───架空と現実の蒼の下で/仰ぎし狭間の夢───
【ケース859:中井出博光/現在を生きること】 …………ザァア……ァアアア…………    …………サァアア…………アァア…… …………ふと、風の音を聞いた。 すぅ、と息を吸ってみれば、暖かく柔らかな自然の香り。 森林の中で偶然見つけた日向の中に居るような、 とても暖かな世界に、自分は居るようだった。 ……自分は生きてるのか死んでるのか。 まず目に入った自分の血まみれの手を動かしてみて、その感触が現実的であることに驚く。 そして……痛む体を起こしてみると、風穴が空いていた腹は綺麗に治っていた。 中井出「……、あれ…………俺……確か……」 フェルダールの爆発に巻き込まれて、死んだんじゃ…… いやそれより、ここは……? 中井出「………」 すぅ、と息を吸うと、肺を満たす自然の香り。 そして、見渡す限りの花々と背の高い草たち。 風が吹く度にマナの……緑色の粒子が綿胞子のように飛び交い、 蒼の空の下、淡く光る緑色の景色が俺をやさしく包んでいた。 中井出「…………ここ」 確信に至る。 つまり俺は死んじゃいなかった。 最後に俺を包んだ光は爆発の光なんかじゃなく──────ガサッ…… 中井出「ん───」 物音。 視線を動かすと、高い草花を少し困った顔をしながら掻き分けて、 俺の方へ真っ直ぐと寄ってくる姿があった。 それは─── 悠黄奈「あ……博光さんっ!」 ……それは。 妖精の世界に行ったはずの、悠黄奈さんだった。 つまりここは─── 中井出「は、はは…………だぁくっそぉ!謀られたわぁああああっ!!!」 悠黄奈「ひゃあっ!?」 頭を抱えて叫びました。 いやだって……ねぇ!?こんなんアリですか!? 俺絶対死ぬと思ってたよ!? つーかルドラも俺が死んだと思ったから、 俺が光に包まれた先は見ても無意味だって思ってたんだろうし! それが実は続きがありましたよ、なんて───ぬああああ!! などと頭を抱える式のデンプシーロールをやっていた俺に、 ドカァとぶち当たってくる謎の感触を感知! ……悠黄奈さんにしては小さいね、どういうことなの? と見てみると、我が腕にしがみついて涙ながらに笑顔を見せる……マールさん。 中井出「おおマール!博光の可愛いマール!!」 思わず抱き締め! でも小さいから潰れちゃわないように、しっかりと気を配って。 中井出「あれ?でも何故?このフェルダールは潰れたんじゃ……」 間違い無く、あの塔を最後に崩壊したと思ってた。 なのにどうして? エィネ『忘れちゃったんですか?博光さん。     この世界はフェルダールとは違う世界だ、って、前に教えたじゃないですか』 中井出「おおエィネ!───って、あ…………アア〜〜〜〜〜〜ッ!!」 い、言われてみれば〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ! って、エィネ!?エィネも居るの!? ってそうか、考えてみりゃあ妖精たちは鎧を清めるためにこの世界に…… 中井出「そっか…………はは、そっかぁ…………あぁ、よかったぁ……」 失ってしまったと思っていたものが、まだ残っていた。 それが嬉しくて、俺はマールを抱き締めたまま尻餅をつくように座った。 力が抜けたんだと思う。 しかしのんびりともしてられないだろう……つーか……待って? 中井出「えーとさ、悠黄奈さん?この世界って───」 悠黄奈「……小声で話さなくても大丈夫ですよ、博光さん。     もうみんな、自分がゲームの世界の住人だって知ってます」 中井出「え?」 ドキリとしたのちにエィネを見ようと視線を動かすと、 俺の周りには妖精全員が揃っていた。 そして、俺を見る全ての目がこくりと頷く。 エィネ『さすがに驚きましたけど……     博光さんたちが、死んでも生き返る理由が解りました』 レアズ『ふむ……自分が架空の存在だと認めるのは、なかなかどうして……』 マール『でも、それならと覚悟も出来たんですよ?     ……わたしたちは、博光さんと一緒に戦いたいです』 中井出「……き、貴様ら……」 悠黄奈「いえあの……この場面で“貴様ら”はないんじゃないでしょうか……」 仕方ないじゃない、性分なんだから。 でも嬉しかったのは事実で、博光感激!って感じです。 マール『本当に……本当に心配したんですからねっ!?     フェルダールが消滅していっていることを神父さんが教えてくれて、     博光さんが塔の最上階で死にそうになっていることを知って!     銀水晶のネックレスの力で引き込んでみたら、     生きているのが不思議なくらいぼろぼろでっ……!』 中井出「ぬ、ぬぅ……」 悠黄奈「本当ですよ……?もうマールさん、     泣きすぎて死んじゃうんじゃないかってくらい、ひどく取り乱してたんですから」 マール『うう……』 中井出「《じぃいいん……》マール……ああマール!貴様というやつは……!」 マール『《なでででで!!》ひゃぁあぅううう……!!』 嬉しくて撫で回しました。 いやぁ可愛い!そして心配される今を生きてる自分が嬉しい!! 生きてた……そう、生きてたんだ。 俺……生きてた!生きてた……!! 中井出「───悠黄奈さん、この世界から地界に出られる?」 悠黄奈「はい。ルドラの力はこの世界にまで及んでいませんから。     ……もちろん、わたしも博光さんと一緒に行きますよ?」 中井出「うむ!むしろここに残るって言ったら灼闇で無理矢理飲み込んでたさ!」 悠黄奈「おっかないこと言わないでください!」 言いながらも、受け入れてくれた。 妖精達も、俺の体が完全に治り、ユグドラシルの枯渇が癒され、 再び霊章にマナが篭っているのを確認すると、霊章の中へと戻っていった。 中井出「…………」 そして、俺だけがこの草原に立つ。 悠黄奈さんも霊章の中へと潜り、マールも潜った今、 この世界には俺だけが───…………いや。そういえば、そうだったな。 神父 『……話は、済んだか?』 中井出「神父……貴様、ゼットと一緒に外に出たんじゃ───」 神父 『忘れたか?契約の指輪はラスペランツァの最上階の壁に阻まれ、置いていかれた。     その時点で私はこの場に飛び、世界の終わりを待っていた。     今は……契約の指輪はお前の中だろう?』 中井出「あ…………」 そうだ。 晦の雷の契約の指輪を始め、全ての武具はあの場に遺されていた。 そして、その全てを融合させ、装備した今の俺は─── 神父 『……よくぞ、人の身でそこまで至ったな、“覇王”。     約束だ。お前に、全精霊の宝玉と力をくれてやる』 中井出「神父……」 ……神父は忘れていなかった。 今まで見せたこともないような、 慈しみに満ちた……それこそ神父という名が相応しい笑みで俺を見て、 その手に精製した全ての宝玉を、自分の体ごと俺の霊章に流し込んだ。 中井出「ぬおわっ!?なななにをなさるの!?」 声  『融合をしただけだ、いちいち騒ぐな鬱陶しい』 中井出「いや鬱陶しいってキミ、そんな……」 何気にひでぇよこの神父……あ、それは前からか、ごめんなさい。 声  『さて……ふふふ。結局は全てがお前のもとに揃ったか。     武器も、防具も、精霊も、信頼も。     感謝をしよう、中井出博光。お前が散々と楽しんでくれたからこそ、     私達“創られし者”は存分にこの世界を楽しむことが出来た』 中井出「…………ん。そりゃ俺もだ。よく創られてくれた。お陰で楽しいよ」 声  『───……楽しいよ、か。過去にしてくれないのだな、お前は』 中井出「一緒に居てくれるんだろ?だったら───これからも一緒に楽しもうぜ?     ここまで来たら仲間だろ?俺達」 声  『………………感謝を。お前が居てくれて、本当に報われた』 ……歩き出す。 自然が動き、草花が道を作ってくれる中、ゆっくりと。 草花の動きの早さに合わせるように歩き、歩き…………やがて辿り着いたそこは─── 中井出「……選定の祭壇?」 英雄の武具がある祭壇だった。 いつかとなんら変わらずに存在するそれ。 けど、儀式を行っていたためか、どこかさらに神聖味が増している気がした。 ……おいおい、と思ったけど、 自然は別の道を許さないみたいに祭壇の階段にだけ続いていた。 中井出「………」 仕方なく段差に足をかけ、登ってゆく。 一歩一歩、確かに踏み締めて。 やがて祭壇の頂上、武具が安置されている場に着くと………… 息をひと飲み、恐る恐る石碑に手を伸ばす。 今まで何度かやっても全部赤、勇者として認められることはなかった。 それが今更認められるわけもない。 事実、俺が石碑に触れた途端、石碑は赤く光り……………………? 蒼……蒼?どうして───  ……ゴコッ……キィイイ…… 石碑が蒼く光るや、武具を包んでいた薄い光が鮮明なものへと変化する。 金色の光だ……見ているだけで勇気が湧いてくるような、 そんな心強いものが目の前にあった。 中井出「…………」 手を伸ばす。 そっと触れ、一度離してから……もう一度、今度はしっかりと。 途端に、頭になにかが流れ込んで来て─── 声  『……死へ誘われんとした刹那にも、生きることを諦めぬ汝……     その勇気を称え、我が武具を汝に託す───』 ───あっという間に消え去ると、俺がどうこうするまでもなく武具は砕けるように散り、 俺の霊章へと自らを溶け込ませてゆき───刹那。 中井出「ッ───!……う、おおっ……!?」 信じられないほどの力が俺の中で渦巻き、 溢れ出す意思、力が体を突き抜け、光となって体を覆う。 中井出「…………」 力強い。 思わず身震いするくらいの力に包まれて、 安堵こそすれ、恐怖なんてものが吹き飛んでゆく感じ。 けど、それでも慢心の心なんて生まれない自分は、きっと臆病に違いないと笑い飛ばした。 中井出「……アハツィオン、か……」 とんでもなかった。 この武具は巨人族に伝わるアハツィオンの武具。 ゲームの中の斉王みたいな存在じゃない、 正真正銘、太古の時代にてレヴァルグリードとまともに戦ってみせたという英雄王の遺産。 その意思が、力が、器詠の理力を通して俺に流れ込んでくる。 ……生半可な勇気じゃ認められない筈だ。 ノートン先生め、こんなもんを用意してるなんて……! 中井出「けど……」 うん。 多分、アハツィオンに認められるヤツが居ればいい、程度の考えだったんだろう。 こうして認められる者が出るなんて思ってもみなかった筈だ。 俺だってこうして、体の中から力が溢れてくるまでは、どうせ……とか思ってたくらいだ。 中井出「………」 俺に、能力的な上乗せがあったってなんの解放もしてやれない。 けど、武具として受け取るのなら、俺はそれを100%引き出してやることが出来る。 声  『乞え、汝よ。我、アハツィオン=イルザーグの名の下、     どんな戦、どんな願いをも勝利に変え、叶えてみせよう』 ……武具が願う。 武具に宿りし英雄王の意思が、俺に願えと。 ならば、俺がすべきことは─── 中井出「仲間になってください」 声  『…………』 あれ? 声、止まった? 声  『…………こ…………乞え、汝よ。我、アハツィオン───』 うおっ!?なかったことにしやがったこのヤロ! 中井出「仲間になってください!     利用するとか絶対に勝利に導けとか、そんなのどーだっていい!     仲間になってください!僕達と───一心同体に!」 声  『……ま、待て。どれほどの眠りから目覚め、     今こうして他人に力を貸してくれようと思っていると思う。     我は戦の時を生き、英雄と呼ばれた男。ならば儂───』 中井出「仲間になりなさい!なれコノヤロウ!」 声  『…………認めたこと、撤回してもいいだろうか』 中井出「フホ?ゲボルハハハハハッカッカッカッカ……!!     オイオイやべぇよこの英雄……自分で言ったこと撤回しようとしてるよこの英雄」 声  『ぬぐっ……!な、汝───』 中井出「……あーのさ、俺はなにも忠誠を誓え〜とか言ってるんじゃないんだ。     気軽なもんでいい。仲間に……“一緒に戦う誰か”になってくれって言ってる。     痛みも悲しみも、苦労も喜びも、そして“楽しい”も、全部共有できる誰かに。     だめか?そんなに無茶な願いを言ってるつもり、ないんだけどな」 声  『…………』 声は一度途絶える。 誇り高き巨人族の、それも初代英雄王。 普通に考えりゃあ頷く筈もないが─── 声  『……ふむ。既に死した我がこうして口を開けるのも胡蝶が夢ならば、     そんな夢の中で人の子に振るわれるもまた夢がひとつ、か。     では容赦も要らんな。───小僧、名をなんという』 中井出「中井出博光。全てに忘れられた、ただの地界人だ」 声  『───忘れられしことを嘆くは過去に納め、胸に抱いておけ。     これからは我ら武具に宿る意思が、     汝に宿る仮初の世界の証こそが、汝の全てを記憶しよう。     ……剣を取れ、中井出博光。汝を、我を振るう者と認めよう』  ───ここに、契約を。 アハツィオンがそう言葉にすると、黒かった霊章が金色(こんじき)に変わる。 次いで、金色の霊章より金色の炎が溢れ、俺を眩しく包んでゆく。 けれど熱は感じず、むしろ……─── 森林に吹く穏やかな風に身を任せるようなやさしささえ感じて……  ───汝の願いを叶えよう。     ───汝の理想を叶えよう。        ───だが知れ。           ───我が武具は人の手で扱い切れるものに非ず。              ───その力全てを解放し、限界を越えし時。                 ───汝は───      バヅンッ─── 視界が突然暗転。 なにも見えなくなり、けれど突然、どこかの風景が胸の奥に湧き上がった気がした。 それはゆっくりと頭へと移り、静かに………… ───……。 ……。 ───声が……聞こえた。 俺を呼ぶ声。 暖かくて、懐かしくて、嬉しくて、楽しくて…… ただただ幸せだけがそこにあると信じて疑わなかった頃の、あの声が。  目を開けなくちゃ───みんなが呼んでる…… 瞼を開ける。 眩しい日差しに一瞬、目が眩む。 だけど手で影を作ると目を開いて、あたりを見渡した。  呆れたような顔で、彰利が覗き込んでいた。 俺は眩しい陽の差す教室で、横倒れになって気絶していたのだ。 ああ、そうだ……そうだった。 仲間になったばっかのみんなで、教室内でやる野球、部屋球してたんだっけ。 彰利が投げた球を晦が打って、それが俺の顔面に……  どれだけ気絶してんだお前、と彰利が笑う。 その顔はどこまでも無邪気で───俺を見下ろす連中も、素直な笑顔で笑っていた。 その顔がまぶしくて、俺も笑い、みんなは声を出して笑いだした。  途端、廊下の奥から怒鳴り声。 なにが、と思うより先に割れた窓を見て、 俺達は特に申し合わせることもせずに一斉に逃げ出した。 少年心に、チリチリとした緊張感をもって。 だけど、みんながみんな、悪ガキみたいな純粋な笑顔で。 そんな中で、二つの手が伸ばされた。 前を走るそいつらは、やっぱり眩しいくらいの笑顔で───  さあ、いこうぜ提督    俺達三人が居れば、きっとどんな困難だって越えていける─── その言葉を、唱えた。 いつか子供心に描いていた、集団で居ることの強さ。 僕らは強い、僕らは無敵だ、大人だって怖くない…… そんな強さを孕んだ無邪気さが、そこにはあった。 だから、俺はその手を───  ……、ざ……っ…… ───。 声が遠くなる。 二人以外はどんどんと遠ざかり、 手を伸ばした二人だけが、立ち止まった俺とともに止まった。  投げつけられる戸惑い。 でも俺は小さく首を振って、小さく唱えた。  「……悪い。行けない」 その手を取って駆け抜けていけたら、それはどれだけ楽しいだろう。 辛いことも悲しいことも忘れて、ただいつまでも“記憶”とともに笑い合う。 あいつらが何処かへ置き忘れてしまった“俺との記憶”だけとともに。  「早くしないとセンセが来るぜ」 ……彰利の声は穏やかだった。 どこか、俺がそれを選んでくれたことを喜んでいるように。 差し伸べられた手もそのまま。 耳を澄ませても、俺達を追う足跡なんて聞こえやしない。 それでも、その手を取り……駆けていったら、俺はきっと、ずっと笑っていられる。 それが叶う場所がこの先にあるんだと、なんとなくだけど解っていた。  だけど、手を取らなかった。 ただ“ありがとう”と呟き、来た道を戻ってゆく。 廊下を歩き、この夢に初めて降りた時に立っていた場所を目指した。  学校の始まりは、校門。 思えばいろいろなことがあったな、なんて思いながら、 みんなが忘れてしまった、“俺との記憶”が作り出してくれたこの世界にさよならを。 いっぱい勇気もらったから。 いっぱい覚悟できたから。  だから───じゃあな。 校門前で学校に振り返って、頭を下げた。 原沢南中学校───俺達が一番俺達らしく在れた場所。 顔をあげて、しっかりと目に焼き付けて……歩き出す。 背を向けて、まだ出来ることがある筈だと。  ───なんて思ってたら、背中に衝撃。  「ゲヴォオハ!?」 思わず素で喋ってしまうくらいの衝撃! ホワイ!?誰!?こんな空間でシリアスぶち壊しにする勇者は!  「何処行く気だてめぇ!」  「俺達三人居れば、なんでも乗り越えられるって言っただろうが!」 振り向けば、晦と彰利がそこに居た。 なにがなんだか解らなかったけど、とりあえずなにか言い返してやろうかと思った。 ……ら、また差し出される手。  「───ほら、手」  「……行こうぜ、中井出。お前が行くなら俺達も行く。───仲間だろ?俺達」  「───」 …………。 なにが悲しかったんだろう。 なにが嬉しかったんだろう。 そんなことが理解出来るより先に、涙が頬を伝った。 そうだ……一人で、なんて気負う必要なんてなかった。 だって、彼らが忘れた想いはここあって、 俺は……俺達は、想いを力にする戦士なのだから。  「おぉっと俺達を忘れてもらっちゃ困るぜ?」  「なんのあちきもどすこい」  「行こうぜ、提督」  「な、提督」  「拙者らの力を合わせれば、なにも怖いものなどないでござる」  「……提督、ごー」 二人の手を取ろうとした時、校舎から歩いてくる影。 震える視線を動かせば、そこには───原中迷惑部の面々が。  「……だとさ。どうする?提督」  「行こうぜ、一緒に。外のアタイらはお前のこと忘れっちまったけど───   俺達は忘れない。いつまでだって、お前と一緒に居てやれるんだ」  「我ら原メイツ、想いの力となり貴様を助けましょう」  「こんな時まで貴様って!感動ブチ壊しだねほんともう!!」  「ワー、泣きながら言われたって怖くねィェー」 仕方ない。 こんなに嬉しいのだから。 だから俺は───円陣を作り、その中心に手を伸ばした。 けど───  「ヒロちゃん……ごめんね。いっぱい、悲しい思いさせちゃったよね」 一人、作られた円陣に入ってこようとしなかった麻衣香が、 怯えた子犬のように震えているのを見つけると、近寄ってズパァン!  「っ!!」 思い切りビンタをした。 そして、避ける気もなかったらしい体勢を崩した麻衣香の手を取り、無理矢理引っ張る。 急に引っ張られた麻衣香は、体勢を立て直せないままに俺の腕の中にすっぽりと納まり、 他の男のもとへいってしまった罪悪感からだろうか。 ふるるっ……と震え、涙を流して俺を押し退けようとした。 それをさせないように強く強く抱き締めて、頭を撫でた。  「……辛くなかったって言えばウソだよ。けどさ、俺はもう十分に楽しんだから。   だから、ありがとう。泣いてくれるくらい、好きになってくれて」  「───!……ヒ、ロ……ヒロちゃ……ぁん……っく……うぁあああ……!!   ごめ……ごめんね、ごめんなさい、っ……ごめんな《ドゴォン!》さぴぃっ!?」  『ゲエエデンジャラスアーーチィイイーーーーーッ!!?』  「でもそれとこれとは別なのでこれでチャラです」 本格的に泣き出した麻衣香をM-11型デンジャラスアーチで大地に沈め、 むくりと起き上がった僕は、悶絶する麻衣香を叩き起こして円陣の中に放り込む。 そうした上で円陣の中に潜り込み───  「なんか……感動の場面とかいろいろ滅茶苦茶な……」  「今更デショそげなもん。アタイらが集まって、感動なんてものがあるわけねー」  「……そら、そうだわな」 苦笑が笑いに、笑いが爆笑に変わる頃。 俺は円陣が結ぶ手の一番上に手を置いて、口を開く。  「……多分、これを口にするのはこれが最後なんだろうな。   なぁみんな……俺、幸せだった。この中学に来れて、お前らに会えて。   世界中、って視点からみればちっぽけな場所だけどさ。   それでも俺───こんなあったかい場所は、他にはないって思えた。   そんな中でお前らに出会えて、一緒の時間を過ごせたこと、誇りに思える」  「提督……」  「ありがとな、みんな。俺、みんなに会えなきゃ弱いままだった。   ばーさんが死んで、両親が死んで、じーさんが死んで───   一人ぼっちになって、きっと泣いてた。   世界の歩き方も知らないままに家を差し押さえられて、   一週間もしないうちに死んでたんだと思う。   楽しいことばかりじゃなかったけど───でも、お前らに会えた。   俺には多分、それだけで十分だったんだと思う」  「中井出……」  「俺、みんなのこと好きだ。こんなに馬鹿で間抜けであったかいやつら、他に居ない。   っ……お前らに会えて、馬鹿やってきたこと、本当にっ……本、当にっ……!」 声が震えた。 線だった涙は伝う箇所を増やし、頬はもうびちゃびちゃだった。  「〜〜〜っ……原中が提督が命ずる!!」  『っ……サーイェッサー!!』  「これより最終決戦に向け、命を賭けた戦いに赴く!!」  『サーイェッサー!!』  「次こそ死んでしまうかもしれない!殺された瞬間、思いも霧散してしまうだろう!   それでも───それでも俺と一緒に来てくれるか!?   俺の手をっ……俺の手を掴んだままで───仲間のままで居てくれるか!?」  『サー!イェッ……っ……   当たり前だぁああああああっ!!!』 がっと手を掴まれた。 全員が全員、俺の手を、腕を、体を掴む。  「っ……くしょう……!ちくしょう!なんでこんなことになっちまったんだよ!!」  「あんなことがなければ、俺達提督のこと忘れたりなんかしなかったのに!!」  「こんなことがなければ、死ぬかもしれないなんて怯えなくても済んだのに!」  「俺っ……あんたとまだやりたいことがいっぱいあった!」  「まだまだ一緒にやりたいことがあったのにっ!!」  「ここに居るみんなで、もっと、疲れるぐらいに笑ってたかったのに!」 涙が溢れた。 全ての仲間たちが心から慟哭して、泣き叫び、悲しみを分かち合って─── そんな輪の中に、一人、また一人と近づいてくる人達が居て……  「こんな時、人は親友になんと声をかけるんだろうな……」  「なんでもいいんだよ、ゼットくん。きっと、なんでもいいんだよ」  「提督さーん!俺も行くぜ〜〜〜〜っ!」  「アンタは少し黙ってなさい!   ……やっほ、提督さん。わたしたちも混ざりに来たわよ」  「来流美ちゃん、そんな頭ごなしに怒鳴らなくても……」 武具に宿った意思の数だけ、この輪を包んでくれる人達が居て───  「……父上。僕らも」  「ヒロミツ、みんなで行くのじゃ」 想いを届けてくれるヤツらが居て───  「いこう?パパ」  「大丈夫ですよ、博光さん。……わたしたちが、自然が、ついてます」 想いを受け止めてくれる人達が居て……  「…………ほら。いこうぜ提督」  「もう三人なんてケチくせーことは言わねー!   アタイら全員で行って、世界……変えちまおうぜ!?」  「き、貴様ら……」 自分を囲う人の輪が、こんなにも暖かくて、嬉しくて───  「……ああ───うむ!!ではこれよりくそったれな最果ての破壊を開始する!   皆、想いをひとつにし、俺達の未来を手に入れるために力を貸してくれ!   イェア・ゲッドラァック!ラァアアイクッファイクミィイイイイイッ!!!」 ザザァッ───!!  『Sir(サー)!!YesSir(イェッサー)!!』 ならばその全てを受け止めた上で、俺は俺の未来を手に入れよう。 この、一歩先ですら解らない世界の下で、 ただ一人の人間として、幾多もの意思とともに─── ───……。 ……。 …………そうして、ふと目を開ける。 最初に見えたのは眩しいくらいの白の天井。 見渡してみれば、俺は…………見知らぬベッドの上に寝かされていた。 中井出「ここ…………蒼空院、邸……?」 ぎし、と軋むベッドの感触を確かめながら、自分が生きていることを再確認する。 起きようとして、すぐにぎしりと体が固まる感触を覚える。 ずっと寝ていたためのナマリだろう。 けど、そんなものはすぐに……まるで体が生まれ変わるみたいに、かしゃんと砕ける。 中井出「………………」 霊章は金色のまま。 そんな手を見下ろしながら、体を起こして歩き出す。 ……廊下に出て、晦の部屋へ戻って。 そこに誰も居ないことと、ヒロラインの基盤が放置されたままなことを確認すると、 残されたそれを金灼(こんじゃく)……金色の灼闇で包み、融合させる。 これは、俺や武具やナギーやシード……ゲームの中のみんなが生きた証だ。 いつかノートン先生に消されるかもしれないなら、この博光とともにあってもらおう。 そう思って完全に融合させると、俺は外を眺めた。 きっともう、始まってる。 昂風街からじゃ月詠街の戦いなんて感知できるわけもないけど、そんな予感はあった。 中井出「…………よし」 じゃあ、と……窓を開け、窓枠に踏み出したドンナーに力を込めて外へ。 庭に着地すると、とことこと歩いて癒しとマナの大樹をやさしく撫でる。 中井出「……お前らは覚えててくれてるのかなぁ」 少し笑いながら言うけど、口にしてみれば物凄く寂しくて、悲しくなりました。 ……もう、行こう。 “未来の先”には来ることが出来た。 ここから先は本当になにも解らない夏の先。 俺は辿り付けないかもしれなかった、俺が目指した未来だ。 でも、ここで負ければ全てが同じ。 ここで負ければなにも変わらない。 中井出「せっかくゲーム世界から送り出したってのに……勝手に死なれちゃたまらんわな」 だから行く。 変わらずの自分のエゴのために。 それでいい、それがいい、だからいい。 俺の標は“自分のため”。 その行動で誰かが笑ってくれるなら─── 中井出「そんな幸せなこと、他にないもんな───!」 死にかけたばっかりなのに元気だなぁと自分でも呆れるけど…… 今逃げれば、死にかけた意味がなくなる。 晦たちだけで何とか出来てるならそれでもいい。 けどそうでないなら、我が武器の武力、存分に振るっていこう。 そして、黒の夢という“封鎖された現在”の“中”から“()でる”ために。 くそったれな常識ばかりに囚われた“井の中”から出でるために。 中井出「───さあ。中井出を始めよう───」 己の姓を唱え、飛び出した。 Next Menu back