───書割(かきわり)───
悠介 「と、いうわけで。特別ゲストの紅水穂さんと」 水穂 「どうもです」 悠介 「高崎恵さんです」 高崎 「……どもです」 高崎さんはまだボケラ〜としている。 高崎 「ああ、まあ……なんですか……?     死神や吸血鬼に比べれば……     異能力持った人間なんてやさしいもんですよねぇ、あははは……」 うおう、結構ヤケッぱち。 水穂 「それで、先輩。ボク達は何を?」 高崎 「水穂ちゃ〜ん……賛同してよ……お願いだからさぁ……」 水穂 「賛同してなきゃこうして話なんて出来ませんよ」 高崎 「言葉にして欲しいの……不安だし……」 水穂 「悟ったモン勝ちですよ。     散々死神さんに振りまわされれば……ウックック……」 悠介 「み、水穂ちゃん?」 水穂 「ああ大丈夫。大丈夫ですよ、ウフフ……」 イカン、顔は笑ってない。 絶望のエッセンスが含まれてる。 水穂 「散々な目に遭わされても若葉さんと木葉さんに一日がかりで説教されて、     目が醒めたら見知らぬ布団で寝てて何故だかまた説教されて……。     開放されたと思ったら死神さんに捕まって……。     逃げられたと思ったら吸血鬼さんに捕まって……。     うふ、うふふ……うわぁああああああああん!!     おうちに帰りたいよぉおおおおおおおっ!!」 ああっ!糸が切れた! 若葉 「おにいさまっ!」 悠介 「うおっ!?」 木葉 「お兄様!何を泣かせてやがりますかっ!     一体なにをしようとして───あぁあああああっ!!」 彰利 「ウィ?」 木葉 「成敗!」 悠介 「ハイ、ストップ」 ドバンッ! 木葉 「あきゃっ!」 走り出した木葉にクローズラインをキメる。 木葉 「お兄様っ!妹にラリアットとは何事ですかっ!」 悠介 「ラリアットじゃない。クローズラインだ」 木葉 「屁理屈を言わないでください!」 悠介 「屁理屈じゃない、偏屈だ」 木葉 「うきゃーっ!」 木葉、暴走。 若葉 「今が時!」 木葉の対処に困ってる間に、若葉が彰利に襲いかかる。 悠介 「はい待った」 その衿を掴み、引き寄せる。 そして木葉を抱えて廊下に捨てる。 若葉 「きゃっ!な、なにするんですか!」 木葉 「女の子はもっとやさしく扱ってください!」 悠介 「お前らが彰利に敵意を持たなくなったらそうしてやる」 襖を閉め、ひと息つく。 ……最近、エスカレートしてるよな。 確実に彰利を憎んでる。 …………もう、何がなんだか解らん……。 彰利 「レィディ、キミに涙は似合わないよ」 顔をあげると、彰利が水穂ちゃんを慰めてた。 慰めになってるのかは……まあ解らん。 そういや元々、女好きな奴だったしなぁ。 水穂 「変態は嫌いです……」 彰利 「!!」 あ、フラれた。 うおおう、落ち込んどる落ち込んどる。 悠介 「あっはっは、あんまり怖がらせちゃダメじゃないか」 言って、水穂ちゃんの頭を撫でる。 目を細め、くすぐったそうにする水穂ちゃん。 彰利 「な、なんで!?俺様!?俺様が悪いの!?     ていうか元々怖がらせたのって悠介じゃないの!?     それより俺でさえ悠介に頭撫でてもらったことないのに!     キィーッ!悔しいったらありゃしねェぜこの小娘ぇえええっ!!」 悠介 「スリッパが出ます」 コパーン!! 彰利 「ギャア!!」 水穂 「わっ……」 高崎 「うわわ……」 悠介 「落ち着け」 彰利 「スリッパって結構痛いんだぞ……?」 悠介 「あーうっさいうっさい」 彰利 「ひどいじゃないダーリン!俺様というものがありながら!」 水穂 「え?」 高崎 「そ、それって……!?」 悠介 「いや、なんでそんな嬉しそうな顔すんのさ高崎さん」 高崎 「はっ!い、いや別に……」 悠介 「あ、誤解の無いように言っておくけど、     こいつにはちゃんと好きな女性が居るんだ」 水穂 「へぇ……」 高崎 「……なぁんだぁ……」 悠介 「いや、だからさ、どうしてそんな残念そうな顔すんのさ高崎さん」 高崎 「な、なんでもないです」 彰利 「や○いの心は!」 高崎 「姉心ッ!」 彰利 「卒業」 彰利がポムと高崎さんの肩を叩く。 その顔は素晴らしく輝いていた。 彰利 「フェイスフラッシュ!」 ギシャァッ!! 高崎 「きゃぁあああああああああああああああっ!!!!」 ボカッ! 彰利 「ギャウッ!」 悠介 「怖いわっ!」 彰利 「なんだよー、ちょっと顔を光らせただけじゃんかー」 悠介 「お前、人知超えすぎ。     見ろ、高崎サンあんなに怯えちゃって」 彰利 「むぅ、筋肉メンが嫌いだったとみえる」 お前が怖いだけだって……。 彰利 「しかし怯えることなんてないんだよハニー。     俺様はこんなにも美しくやさしくヴォーノなんだから」 悠介 「ヴォーノ?」 彰利 「イタリア語で美味しいの意」 悠介 「うそつけ」 彰利 「うあ、いきなり否定されちゃったよ……」 悠介 「大体、お前はなんだ?美味しいのか?」 彰利 「フッ、ひとりでふたり分、おいしい男……それが俺さ」 悠介 「俺からすれば嘔吐モノだ」 彰利 「!!」 おお、落ち込んでる落ち込んでる。 彰利 「あ、それよりキミキミ、電話番号教えてくれるー?     寂しい時、電話してくれ。これ俺の番号」 悠介 「寂しいのはお前だろうが」 彰利 「!!」 ……コクリ。 黙って頷く彰利サン。 彰利 「……なんかサ、最近ひとり寝の夜が寂しいんだよね……。     愛しの悠介はホントに稀にしか訪れてくれないしさぁ……」 誰が好き好んでお前の家に行くか。 心の中でそっと囁いた。 彰利 「と、いうわけで夜、俺に電話してきてくれると嬉しいな〜。     あ、俺好きな人なんぞ居ないうえにフリーだから。     ああ、あんなステキな男性が居たなんてっ!って思ったら迷わず110番だ!」 悠介 「要するにお前はお縄につきたいのか。     それとも自分がステキな男性じゃないと自信を持てるのか」 彰利 「いやだなぁ、俺はナルシストなんて目指してないって。     そりゃ、ハーレムには憧れてるけど」 悠介 「……つーかさ、お前って雪子さんのこと好きなんじゃないのか?」 彰利 「へ?なに言ってんの、憧れてるだけじゃよ?     なんで俺が雪子さんのこと好きなのよ」 悠介 「……そういや初恋も違うようなこと言ってたな。どういうこった」 彰利 「知らん!自分で考えろ!!」 悠介 「帰れ」 彰利 「おわぁっとと、冗談だって!」 高崎 「あ、あの……」 彰利 「な、なにっ?いやおいまいったなぁ、いきなり告白なんて」 高崎 「晦先輩……」 彰利 「………」 悠介 「いじけるなって。で、なにかな」 高崎 「あなたは人間、ですよね?」 悠介 「………」 うーむ、確かに人間らしくないところは恐ろしくてんこもりだが。 面と向かって言われるとは思わなんだ。 悠介 「どうしてこんなことが出来るようになったか、知りたいわけだ」 高崎 「はい」 真っ直ぐな目をしている。 怯えていた彼女とは大違いだ。 ……って誉めてやりたいけど、震える手を押さえるのに必死だ。 彰利 「あぁああハイハイイハイ!それなら俺が説明してやるよー!     いやぁ、お客さん運がいいっ!     俺が居なかったら説明長かったぜー!?     というわけで、行こうか?」 高崎 「えっ?あ、あの、行くって……」 彰利 「ベッドイン。ふたりして寝そべり愛を感じながら、     そっと小耳に囁いてあげるよハニー」 ごしゃっ! 彰利 「ギャアア!!」 悠介 「あー、こいつは無視してくれていいから。近寄ると何されるか解らないよー」 彰利 「ガーン!ひでぇ!」 水穂 「あ、あの……先輩?あんまりヒドイことを言うのも……」 彰利 「そうだよなぁっ!いいこと言ってくれるぜ水穂ちゃぁああん!!     もう感謝の証に紳士的キッスをプレゼンテッドバーイ彰利ー!」 ムチュリ。 彰利が水穂ちゃんの手の甲にキスを 水穂 「きゃあああああああ!!なぁにすんですかこの変態!!」 ばちぃいん!!!! 彰利 「ぶべぇええーーーっ!!!」 ……した途端、思いきり叩かれた。 木葉 「なんですか今の悲鳴!」 若葉 「やっぱりそこのホモが何かを」 悠介 「月鳴の───以下略」 バチィッ!!バリバリバリ!! 姉妹 『きゃあああああああああああああっ!!!!』 悠介 「今はお前達の顔を見たくない。ここには来るな」 廊下に放り出し、開け放たれた襖を閉めて静寂を取り戻す。 水穂 「先輩、今のはヒドイですよ……」 悠介 「ああ、悪いけどこいつに対して『殺す』だの『始末』だの言ったら、     誰であろうと容赦はしないからね。たとえ人間であっても」 水穂 「………」 高崎 「………」 水穂 「……それは、その人が『信頼出来る人』だからですか?」 悠介 「うーん、よく憶えてたねー。偉い偉い」 なでなでと頭を撫でてやる。 水穂 「茶化さないでください。ボク、真面目です」 悠介 「……まあ、そうだよ。     俺はこいつのお蔭で生きてるし、こいつが居たから楽しくやってこれた。     誉めるのは癪だが、     こいつが居なかったら生きてたとしても暗い陰険野郎だったに違いない」 水穂 「そこまで言いますか」 悠介 「水穂ちゃん、俺だって真面目だ。確かにこいつは馬鹿でホモっぽくてオカマっぽく     もあり変態で女好きで見境なくて神出鬼没で罰当たりで筋肉好きで家庭的なのに凝     ったものを作らず年中レタス食ってる愚者だけど……ってそこ、いじけるな」 水穂 「先輩……いくら変態オカマホモさんでも、     そこまで言われたら傷つきますよ……」 彰利 「うわぁぁあああっ!なんかヘンなあだ名までつけられてるー!」 悠介 「良かったなー、結構語呂がいいじゃないか」 彰利 「良くなんかないやいっ!」 悠介 「水穂ちゃん、ナイスネーミングだ」 水穂 「あ……えへへ」 彰利 「あー!また撫で撫でしてもらってるー!     俺も俺も!俺にも愛を分けてラブリィイイイイイイ!!」 ドゲシッ! 悠介 「寄るな、変態オカマホモさん」 彰利 「お、俺はホモでもオカマでもないっ!     俺は美しい年下のカワイコちゃんが好きなんだ!」 ポム。 彰利 「え?」 悠介 「変態オカマホモコン」 肩に手を置きながら言ってやる。 彰利 「イヤァア!何気にグレードアップしてる!     ていうか『コン』の意味ってなに!?」 悠介 「ロリコンの『コン』」 彰利 「!!」 あ、固まった。 高崎 「あの、楽しんでるところを申し訳ないんですけど」 彰利 「た、楽しんでなんかないやい……っ!」 彼が涙声で語った。 高崎 「どうしてそんなことが出来るようになったか、     という話が流れてしまってるような気がするんですけど……」 悠介 「どうしても聞きたい?」 彰利 「聞きたーい♪」 ボカッ! 彰利 「ギャウッ!」 悠介 「お前は少し黙るべきだと思うんだが」 彰利 「えー」 ドス。 彰利 「ウヒョォッ!」 高崎 「話を逸らそうとしないでください」 彰利 「そ、そんなー、俺はキミの助力をしようと……」 高崎 「どう考えてもあなたが喋ると話が逸れていきます。     少しの間、黙っててください」 彰利 「そ、そんな……あ、水穂ちゃんからも何か言ってやってよ。     ってギャア!そんな同意するように思いきり頷かなくても!」 水穂 「黙っててください」 にこやかな笑顔。 でも、言葉にはかなりの棘があった。 彰利 「………」 あ、いじけた。 悠介 「あー、そこそこ。部屋の隅で『の』の字を書くのはやめろ」 彰利 「『ぬ』ならいいかな」 悠介 「却下」 彰利 「……俺に何を書けと」 悠介 「書くことから離れろ」 彰利 「………」 ああもう、またいじけた……。 悠介 「まあいいか。えーと、俺の人生を振り返ってみよう」 水穂 「はい、お願いします」 高崎 「……ごくり」 ……俺は彼女らに我が人生の一端を言って聞かせた。 …………。 ……。 水穂 「……なんだ、先輩、被害者なんじゃないですか」 高崎 「怖がることなんかなかったんですね。     人の黒い部分が見えてる分、よっぽど人間らしいです」 彰利 「お、俺はっ!?」 高崎 「外道」 彰利 「げどっ……!?お、俺が何したってのぉっ!?」 水穂 「いえ、ナンパ野郎は嫌いですから」 彰利 「ナンパなんて失礼な!     俺は純粋な付き合いをモットーに女のコに声をかけているんだ!」 悠介 「うそつけ」 水穂 「うそつかないでください」 高崎 「うそですね、あからさまに」 彰利 「うっ……うぅ……!うわぁあああん!!ヒドイや!     僕だけ仲間はずれにしてー!」 水穂 「つまり先輩は、     欲しくてその力を手に入れたわけじゃないんですよね?」 彰利 「水穂ちゃん……」 いきなり話題を変え、無視した水穂ちゃんを見る彰利。 悠介 「ああ、創造理力の方はそうなる。     月鳴の方は一族の血によるものだから仕方なかったんだが」 水穂 「訊きたいんですけど、その一族というのは……。     どうやって力が備わったんでしょうか」 悠介 「それは」 春菜 「はいはーい!一族の歴史なら春菜さんにお任せ!」 ぼかっ! 春菜 「きゃあっ!」 スッ。 ドサッ。 春菜 「いたっ!」 トスン。 悠介 「それで、力の話だけど」 何処からか出てきた先輩を殴ったのち、襖を開けて廊下に捨てて襖を閉めた。 悠介 「昔、一族を統括してた人間が、     異形のモノと交わったことから全ては始まったらしい。     その血は今に至るまでに幾多に枝分かれして、     それぞれの力と月の名に落ち着いた。そういうこと」 彰利 「……よく知ってるな、そんなこと」 悠介 「ああ。先輩に月名の書……力とか書いてあった本な。     あれを見せてもらったんだけど、見事書いてあった」 彰利 「だが全てじゃねぇな……俺の方が詳しいぜ?」 水穂 「じゃあ……先輩、魔物なんですか?」 彰利 「無視ですか……」 悠介 「いや、本にはこうも書かれてたよ。     『受け継がれたのは力のみで、      異形の子供が生まれたことはただの一度としてない』ってね」 高崎 「……その異形のモノってどんな種族だったんでしょうか」 彰利 「死神じゃよ?」 水穂 「吸血鬼に子供を作る力はありませんし、     死神は実態が無いので不可能です」 悠介 「詳しいな」 彰利 「だがそれは大きなミステイクだ」 水穂 「伊達にオカルト好きやってませんでしたよ」 彰利 「無視ですか……」 高崎 「うーん……解りませんね」 雪子 「それについてはあたしが答えちゃおう」 ドンッ! 雪子 「あっ」 トタンッ。 雪子さんを追い出した。 というかどっから涌いて出た……。 ルナ 「ねーねー、悠介。タマネギったらヒドイのよ」 悠介 「……なぁ、お前らどっから涌いて出てくるわけ……?」 ルナ 「人をウジムシみたいに言わないでよね」 悠介 「馬鹿者。ウジはちゃんと蝿から産まれるんだ。     神出鬼没なお前らと一緒にするな」 ルナ 「あー!なにそれ!それってわたし達がウジ虫以下ってことーっ!?」 悠介 「いいや、自分をウジ虫なんて言うなって言ってるんだよ」 やさしく微笑みながら言った。 ルナ 「え?あ、そうなんだ。うん……」 なんか照れるルナ。 悠介 「それで、タマネギがどうしたって?」 ルナ 「うん、タマネギがさ、     悠介に迷惑がかかるから出て行けって言うのよ!」 悠介 「……おう?」 ルナ 「え?」 悠介 「う、うん……?」 ルナ 「うん……」 悠介 「………」 ルナ 「………」 な、なんだ……? いま、恐ろしいことを聞いたような聞かなかったような。 ……最近のユリ科の多年草は喋るのか? タマネギが『出ていきなさい』って……。 …………。 大発見じゃないか。 悠介 「……ルナ、そのタマネギは何処で拾ってきたんだ?」 ルナ 「え?歩いてきたけど」 悠介 「なにぃ!?」 お、驚いた。 最近のユリ科の多年草は歩くのか。 おちおちカレーも作ってられん。 悠介 「な、なぁルナ。その多年草、今どこにある?」 ルナ 「えー?さっき悠介が部屋から追い出したじゃない」 悠介 「え?」 ルナ 「え?」 悠介 「………」 ルナ 「?」 俺が追い出した? さっき? この部屋から? …………。 悠介 「ルナ……参考までに訊くが、それは人間か?」 ルナ 「え?そーだけど。本物のタマネギが歩くわけないじゃない」 悠介 「………」 ルナ 「…………え?も、もしかして歩くの……?」 悠介 「ルナぁ……」 ルナ 「どしたの?疲れた顔しちゃって」 悠介 「いいから、とりあえず部屋から出てってくれ……」 ルナ 「えー?来たばっかりなのに」 悠介 「いーから、ほら」 ルナ 「ぶー」 ルナが壁抜けで出てゆく。 悠介 「……はぁ」 彰利 「……悠介」 悠介 「んあ?」 彰利 「な、なんなの今の空間」 悠介 「何が」 彰利 「何故に死神さんだけとっとと追い出さないのさ」 悠介 「納得させないと、壁抜けして何度でも来るから」 彰利 「……確かに」 悠介 「まあとりあえずだ。力があるならそれで良し。     何から譲りうけたかなんて、それを知るのは逆に怖いよ」 彰利 「だからさー、死神なんだってば。ベヒーモスなんかじゃないって」 悠介 「お前の適当な意見なぞどうでもいいが、ベヒーモスは無いだろ」 彰利 「ヒドイねキミ……。まあいいや、さーて看板作りますか」 悠介 「そだな」 水穂 「勝手に解決しないでくださいぃいいい……」 悠介 「うおっ!?み、水穂ちゃん?」 水穂 「な……なんですかぁ、その『居たの?』って顔はぁぁあああ……」 悠介 「き、気のせいだって!だから情けない声で泣くな!」 水穂 「はうぅ……」 彰利 「よっ!女泣かせ!」 悠介 「やかましいっ!」 高崎 「そうやって、今まで何人の女のコを騙してきたんですか」 悠介 「人聞きの悪いこと言うなっ!」 水穂 「……ぷっ」 悠介 「……?」 水穂 「あははは……」 悠介 「み、水穂ちゃん?」 彰利 「気でもふれたか?」 ドム! 彰利 「ギャッ!」 高崎 「あはは……あははははははっ」 彰利 「あいたたた……な、何事?」 水穂 「だって、なんかもう馬鹿らしくなっちゃいましたよ」 高崎 「そうそう、なんか馬鹿だよね、わたし達」 彰利 「い、一体彼女らに何が!?     次回!『間男・悠之慎』!彼と彼女らの胎動!お楽しみに!」 どかんっ! 彰利 「あぎっ……!いぎゃああああああああっ!」 悠介 「だぁれが間男だこの馬鹿たれっ!」 彰利 「だ、だから『悠之慎』って名前にしてあげたじゃない……」 悠介 「変わらん!」 水穂 「あはははははっ……くっ、くひっ……ぷふふははははっ!」 悠介 「こら、笑うなっ!」 水穂 「だってだって、本当に普通の人と変わらないんですもん!     あー、こんな面白い人達って知ってたら、     もっと早くから友達になってたのになー。ね?恵ちゃん」 高崎 「まったくだよね。あーあ、もったいないことしたなぁ……」 悠介 「………」 彰利 「なぁ、好感持たれてるみたいだけど」 悠介 「どうしてこんなことに……」 嫌われるのが目的だった筈なのに……。 水穂 「えーと、晦悠介先輩。     ボク、紅水穂はあなたと真に友達になりたいと思います。どうでしょうか」 悠介 「どうって、前にも言ったけど俺は」 彰利 「よろしく、ハニー」 水穂 「変態オカマホモコンには訊いてません」 彰利 「くはっ……ショック!俺様ショーック!!」 悠介 「あのな、俺の力はそんな軽いもんじゃ」 水穂 「先輩?先輩の力は先輩がコントロール出来ている時点で、何の危険も無いんです。     それはつまり、どんなに危険な力でも、     全てを左右するのは使い手次第ってことですよ」 高崎 「そうです。見る限りじゃ、全ての行動に手加減が感じられました。     それなら先輩が注意すれば、なんの心配もないわけじゃないですか」 悠介 「ぐっ……」 まいったな……。 余裕が出来てしまったせいか、思考範囲が広がってしまった……。 恐怖で思考の回転と判断力を鈍らせていたのに、 言われたら一番辛い言葉を出されてしまった。 悠介 「えーと……」 困ったぞ。 彰利 「僕の愛しいハニー達、悠介よりも僕と遊ぼう」 おお、ナイスフォロー(?)!彰利! ゴドッ! 彰利 「ギャア!」 悠介 「……それでも所詮、彰利か……」 弁慶の泣き所をトーキックされて、転げ回る彰利を見下ろしながら呟く。 悠介 「いや、俺も何かと忙しいから」 水穂 「答えになってませんよ」 悠介 「……性格、変わってるぞ」 まるで若葉と木葉みたいだ……。 水穂 「こんなときにこそガンバです。緊張はしてますが、苦ではありません」 悠介 「……あのさ、どうしてほしいのさ」 水穂 「だから、友達に」 悠介 「却下」 水穂 「どうしてですか?」 悠介 「『友達』と呼べる相手はひとりでいい」 水穂 「……その信条は解りますけど……。     じゃあ、仲のいい知り合い、でどうでしょう」 悠介 「ただ遊びに来る分には知り合いって程度でいいだろ」 水穂 「う……学校で声をかけちゃダメなんですか?」 悠介 「ダメ」 水穂 「どうしてですかぁああ……」 悠介 「えぇいっ!情けない声を出さないっ!     俺はいままで学生生活は、それはもう平穏に過ごしてきた!     誰の声も届かない、静かな世界さ!     たまに聞こえる俺への陰口も、別に気にならなかった!」 彰利 「いや、許せんね、俺は、あいつらを、やっぱり」 悠介 「彰利、とりあえず俺らの平穏を無くさないために協力してくれ」 彰利 「任せろ。いいかいレィディ達。寂しいのなら僕の胸に」 高崎 「しつこいっ!」 コキィンッ! ……あ、黄金。 彰利 「AAAAAAAAAAAOOOOOOOOOOHHHHHHH!!!!!!     アァーーオッ!!オッホ!!アァアアォオオオオ…………ッッ!!!!!」 ドサッ。 彰利、悶絶。 高崎 「黙っててください、って水穂ちゃんが言いましたよね?」 彰利 「あうぅ……あうぅうん……ハニー達が怖いよぅ……」 悠介 「よし、すっかり忘れてたから看板を作ろう」 水穂 「話が終わってません」 悠介 「………」 どうしろってのよ、まったく。 悠介 「とにかく友達は間に合ってるから。     ここに来る分には構わないけど、学校で声をかけるのはやめてくれ。     ……って言っても、停学中だから意味ないか」 水穂 「えー……」 悠介 「彰利、始めるぞ」 彰利 「任せろ」 もう復活してる。 相変わらず愉快な回復力だ。 悠介 「あ、そうそう。参考までに訊きたいんだけど。     喫茶店にはどんな看板がいいと思う?」 水穂 「それに答えたら、了承してくれますか?」 悠介 「俺は交換条件を繰り出す輩は嫌いなんだ」 彰利 「悠介って結構交換条件好きだと思うんだが」 悠介 「……お前、どっちの味方だ」 彰利 「愛」 悠介 「黒煙弾が出ます」 彰利 「え?」 悠介 「ほれ、彰利」 彰利 「あ、またアレだろ、あの光るやつ。     もう騙されねぇぞ、こんなものは目を瞑ってれば」 ドカーン!! 彰利 「ギャアアアアアアアアアアアア!!!!」 玉が破裂した。 黒い煙が一瞬にして爆発し、彰利を黒く染めた。 彰利 「……ゆうすけサン……俺に、これからどうしろと」 悠介 「白煙弾、いるか?」 彰利 「いらんっ!」 悠介 「まあそれよりも。高崎さんはどんな絵がいいと思う?」 高崎 「それを答えたら、了承してくれますか?」 悠介 「……はぁ……あんたもか……」 高崎 「『あんた』じゃないです、恵です」 悠介 「それならハッキリ言いましょう。     どんな条件を出されても、学校で親しくしようというのは却下」 高崎 「なんでですか」 水穂 「そうですよ、別に減るもんじゃなしに」 悠介 「うーん、もっと聞き分けのいい娘だと思ってたんだが。     兄さん残念だよ、水穂ちゃん」 水穂 「こう見えて、諦めが悪いんです」 高崎 「兄さん、って部分は否定しないの?」 水穂 「お兄さんみたいな雰囲気がありますから」 高崎 「そうだね。ひとつしか違わないのに、     苦労を乗り越えて、また苦労に乗ってしまった人の顔してるし」 悠介 「おのれら、人をなんだと……」 彰利 「まあまあまあまあまあ、いいじゃないか。     公にしなければいいわけだし」 水穂 「あ、いいこと言いますね」 高崎 「見直しました」 彰利 「というわけで、住所と電話番号とスリーサ」 ゴガァン!! 彰利 「ヘンリーーッ!!!」 彰利が、水穂ちゃんと高崎さんの上段回し蹴りに挟まれるように蹴られた。 水穂 「いったぁ……たたた……ぜ、前言撤回します……」 高崎 「見直して損しましたよ……あぁいたたた……」 悠介 「……上段回し蹴りとは……あんたら何者?」 水穂 「あ、これは単なる護身術ですよ。     あることが切っ掛けで、習ったんです」 悠介 「いや……護身術にハイキックは無いと思うけど……」 水穂 「自分の身を守る術なんですから、是即ち護身術、です」 悠介 「……高崎さんは?」 高崎 「水穂ちゃんの付添いでやってたものです。     ただ、ちょっと勢いつきすぎちゃったみたいで……。     思いきりヒットしすぎて、こっちの足、痛めちゃいました……」 悠介 「………」 彰利はビクンビクンと動いている。 というか痙攣? 悠介 「切っ掛けって?」 水穂 「……先輩って結構知りたがりですか?」 悠介 「そうかもしれない」 水穂 「知りたがりは長生きしませんよ?」 悠介 「ああ、俺もそう思う」 水穂 「わたしも、これはあまり話したいものじゃないんです。     だから、言葉だけででも『友達』として扱ってくれませんか?」 悠介 「……言葉だけのことが、俺は一番嫌いだ。     だから、その条件は呑めない」 水穂 「あぅ……」 彰利 「え?それって、おま───いいのか?」 相変わらず復活の早いボケ者が語りかけてくる。 水穂 「え……?」 悠介 「なにか意見は?」 彰利 「あ、いや……俺は別に、お前がいいんならいいけどよ……」 悠介 「じゃ、決まりだ」 彰利 「あ、でも悠介が俺だけのフレンドじゃなくなるのも……」 悠介 「なんも変わりゃしないよ。……と、まあそんなわけだ」 水穂 「あ、の……なにが……」 悠介 「えーと、キミは女で初めての俺の友達、って。そゆこと」 水穂 「え……えぇええええええええっ!!??     い、いいいいんですかっ!?」 彰利 「友達はひとりでいいの理に基づき、     男の友達はおれ『ひとり』。女の友達はキミ『ひとり』。     生憎と、悠介は男女の区別は徹底してるから。     だから、一緒として数は数えない。だからひとり」 水穂 「………!」 なんか震えてる。 彰利 「何かを待ってるのかな」 悠介 「なんで」 彰利 「よく言うじゃん。震えて」 ボグシャッ! 彰利 「ギャヤヤァ!!」 悠介 「それ以上は言わなくてよろしい」 彰利 「ゆ、ゆ〜すけが訊いてきたんだろー!?」 悠介 「あ〜あはいはい、看板つくろうなー、看板」 高崎 「あの、わたしは?」 悠介 「悪い、定員オーバー」 高崎 「あぅ……」 春菜 「ちょ、ちょっと待ったー!」 悠介 「あ、家政婦さん」 春菜 「くはっ!!なんでこの時だけ家政婦さんって呼ぶの!?     って、それよりも!わたしって悠介くんの友達じゃなかったの!?」 悠介 「先輩が彰利に殺意を覚えている以上、     俺は先輩を信頼出来ない。と、いうわけで。家政婦さんは黙ってて」 春菜 「あくまでそのポジションなの!?うゎああん!!」 悠介 「あーあー、もうほら、いい大人が泣かないのー」 春菜 「……ひとつしか違わないよ……」 悠介 「そういえばそうだった」 春菜 「むきゃー!」 彰利 「フッ、嫉妬してやがるぜこのカスが」 春菜 「シャラッ!!」 ジョパァンッ!! 彰利 「ヘキャアーーーッ!!!」 鞭がしなるような顔面蹴りが彰利を襲った。 彰利 「ほががががが……!!」 悠介 「あーあハイハイ、いいからとっとと部屋から出る。     今は顔見たくないんだってばさ」 春菜 「わたっ、わたしは別に言われてなかったよぉっ!」 悠介 「彰利が嫌いなら一緒」 春菜 「だってしょうがないじゃな……ってきゃぁっ!」 ドサッ。 悠介 「じゃ、もう入ってこないでくれな」 春菜 「えぇっ!?ちょちょっと待っていうす」 トスン。 閉めた。 悠介 「ふう」 彰利 「あのさ、悠介」 悠介 「話はもういいから、いい加減作業を開始しよう」 彰利 「ぬう」 今度こそ、俺達は作業を開始した。 …………。 ……。 ───時は過ぎて、夜である。 高崎 「あ、家に帰らないと」 水穂 「ボクも」 ルナ 「フィナーレの時間だぁ」 水穂 「え?あ、きゃあああああっ!!」 帰ろうとした水穂ちゃんを、畳を壁抜けしてきたルナが捕らえ、 もう一度、畳に沈んでいった。 彰利 「キャア!バサラさん!?」 悠介 「ルナー!遊んでないで離せって!」 声  「ヤー」 悠介 「ルナーッ!」 彰利 「……災難だなぁ」 ……結局、水穂ちゃんは今日も帰れなかった。 しかしながら……彼女は家に電話なくても大丈夫なんだろうか。 連絡入れてるところ、見たことがない。 Next Menu back