に食べないで何が日本料理か。     ああでも、おべんととして作られた自家製オムスビは冷めても美味よね。     海苔で包んでありゃあ味が染みて最強なのよ」 悠介 「解る解る、でも冷めるとちょっと水分が多いんだよな」 彰利 「味がちょっと薄くなるのが難点だな。     その分俺は塩を少し多めに付けといてさぁ」 悠介 「ああ、それ俺もやったやった」 彰利 「苦肉の策だよなー、結局水分で流されちゃってさー」 悠介 「ヤケになって付けすぎたら今度は辛くて食えたもんじゃなくてさー」 粉雪 「───」 彰利 「ん?どした?ボケィェとして」 粉雪 「……うん、友達だなぁ、って。ていうかボケィェってなに?」 彰利 「ッイー質問ですッ!」 どっかで見たような構えと言葉を放つ彰利。 彰利 「ボケィェとは古代ギリシャ語で」 粉雪 「ウソはいいわ」 彰利 「ツッコミ早ェよ!もっと引き伸ばしてくれなきゃ語りようがないじゃない!」 粉雪 「アンタのボケに付き合ってたら生涯身を滅ぼすわ」 悠介 「…………」 彰利 「……な、なにかね悠介くん。そのニヤニヤした顔は」 悠介 「別に?なんでもないが。ほら日余、早く食わないとホント冷めるぞ」 粉雪 「あ、う、うん……」 もふもふ。 彰利 「……漬物ひとつ貰っていいか?」 粉雪 「いいよ、べつに。美味しいけどお腹が追いつきそうにないから」 彰利 「センキュウ!そんじゃ遠慮なく」 ひょいパクッ。 彰利 「ふぅううんぬぅうううぉおおおッ…………モロキュウ!」 ギシャア! 彰利が瞬間的に目を輝かせた。 が、治りきっていなかったのか、すぐに消滅。 力が足りなかった所為か、顔が光らなかったのは。 彰利 「だめだ、もはやアホやる余力も無いな」 悠介 「そんなもんに精魂尽きさせるなよ」 彰利 「ふふん、一理はあるがそれ以上はない解答だな。だがその通りだ」 悠介 「どっちじゃい」 彰利 「ままま、んなこたぁどうだってよかギン。     それよかさ、これからどうするかを決めよう友よ」 悠介 「告白したらどうだ?」 彰利&粉雪「ブッ!」 おおう、噴き出した。 なんてお下品なんザマショウ。 彰利 「お、おおおお前なぁ!どうしてそう直球の時は直球すぎるんだよ!」 悠介 「失礼なヤツだな、     俺はお前のために恥じらいを背負って言ってやってるんじゃないか」 彰利 「ビッグお世話!ジャイアントお世話!」 粉雪 「え……っと、弦月くん、好きな子がいるんだぁ……」 うわ、コメカミがピクピク痙攣してる。 ……ん?てことは……? 悠介 「…………」 アホみたいじゃないっすか俺。 彰利 「あー、あ、いや好きなっていうか、なぁ。あ、ほら、アレ、なわけで……」 悠介 「日余、まずは食ってしまいなさい。話はそれからで」 粉雪 「う、うん……」 もふもふ。 彰利 「は、はふぅ……」 彰利がアイコンタクトで『助かったぜブラザー』と言ってウィンクをする。 が、事の発端が俺であることを思い出し『貴様憶えてろよチクショイ!』とウィンク。 どうしてウィンクするのかがまず理解出来なかった。 粉雪 「ごちそーさまでした」 食べ終えるとポムと手を合わせる日余。 実にグッドだ。 彰利 「今日のお前、明らかに変だゾ」 悠介 「心を読むな。ていうか『だゾ』じゃねぇ。むしろお前に変とか言われたくねぇ」 彰利 「うーわーそこまで言う?」 悠介 「気にするな。……うっし、トレイは俺が片付けてくるわ。     ───それじゃあ、あとはお若いのに任せて……」 彰利 「あっ!て、てめぇっ!」 悠介 「はっはっは、一度言ってみたかったんだよ今のセリフ。そんじゃな」 とたとたとた…… 悠介 「おばちゃーん、トレイここ置いとくよー」 ミズノ「あいよ。あ、ところで悠介?」 悠介 「うん?なに、おばちゃん」 ミズノ「あのふたり、どう思う?」 悠介 「どう、って……フフフ、さすが、Ω高い」 ミズノ「それを言うなら『お目が高い』だよ。でもそうかい、悠介も気付いたかい」 悠介 「気付いたっていうか彰利に相談されまして」 ミズノ「ほうほう、なんだい、それじゃあ相思相愛なんじゃないか」 悠介 「やっぱりそう思う?」 ミズノ「だってあたしも粉雪ちゃんに相談されたんだよ」 悠介 「……ブッ」 ミズノ「あっはははははは!こ、これは見物だねぇ!」 悠介 「ははははは!いやいやまったく!」 ミズノ「それじゃ、うまくいったら経緯を教えるんだよ?金額はそれで負けたげるから」 悠介 「フッフッフ、おばちゃんもワルよのぅ……」 ミズノ「伊達や粋狂でおばちゃんやってるわけじゃないのよ……」 一緒になってクククと笑い合う。 端から見れば異常以外の何物でもないことは身に染みて解っております。 悠介 「そんじゃあ俺は影ながらこっそり見守るよ。おばちゃん、ごちそうさまね」 ミズノ「またいつでもおいで。残り物でも料理が作れることを証明したげるよ」 悠介 「ウィ、それじゃ」 俺は話を切り上げてさっさと学食をあとにした。 どうして様子を探らないかって? フフフ、それは彰利の盗聴機をテーブルの裏に貼りつけておいたからよぅ。 これぞ『天城小次郎作戦』だ。 ペンを落としてから付けたかったものだが、まあいいコテ。 悠介 「さてとー、どこか落ち着いて聞ける場所でも探すかなー、って屋上が一番か」 それなりの用意もしてきた。 グッズ関連はルナに持ってきてもらうからオッケイよぅ! ああ、なんだか最強に面白い。 Next Menu back