───修羅(しゅら)───
…………そして訪れた深夜。 彰利 「なんかこういうのって合宿みたいでいいよなぁ」 悠介 「自分の部屋じゃなかったらそう感じたんだろうけどな……」 彰利 「枕投げでもしてみるか?」 悠介 「大却下」 彰利 「ぬう」 水穂 「……地底でミミズさんに遭いました……。     モグラさんにも遭いました……。     途中で水脈に辿り着いたみたいで、そこでびしょ濡れになって……。     うふ……うふふふ……」 彰利 「ああ、だから濡れてたのか」 水穂 「寒くて……寒くて……。     そしたらマグマで乾かそう、なんて言い出して、それで、それで……」 彰利 「可哀相に……俺様が温めてあ・げ・る」 ぎゅむ。 …………。 彰利 「……あれ?ナックルは?」 悠介 「お前は殴られたくて毎回抱きついてるのか」 彰利 「さすがにそれはないけどさ。     でも、殴られるんじゃないかって思うでしょ、普通。     ノーリアクションだと、ふつふつと罪悪感が」 水穂 「目の前で溶岩がゴポゴポって、赤くて熱くて目が痛くて、     景色が歪んで、落ちたら一瞬で絶命しそうで……。     カーズが……カーズがぁああああああああああっ!!!!」 彰利 「ああっ!なんか幻覚見てる!」 悠介 「水穂ちゃん!気をしっかり!水穂ちゃん!」 水穂 「究極生物が!イカが!ピラニアがぁあっ!」 彰利 「チィイ!いろんな意味で錯乱してる!」 悠介 「当身!」 ドス! 水穂 「かはっ!」 ふるふると痛がってる。 悠介 「落ち着いたか?」 彰利 「いやさ、当身で正気に戻るのってどうかと思うぞ」 悠介 「そうでもないだろ」 水穂 「痛いぃ……」 彰利 「うおう、正気に戻ってる」 悠介 「えーと、早速で悪いんだけど、ちょっと質問。     水穂ちゃん、家とかに連絡はしてるかい?」 水穂 「はぅ……い、いえ、してませんよ」 彰利 「だいじょぶ?親父さんとお袋さん、心配すんじゃない?」 水穂 「平気ですよ。ボクにそういうの居ませんから」 彰利 「居ない?両親が?」 水穂 「はい。互いに殺し合ったんです。保険金目当てで。     それで……結局はふたりとも死んでしまいました。     ボクはお父さんの親に引き取られて……。     でも、おじいさんはボクが小学を卒業する頃、死んじゃいました。     確かに家にはおばあさんが居ますけど、     ボクのことを厄介物としか見てませんから」 彰利 「うわ……シビアな人生……」 悠介 「切っ掛けってのは……おじいさんの死か?」 水穂 「はい、自分のことは自分で守れるように、護身術を習いました」 彰利 「くぅぁああっはぁああああああああっ!!     可愛いなぁ!健気やなぁ!も、チューしてやるァ!ラブリィイ!!」 ぼかっ! 彰利 「ギャウッ!」 ズパァン!! 彰利 「いぎゃあっ!」 ドサッ。 俺の拳と水穂ちゃんの足が唸りをあげた。 彰利 「ふっ……貴様らの想い、確かに受け取ったぜ……。     水穂ちゃん……ナイスホワイティン……!」 ガクリ。 よくわからん言葉を残して彼はオチた。 しかも更に、顔を真っ赤にした水穂ちゃんにストンピングされた。 まったく何を考えてるのか、いよいよもって解らん。 水穂 「……はぁ。あの、そういうわけで、     家に電話しても冷たくあしらわれるだけですから」 悠介 「そっか……」 水穂 「先輩は……」 悠介 「うん?」 水穂 「先輩は、どうでした?」 悠介 「なにが?」 水穂 「小さい頃に死神に会って、その力を貰ったのは聞きました。     でも、切っ掛けとかは無かったんですか?」 悠介 「………」 ……まあ、別にもうどうでもいいことだしな。 悠介 「十六夜の両親は……ろくでもない人間だったよ。     一言で言ってしまえば、金の亡者だった。     強欲だったし意地汚かったし。     ……元は一族の中のひと家系だったんだけどね。     でも……追い出されたらしい。     当然だよな、あんな最低な奴ら……」 水穂 「先輩……」 悠介 「俺は間違って産まれた子供なんだってさ。     産むつもりもなかった、邪魔な子供。     俺は毎日両親に殴られながら生きてきた。     時には腕を折られたりもした。     そうなると、『しめた』って顔をして、親がどこかに電話するんだ」 水穂 「電話?病院ですか?」 悠介 「───家系の誰かさ。それらに来てもらって、     姿が見えるとすぐに『金をよこせ』って言ってたらしい」 水穂 「らしいって……先輩、覚えているわけじゃないんですか?」 悠介 「俺の親に関する知識は、晦の親が持っていた書記の中の物にすぎないよ。     ……だけど、それを確実に納得出来る何かが自分の中にある」 水穂 「………」 悠介 「そんなことが何度か続いた後さ。     ここの両親が堪り兼ねて、十六夜の両親と喧嘩を始めたのは。     初めこそ、それはただの言い合いだった。     だけど、それも知らず知らずのうちにエスカレートしていって、     耐えきれなくなった十六夜の両親は一家心中を図った」 水穂 「───!」 水穂ちゃんが息を飲む。 それでも構わず、俺は続けた。 悠介 「家に火をつけて、炎に囲まれて……。     そんな中で、十六夜の両親は体を焼きながら笑ってたよ。     いま思い出しても吐き気が出る。     顔を焼き溶かしながら、俺の名前を呼ぶんだ。     焼けた喉がカタカタと動いて……俺の方に歩いてきて……。     そして……俺の前で絶命した……」 水穂 「………」 気付けば、水穂ちゃんは涙目になっていた。 確かに想像しただけで気分の悪いものだ。 悠介 「天井がさ、落ちてきたんだよ。     それに潰されて……あいつらは絶命した……。     その後さ。ルナに会ったのは。     炎の中から俺を助けてくれた。     それから契約して魂を繋いで……この力が備わった」 改めて、自分の人生に苦笑する。 他の家に生まれていれば、もっと幸せな人生を歩めたのだろうか。 都合のいい考えばかりが出てくるのは毎度のことだけど、 やっぱりそう思ってしまう。 悠介 「んー……彰利を突つきまくるハトが出ます。     ちなみに10秒で森に帰る」 ポム。 バサバサバサ……ヒタッ。 彰利 「うぐ……?なんかチクって……」 ドス! 彰利 「ギャア!」 ドスドスドス! ガス!ガガス!ガガガガガッ!! 彰利 「いげらっ!いたいてて!な、なに!?なんなの!?」 彰利はたっぷり10秒間突つかれたあと、立ちあがった。 彰利 「……なんなのさ」 悠介 「看板を仕上げよう」 彰利 「くっ……眠いのに」 悠介 「俺もだけどな。だけど提出が今日までじゃ仕方ないだろう」 既に時間は4時ときている。 悠介 「水穂ちゃん、キミも寝たほうがいいよ」 彰利 「『も』ってわりには、俺は寝かせてくれないのね」 悠介 「お前は寝なくても一週間は頑張れる」 彰利 「うわあ無茶苦茶」 悠介 「あ、そうそう。どうせ俺は停学中だから。     俺の布団使っていいよ」 彰利 「なにっ!」 彰利が目を輝かせ、俺の布団を引っ張り出して潜り込んだ。 ドムッ! 彰利 「ギャア!」 それを踏んでやる。 悠介 「靴下くらい脱げやボケ!」 彰利 「そ、そんな……まだ早いわ俺様達……」 悠介 「なーにを勘違いしてるんだよ変態オカマホモコン!     靴下だ!靴下を脱げって言ってるんだ!」 彰利 「……ダーリンにそんな趣味があったなんて」 ゴホゥシャァアアッ!! 彰利 「ほぎゃああああっ!!」 拳がクリーンヒットした。 悠介 「お前はっ!どうしてそうっ!勘違いばっか!するんだよっ!」 彰利 「いやっ!ごめんっ!本気でソーリーッ!髭ソーリーッ!     悪気は無いけどギャッ!悪戯心がギャッ!!     満天の星空風味でギャアア!!殴り続けないで!痛い!」 水穂 「あ、あの……」 悠介 「あー、こいつのことは無視していいよ。     寝るならそこ使っていいから」 水穂 「は、はい……」 彰利 「そぉんなこと言っちゃってぇ♪     その後、寝込みを襲うんでしょう?     ……許せねェ!俺様の愛しの悠介が俺様以外の寝込みを」 悠介 「アラビアンバーグラリーバックブリーカーッ!!」 ゴフシャァッ!! 彰利 「ギャアーッ!!」 ドサリ。 彰利 「せ、背骨辺りがボキボキって……ボ、ボボボキボキボキって……」 彰利、痙攣。 背中を押さえながらピクピクと震えている。 悠介 「ったく……いいからさっさと仕上げるぞ」 彰利 「そ、そんな無慈悲なぁ……」 悠介 「お前が悪い」 彰利 「うう……靴下脱がなかっただけでこんな目に遭うなんて……」 悠介 「靴下の云々はこの際論外だろう」 彰利 「そんなっ!ヒドイわ!俺様の性格が捻じ曲がってるとでも言いたいの?」 悠介 「いや、言いたいどころか叫びたい」 彰利 「ゲゲェエーーーッ!!なんか悪化してる!」 悠介 「ほら、早く起きろ」 彰利 「あ、あなたがこんな体にしたのよ!?責任取ってYO!」 悠介 「スパーク」 ゴシャァアアアアアアアアアアン!! 彰利 「あばぼべぐひゃごげあべぼげごがぁああああああっ!!!!」 彰利がスパークする。 髪の毛が逆立って、見ているだけで面白い。 彰利 「………」 彰利、再び痙攣。 見事に煙を上げている。 悠介 「手伝うのか手伝わないのか」 彰利 「て、手伝わなかったら……?」 悠介 「………」 無言のままに、掌で雷撃をスパークさせる。 彰利 「悠介サン、知ってる……?そういうのを脅迫って言うんだよ……?」 悠介 「お前相手なら殺人以外、全て許される気がする」 彰利 「うおお!?そこまで進化しますか人種差別!     人種っていうか俺様以外の男にはそんなことしないんでしょ!?」 悠介 「当たり前だ」 彰利 「ギャー!個人種差別!横暴ですぞ殿!」 悠介 「いーからとっとと手伝わんかぁあああっ!!」 彰利 「キャーッ!解った解りました手伝わさせて頂きますですハイッ!」 悠介 「はぁ……」 なんかもう、溜め息吐いてない日とか、 そんなもんは存在しないんじゃないかと思うほどに溜め息の嵐だ。 彰利 「………」 悠介 「彰利?」 彰利 「………」 悠介 「?」 彰利が何かを見つめている。 そちらに目を動かすと…… 水穂 「………」 既に布団の中に入っている水穂ちゃん。 彰利 「……は〜!凡羅破魅陀・亜仏弟斗羅(はんらはみだ・あぶてとら)……!修羅忍道破魔砂蜘蛛(しゅらにんどうはますなぐも)!」 彰利が姿勢を低くして、まるでゴキブリのように水穂ちゃんが眠る俺の布団にグシャッ! 彰利 「ギャア!!」 辿り着く前に、踏み潰した。 彰利 「な、なにをなさるの?」 悠介 「お前こそ何をするつもりだ」 彰利 「え?あ、いや、その……破魔砂蜘蛛……」 悠介 「………」 彰利 「……あっ、そ、そうだ、看板作らないとな〜!あはっ、あはははは」 バチィッ!!バリバリバリィイッ!! 彰利 「ぎゃわごげおぼぶばげひゃあああああっ!!!!」 悠介 「どーしてお前はそうなんだっ!     この馬鹿!愚者!たわけ!ボケ!ボケ者!!」 彰利 「ぐわぁひゃあああっ!!やややめって!や……やめらったぁあ!     雷撃が電撃がナマっ!ナマズのが電がナマッァア!!     死ぬししししほべぎょギャアアアアアアス!!」 ドサッ。 彰利 「……あ、あぇぃぇぁあ……」 感電を体感し、ピクピクと動く彰利。 その様はまるで、陸に打ち上げられた魚のようだった。 悠介 「馬鹿はほっといて作業続けるか……」 彰利 「そ、その言葉……雷撃流される前に聞きたかった……」 そして彼は気絶した。 ……って、どうせすぐ復活するんだろうけど。 悠介 「はぁ……」 看板の下書きになぞって絵の具やらなにやらを塗ってゆく。 悠介 「……絵の具?まあ……絵に塗る具なんだから絵の具だよな、これも」 ぺたぺたぺた……。 悠介 「………」 ───そうして時間は過ぎてゆく。 ゆっくりと、だが確実に。 眠くはあったけど、それでもやっていたい気持ちが先行した。 看板にはただ、いらっしゃいませと描いてあるだけのようもの。 人が描いてあろうと、必要なのは『いらっしゃいませ』だろう。 悠介 「………」 ただ、静かに塗ってゆく。 気づけば時間はどんどんと進んでいて、日が出ていた。 そうして迎えた朝。 看板も完成して、あとは俺自身が休むだけだった。 悠介 「……とうとう起きなかったなこの野郎……」 幸せそうに寝ている彰利を見る。 途中、 『や、やめて夜華さん……アカン……アカンわ……!!  そこで刀は反則でしょ……イヤ……イヤァアアアッ!!!』 って(うな)
されて叫んでたけど、こいつなら心配無用だろう。 むしろどんな夢を見ていたのか気になる。 夜華さんって誰だよ。 悠介 「まあいいや……疲れた……」 その場に倒れて、そのまま眠りについた。 …………。 ……。 声  「ラブリィイイッ!!」 悠介 「うっさいっ!」 ドゴスッ! 彰利 「ギャヤァア!!」 悠介 「人が寝てんのに邪魔すんな馬鹿!」 彰利 「だ、だってYO!俺の分の作業領域まで完成させちまうんだもん!」 悠介 「お前がいつまでも寝てるからだろ!?」 彰利 「んもう、そんな叫ばないの。寝起きが悪いのは相変わらず?」 悠介 「睡眠を邪魔された時だけはな……」 彰利 「んなこと言ったってさ、これからどうしろっていうの」 悠介 「お前が悪いんだ、諦めろ」 彰利 「うう、俺とハニーの素敵な時間が……」 悠介 「……寝てから2時間しか経ってねぇじゃねぇか……!     どうしてくれるんだよ……!」 彰利 「あ、いや、まあ……そんな怒らないで。寝よう、な?俺も寝るからさ」 悠介 「……そだな」 彰利 「ふう……」 彰利が安堵の溜め息を吐く中、俺は視線を動かしてみた。 水穂 「………」 水穂ちゃんはまだ寝ているみたいだ。 悠介 「………………あれ?」 ちょっと待て。 今日、休みだったか? 悠介 「彰利、今日休みだったっけ?」 彰利 「いんや、バリバリの平日日和だけど」 悠介 「………」 起こさないとなぁ。 やれやれ……。 悠介 「水穂ちゃ」 彰利 「待った」 悠介 「どした?」 彰利 「こういう時は布団に潜り込んで起こすべきだ」 悠介 「たわけ」 彰利 「たわっ……」 悠介 「水穂ちゃん、朝だぞ」 声をかけた。 しかし反応無し。 彰利 「たわけのひとことで簡単にあしらわないでダーリン!」 悠介 「うっさいっての」 彰利 「じゃあこれはどうだ!彼女の耳に息をふぅ〜っと!」 悠介 「痴呆」 彰利 「ボケ!?」 悠介 「水穂ちゃん!」 叫んでみる。 しかし反応なし。 まいったぞ。 結構……いや、かなりのモーニング虚弱体質と見た。 どうしてくれよう。 彰利 「やはり俺様が行こう」 悠介 「行くな」 彰利 「だってYO〜……」 悠介 「YOじゃない」 彰利 「じゃあ布団をひっぺがすくらい」 悠介 「変態かお前は!」 彰利 「お前が堅すぎるんだよ」 悠介 「堅かったら自分の布団で寝かせると思うか?」 彰利 「……そ、そんな……それじゃあもしやそのオナゴが好きなの!?」 悠介 「いや全然」 彰利 「うわ非道い」 悠介 「友達として認めた。それだけだよ。     信頼は……してるけど、いつ裏切られることやら」 彰利 「キャア!悠介サン!     裏切られるのを恐れるのは信頼とは言わなくてよ!?」 悠介 「あ───」 そうだった。 とんだ勘違いだ。 ……ふむ。 悠介 「よし、彰利と同じくらいの扱いをしよう。     なにもかもこだわりを拭い去って、ぶつかっていこう」 彰利 「いや、俺と同等だったら水穂ちゃん死ねるって」 それもそうだ。 悠介 「と、いうわけで、彰利さん」 彰利 「ハイともさ、悠介さん」 水穂ちゃんが寝る布団(俺のだけど)を囲むようにして立つ。 彰利 「マグネットパワー・プラス!」 悠介 「マグッ……って違うだろ!」 彰利 「いいんだ!これで合ってる!     これは俺の勇者としてのやり方だ!誰にも文句は言わせん!」 悠介 「俺は言う」 彰利 「ダーリンなら許すワ♪」 悠介 「そうか。ならマグネットパワーは却下だ」 彰利 「許さん!」 悠介 「どっちだ馬鹿!」 彰利 「俺が許す」 悠介 「お前さ、日を負う毎に変になっていってないか?」 彰利 「いや、俺は常に正常だ」 悠介 「ようするにお前のアイデンティティは『変』なんだな」 彰利 「正常だってば!」 悠介 「それはいいから、さっさと起こそう」 彰利 「任せろ」 悠介 「……不安だが、とりあえず任せる」 彰利 「よしきた!」 彰利が懐からマジックを取りだし、構える。 彰利 「順当に行って、まずは額に肉でしょう」 悠介 「やめんかっ!」 彰利 「え、え?ちゅ、中の方が良かった?」 悠介 「そういう問題じゃないだろ……」 彰利 「あ、じゃあ王で」 悠介 「書くな」 彰利 「じゃあ……アレだな。     眠れる女子は王子様の接吻で目を覚ます」 悠介 「やった時点でどうなるか解ってるな?」 彰利 「……俺が死ねるね、確実に」 悠介 「普通に揺すればいいじゃないか」 彰利 「え?え?ま、間違って変なトコ触ったりしたらどうし嘘!冗談です!     冗談ですから鉄パイプ出さないで!」 真面目にやる気あるのかこいつは。 ほとほと呆れてしまう。 悠介 「水穂ちゃん、起きろ」 ゆさゆさゆさ。 彰利 「………」 悠介 「水穂ちゃん」 ゆさゆさ。 彰利 「お、俺にもやらせて?」 悠介 「何を企んでいる」 彰利 「うっわ!すっげぇ疑いの眼差し!     大丈夫だって。別に変なことしたりしないから」 悠介 「お前の『変』は日常化してるから怖いんだよ……」 彰利 「な、何ィ!?それはお前、アレか!?     変が俺の中で常識になってしまっているとでも」 悠介 「だから、そうだって」 彰利 「………」 おお、また落ち込んでる。 悠介 「てゆーかさ、俺もう眠いよ」 彰利 「寝ればいいじゃないの。あとの処理は俺が好き勝手に」 悠介 「したら俺はお前を病院送りにするだろう」 彰利 「しません!しませんとも!」 悠介 「まあいい加減、呆れてきたことだし。少々手荒くいくか」 彰利 「襲うの?」 ゴスゥッ! 彰利 「いでぇっ!」 悠介 「月鳴の裁きぃいいいいいいいっ!!」 ぐわしゃぁあああああああああああん!!!! 彰利 「ぎゃぁあああああああああああああああっ!!!!!」 どしゃぁっ! 彰利、完全に沈黙。 悠介 「一生寝てろたわけ者!」 手加減しらずで思いっきりいきました。 でもまあ、自業自得ということで。 こういう時って、ホント縁切りたくなるよな、こいつって……。 悠介 「……うっ……」 世界が揺れた。 いかんな……。 寝不足の上に、力使いすぎた……。 こうなったら手段なんてどうだっていい……。 悠介 「ふんっ!」 ずしゃぁっ! 勢いよく、敷布団を引っ張る。 転がる水穂ちゃん。 水穂 「あう……」 ごすっ、と壁に頭をぶつけていたが、まあ起きたから良し。 水穂 「………」 ぬぼぉ〜〜〜〜っとしている。 とてつもなく眠そうだ。 まあ、あまり寝ていないのも事実だ。 悠介 「学校、遅刻するぞ」 水穂 「…………………………あう?」 ごすっ! 水穂 「みぎゃあっ!」 悠介 「目、醒めたか?」 水穂 「はたたたたぅう……殴り起こすのは反則ですよぅ……」 悠介 「じゃあ、早く飯食って行ってらっしゃい」 水穂 「……聞いてませんね、人の話」 少しし呆れ気味の彼女に、弁当をふたつ渡す。 水穂 「……これは?」 悠介 「夜食用に作っておいた弁当。     ひとつは朝食、ひとつは昼食にして食べなさい」 水穂 「……えぇええええええっ!?い、いいんですかっ!?」 悠介 「いや別にそんな驚くことじゃないだろ……」 水穂 「そんなことないですよっ!     ボ、ボク、おばあさんがあんな調子だから、     お弁当って憧れだったんですよぉおっ!か、感動ですうぅうう!」 弁当箱を抱えながら泣く少女。 ハタから見れば、かなり異様な光景だろう。 悠介 「じゃ、俺は寝るから……」 水穂 「ハ、ハイ!ありがとうございました!……って、あ、あの」 悠介 「ん……なに」 水穂 「その布団で眠るんですか?」 悠介 「これ……俺の……布団だけど……」 いよいよ目蓋が重くなってきた。 信じられないほどのGが、俺の両目蓋にのしかかる。 水穂 「あ、の……それは、ボクが今まで……その……」 悠介 「……?」 水穂 「……いいです……お、おやすみなさい、先輩……」 悠介 「ん……おやすみ……」 ばさっ。 布団を敷き直し、今度こそ寝た。 ………………。 …………。 ……。 ……気付けばそこは午後系の雰囲気だった。 悠介 「んん……っ!よく寝た……かもしれない」 大きく伸びをして、辺りを見渡す。 と、既に彰利の姿は無かった。 悠介 「……帰ったのかな」 まあいいけど。 さてと、看板届けに行きますか。 上半身だけ起こしていた体を立ち上がらせ、再度、伸びをする。 悠介 「ん〜……なんか俺って、結局寝てばっかりだよな」 言ってても始まらないが。 よし、行くか。 看板を持って、部屋をあとにした。 ……って待て。 念のため制服着ていこう。 学校は嫌いでも、この制服は結構好きなんだよな。 ごそごそ。 よし、完璧ぞ。 さあ行こう。 ………………。 …………。 声  「キャーッ!悠介先輩〜っ!」 それは石段を降り始めた時のことだった。 妙に聞き慣れた声が、俺の聴覚を掠める。 振り向かなくても相手が解るから、俺は無視して歩いていった。 声  「あ、あれーっ!?行っちゃうのーっ!?     ねぇーっ!ちょっと待ってよトニーッ!」 一目瞭然……というよりは、一聴瞭然というのか。 声  「はーっ!」 ごたぁっ! 妙な音とともに、奴の奇声。 そして、ごしゃぁあっ!という音。 声  「ギャーッ!」 どうやら屋根から飛び降りたらしい。 馬鹿だ。 声  「お、おい……ちょっと待たれよ……」 聞こえる声に、仕方なく振り返る。 悠介 「なんだよ」 彰利 「看板届けに行くなら俺も行くって……」 悠介 「そうか、そりゃ助かる……ってお前、それ何だよ」 彰利 「え?看板だけど」 悠介 「……なんでもうひとつあるんだ?って訊いてるんだけどな」 彰利 「だってほら、骨組みひとつ多かったじゃん。     だから持ち運びし易いように形作った。直すの大変だったけどさ」 悠介 「なるほど」 彰利 「じゃ、いこかぁ」 悠介 「ああ」 スタスタと石段を降りてゆく。 下に降りつくまで、妙なことを話す。 なにが先輩だ、とか飛び降りるなとか。 本当に、こいつの思考回路は読めない。 いわば『変』が蓄積され、 年中無休で変のホワイトホールが発生しているブラックホールのようだ。 悠介 「?」 で、だ。 下に辿り着いたとき、ひとつの疑問点に辿り着いた。 悠介 「彰利」 彰利 「んあ?どした?」 悠介 「お前さ───」 彰利 「んー」 悠介 「持ち運ぶためだけに骨組み完成させたのにさ、     どうして用紙まで貼り付けてあるんだ?」 彰利 「ん?いや、ただこうした方が用紙を持たなくていいんじゃないかって」 悠介 「………」 怪しい。 他の誰かなら『あっはっはぁ、なーんだ』って、 テレフォンショッピング形式に誤魔化せるかもしれんが、俺は違う。 甘くは無い。甘くはないぞ。 悠介 「じゃあさぁ」 彰利 「ま、まだ何か?」 悠介 「どうしてあからさまに、     その用紙の部分を俺が見えないように隠してるんだ?」 彰利 「んなこと言ったって、どう持つかなんて二分の一の確率じゃないか」 悠介 「………」 彰利 「………」 悠介 「見せろ」 彰利 「だめだ」 即答。 悠介 「肯定しやがったなこの野郎……」 彰利 「べ、別に何も描いてあったりしないって……」 悠介 「じゃあ見せてくれたっていいだろ」 彰利 「それは出来ない!」 悠介 「……思いっきり肯定しやがったな……」 彰利 「否定してるんだってば!」 悠介 「あーっ!雪子さんがメイド服着て歩いてるーっ!」 彰利 「な、なにぃいいいいいいいいいいいいいっ!!!???」 今ァッ! 彰利 「う、うわぁあああああああっ!!     ホントだぁああああああああっ!!」 悠介 「な、なにぃいっ!?」 雪子 「あら、どうしたのふたりで」 彰利 「───」 ドゥ。 悠介 「彰利っ!?」 彰利が鼻血出して気絶した。 ……で、その手にあった看板には、 予想通り『ようこそメイド喫茶へ』と描いてあった。 ご丁寧に絵まで。 凝っとるのぅ……。 でも却下。 雪子 「どう?似合う?」 その場でくるりと回る雪子さん。 悠介 「………」 雪子 「や、やぁねぇ、そんな冷めた目で見ないでよ」 呆れてたンスヨ……。 悠介 「仮にも聖職者が何を考えてんですか……」 雪子 「仮じゃないってば」 自信満々な返答。 わぁ、すごいや。 俺が彼女だったらこうまで言えない。 悠介 「だったら控えてくださいよ、彰利が死ねるじゃないですか」 雪子 「あたしが悩殺したいのは悠ちゃんだけど」 悠介 「絶対に嫌です」 雪子 「も〜……あたしの何がいけないってのよ」 悠介 「童心があるところは好きですけど、     その無茶苦茶な思考回路はなんとかなりませんかね」 雪子 「やだ、悠ちゃんてば子供っぽいコが好きなのっ?」 なぜか微笑む雪子サン。 悠介 「そういう意味じゃなくて」 雪子 「悠おにいちゃん♪とか呼んだら喜ぶ?」 悠介 「殴ります」 雪子 「や、やぁね、冗談よ……チッ」 悠介 「聞こえてますよ」 もうイヤ……この人。 呆れさせるのが上手いところと、変なところは彰利そっくりだ……。 いや、彰利がこの人に似たんだろうなぁ。 ……なんにせよ、迷惑な話だ。 雪子 「言ってみたかっただけよ。あたし一人っ子だったから」 悠介 「年下をおにいちゃんと呼ぶたわけた教師がどこにおりますか」 雪子 「ここに居るわよ?」 むん。と胸を張る目の前の聖職者サン。 悠介 「……はぁ……」 雪子 「あ、なぁによその深い溜め息!」 悠介 「んなこたどうだっていいんですよ。     なんでこの時間に教師であるあなたがここに居るんですか」 雪子 「創立記念日ー♪」 悠介 「うそつけっ!」 雪子 「嘘じゃないってば。ほら、あたし私服だし」 私服どころかメイド服である。 悠介 「サボったんだろ……」 雪子 「ホントに創立記念日だってば」 なんてことを言っている時だった。 視線の先の方から、ひとりの女生徒が歩いてきたのは。 女生徒「あ、先生ー、今日はどうして来なかったんですかー?」 雪子 「ぐあっ……!?」 悠介 「………」 女生徒「あ、もしかしてデートですか?」 雪子 「わーっ!きょ、今日創立記念日でしょ!」 女生徒「え?創立記念日ってまだまだ先じゃないですか」 雪子 「はうっ……!い、いいの!今日が創立記念日!OK!?」 女生徒「それじゃあ私、損しちゃったじゃないですかー」 あははと笑う女生徒。 俺は黙って、聖職者の肩に手を置いた。 悠介 「麻野雪子サン……?こりゃどういうことですか……?」 雪子 「……ど、どういうことだろ……」 女生徒「えーと、この服ってあなたの趣味ですか?」 メイド服を指差す女生徒。 女生徒「趣味が合いますね、     私もいつかは先生にこういう格好をさせたいと常々」 悠介 「……いや、暴走中悪いんだけど、これはこいつの趣味だ」 顔全体で幸せを表現している彰利を指差す。 女生徒「その、至福の表情で鼻血出しながら倒れている男の人ですか?」 悠介 「そう。その名を、弦月彰利という」 女生徒「変わった苗字ですね」 悠介 「まったくだ」 雪子 「ほ、ほら樋口サン!そろそろ帰りなさい!     ごご、ご両親が心配するわよっ」 女生徒「そうですね、ウチの親は過保護ですから」 悠介 「どうもありがとね。訊きたいこと聞けたから満足だよ。     気をつけて帰って」 女生徒「あ、はい。センセー、デート頑張ってくださいねー」 とたとたと走り去ってゆく女生徒。 悠介 「……立派な生徒をお持ちで……」 雪子 「言わないで……。時々あのコ、視線が怖いのよ……」 悠介 「俺としては、そんな格好でここをうろついてる雪子の方が怖いけど」 雪子 「あっ!雪子って言った!いま雪子って言った!」 悠介 「騒ぐな馬鹿っ!」 雪子 「なんだかんだ言って、骨の髄まで染みてるじゃない」 悠介 「………」 雪子 「赤くなるところも相変わらずみたいで、雪ちゃん感激ぃ」 ごどっ! 雪子 「いたっ!」 看板で殴った。 いい音が鳴った。 実に風流。 悠介 「いいからさっさと着替えろよまったく……」 雪子 「あの頃のように愛してくれたら考えてあげてもいいけど」 悠介 「うわぁあっ!誤解されるようなこと言うなよっ!     呼び捨てで呼ばないと口利いてあげないって、     パブロフ仕込みで俺を変えたのはお前だろうがぁっ!」 雪子 「そんな昔のことは忘れたわ」 あさっての方向を眺め、涼やかに言い放つ。 悠介 「な、名前だって雪子って呼べとか雪ちゃんて呼べとか……」 雪子 「そうそう、それまではよく彰利の部屋に来てたのにねー。     雪ちゃんて呼んで♪って言ったら『もういやだぁあっ!』て、     部屋から飛び出していって、それから近寄らなくなったのよね」 思い出せば出すほど、恥ずかしくなってくる。 俺は生涯、この人には勝てないと思う。 認めたくはないが、弱みを握られすぎてるんだ。 考えるだけで溜め息が出るよまったく……。 悠介 「雪子さん……頼むからもう変なこと考えないでくれよ……」 雪子 「いやー、悠ちゃん見てるとどうしても構いたくなるのよねー」 悠介 「なるなっ!」 彰利の面倒を見ていただけあって、本当に支離滅裂な人だ。 俺はそのまま逃走しようとしたけど、雪子さんは逃がしちゃくれなかった。 雪子 「そうそう、彰利から聞いたわよ?     相変わらず人を遠ざけてるんだって?」 この野郎……いらんこと話やがって……。 どうせ会話のネタが尽きたからって俺をダシ汁にしやがったんだ。 ダシ汁:ひとつ程度のネタじゃ飽き足らないので、    『ダシに使う』という言葉程度では語りきれない。の意。 悠介 「……必要ないから」 雪子 「本当に相変わらずね……。     そういう弱いところに母性本能擽られて惚れちゃったのよねぇ」 正面きってなんてことぬかすんだこの聖職者は。 そんな服着ながらじゃあ俺の人格が疑われる。 悠介 「警察呼ぶぞ……」 雪子 「あ、なんでよー。好いた惚れたは個人の勝手でしょー?」 その服装が危険だって言ってんです、解って聖職者……。 悠介 「……とにかく、あまりあの頃のことは言わないでくれよな……」 雪子 「そ、そんな……!あたし、悠ちゃんが初めての相手だったのに……っ!」 悠介 「うぎゃぁあああああああっ!!     だっ……だだだから誤解を招くようなことを言うなってばーっ!!」 さっきから通行人がこっちをちらほら見てるんだってば! なんかボソボソ話してるしっ! 雪子 「あはははははっ!からかうと面白いところも相変わらずっ!     まったく面白いわぁ」 悠介 「……俺、ガッコ行ってきます」 話していると疲れる。 ホントもう、何があろうとガッコに行こう。 雪子 「じゃ、あたしも行く」 悠介 「憑いてこないでください」 雪子 「……なんか、『ついて』って部分に霊的なものを感じたんだけど」 悠介 「気のせいです」 憑依されている気分なのは否定しないが。 雪子 「ねー、また雪子って呼んでよー」 悠介 「子供じゃないんだから甘えないでください。     ていうか腕をからめるなっ!」 雪子さんが俺の腕に自分の腕をからめてくる。 そして、いやぁ大きくなったねーなどと言って微笑む。 雪子 「家族が居ないから誰かに甘えたいってくらい、いいんじゃない?」 悠介 「それ以外の何かを感じるんですよ」 雪子 「え?それってばあたしの愛?」 悠介 「帰れ」 雪子 「うあ、そんな冷めた声で言わないでよ」 ここらへんはホント彰利みたいだ。 露骨に愛を語るとことか。 しかしだ。 こんなところを誰かに見られたりしたら……ギャア! 若葉 「………」 木葉 「………」 悠介 「や、やはっ……ふたりとも……」 声が上ずった。 ふたりの肩越しから黒いオーラが滲み出ているような気さえする。 というか出てる。 それはやがて人の形をとり……ってギャア! 悠介 「……ルナさん」 ルナ 「……“異端の三日月鎌(ディファーシックル)”」 迷わず鎌を出現させる彼女に、 俺はなんと言えば五体満足で生還できるのでしょうか。 誰か、知っていたら教えてくれ。 あて先はこち 女人達『どういうことよこれはぁあああああああああっ!!!!』 全て語る前に、彼女達の咆哮が響き渡りました。 いやん、もしかして全部聞いてたりした? いつもなら妹ふたりに『これっ!はしたない!』とか口調の注意をしているところだが、 さすがに今回は反論を許さぬオーラが溢れ出ている。 悠介 「盗み聞きは良くないぞ!」 ルナ 「黙りゃああっ!」 悠介 「りゃああ!?」 うわぁ、怒りで言語回路さえもがおかしくなってる。 嗚呼、死ねる。 死ねるな、こりゃぁ……。 穏やかな秋の午後、雪子さんのみが微笑む世界の中。 ……俺は確かに死ねた……。 Next Menu back